文化財保護法とは?ゆるく理解しよう!


先日、文化財ってそもそも何?ということについて、大きく6つの類型があることと、それぞれがどのようなものなのかを簡単に説明しました。

そして、文化財というものが文化財保護法によって定められていること、その法律が保存と活用についてちゃんとやろうとしていることについて簡単に触れました。

今回は、その文化財保護法について、どんな方法で保存と活用を図ろうとしているのかをざっくり解説します。

文化財保護法成立の経緯

文化財保護法は、戦後すぐにできた法律です。現在の日本では、私人にはっきりとした規制を課す法律のほとんどが政府が提出したものです。要すると各省庁で案を作ったものですね。

これに対し、文化財保護法は議法(議員立法)です。つまり国会議員が「こうしよう!」と言って案を出して議論し、成立させた法律ということです。

 

戦後間もない時期に、法隆寺の金堂壁画が燃えて無くなってしまったことを契機に文化財保護の機運が高ま理、制定の運びになったようです。

戦前、国の文化財は全て「国宝」という名称だったのですが、GHQから「国宝が多すぎて国民の関心が散漫になるのでは?」「本当に大切なものについて重点的な保護を図った方がよいのでは?」といった話が出たそうです。そんなこんなで、有形文化財は制定の際に「国宝」と「重要文化財」の二段階に別れることになりました。

この文化財類型に関する区分は今現在もなくならずに続いています。ぼくたちの多くが人生で触れたであろうこの2つの名称については、すっかり当然のことのごとく生活に馴染んでいますね。

どうやって文化財を保護している?

日本の文化財制度では、個人や宗教法人などが文化財の所有者であることが多いです。ここでは、分かりやすいように「個人が所有している重要文化財もしくは国宝の神社(建造物)」を例に考えてみます。

 

文化財保護法における国指定文化財に指定されると、規制がかかります。簡単にいうと、勝手に修理するなどの現状変更ができなくなるんです。勝手にできないということで、実際に現状変更を行うには文化庁長官の許可が必要となります。

これには、貴重な国民的財産が失われてしまうことを防ぐ目的があります。立派な神社が、修理の名目で「知らないあいだに元の神社とは似ても似つかぬ形になっててしまった!」なんてことになったら困りますからね。

他方、いざ修理を行う場合には、国から補助金が出ます。原則、修理費用の50パーセント。文化財所有者が経済的に苦しい場合には、最大で85パーセントまで国が補助します。

なお、この修理の際の補助金については、国宝でも重要文化財でも変わりません。国宝と重要文化財では、文化庁長官が「修理してください」と強制的に命令を出せるかどうかの違いしかありません。あとは規制も補助金も同じです。

 

このように、「修理を勝手に行えないけど、いざ修理を行うときには国の補助金が出る」というのが文化財保存の基本的な枠組みです。あとは所有者が第三者に売りたいときには国に届けないといけないとか、売ろうとするときには国が優先的に買い取れる仕組みがあったりします。

あとは税制面での優遇もなされています。重要文化財や国宝の固定資産税は免除されていますし、相続税についても優遇されています。公平性が重視される税の世界においても、個人の財産に規制がかかっていることも踏まえて、優遇措置が講じられているということです。

 

私有財産制度をとっている日本において、このように個人の所有物について「勝手に○○したらダメです!」なんていうのは、結構強い規制だったりします。

以前、他の国の人に「日本は個人が文化財を持っていることが多くて、それに対して国が規制をかけたり補助をかけたりして保護しているんですよ」とお話ししたところ、すごく驚かれました。その国では、特に重要な文化財は全て国が保有しているということでした。

 


以上、文化財保護法について、イメージのレベルで本当にざっくりと解説しました。百条を優に超える数の条文がある法律ですから、先に挙げた規制と補助の関係以外にもいろんなことが定められています。前回の記事で書いた文化財の類型などもその例ですね。

 

前回と合わせると、こんな風にまとめられるでしょうか。

「文化財は大きく6つの類型がある。有形(建造物・美術工芸品)、無形(芸能・工芸技術)、民俗、記念物(史跡・名勝・天然記念物)、文化的景観、重要伝統的建造物群保存地区であり、文化財保護法でその類型や指定基準が定められている。

文化財保護法は、国の宝たる文化財を適切に保存・継承し、かつ活用を図るための法律だ。法律は、規制と補助等によって文化財の保存・活用を図るように設計されている。例えば、文化財の所有者が文化庁長官の許可を得ずに勝手に現状変更をすることはできない。他方、いざ修理を行う際には国から補助金を受け取れる仕組みになるなどしている。」

 

簡単ですが、文化財保護法についてざっくりとイメージを掴んでいただけたでしょうか。文化財に興味がある方の学習の手助けになれたらすごく嬉しいです。

雨のち晴れ、きっと明日は晴れるよね!


立三段跳のコツ。力任せに跳んでませんか?


立三段跳は、短時間に大きなパワーを発揮する必要があることから、スプリント、跳躍、投擲と多くの種目でトレーニング手段として用いられます。中学から大学段階に至るまで非常にポピュラーな種目であると言って良いでしょう。また、体育学部の実技試験で、基礎体力を見るために課されることもありますね。

このように非常にメジャーな種目な訳ですが、パワーを図る種目だという意識が強すぎるからか、この種目で技術面を重視する人は珍しいのではないでしょうか。

 

自分が長い間この種目に取り組んできて感じたのは、この「技術面」を大切にすることで立三段跳自体の記録を伸ばすことができるということ、そして立三段跳の技術面に関するノウハウが世の中に出されていないことでした。

立三段跳だけは誰にも負けないというくらいの自負があったぼくが、この技術面の大切さを伝えたいという思いから、ポイントをお伝えしたいと思います。

 

そもそも立三段跳って??

立三段跳は、文字通り立った状態から3回のジャンプを行う種目です。両足を揃えた状態で立幅跳をするかのごとく跳躍し、その後右・左もしくは左・右で跳び着地します。つまり以下の通りです。

・両足ジャンプ→右脚跳躍→左脚跳躍→着地

・両足ジャンプ→左脚跳躍→右脚跳躍→着地

陸上競技の種目である三段跳が助走からの跳躍であること、またホップとステップを同じ脚(右・右あるいは左・左)行うことと比較すると、運動の構成もだいぶ違うことに気づくと思います。

また、三段跳が助走のスピードを跳躍に活かす種目であるのに対し、立三段跳は最初の立幅跳で自らスピードを得ていく必要がある点に大きな違いがあります。

 

立三段跳のコツ・技術

では、どうやって立三段跳を跳ぶのが良いでしょうか。ポイントだけ簡単にまとめました。

 

【立三段跳のポイント】

・1歩目は立幅跳のつもり。両脚で力強く

・目線は段階的に上げていく(体は2〜3歩目の間で起こす)

・2歩目までは加速するイメージ

 

「1歩目は立幅跳のつもり。両脚で力強く」

立三段跳を行う際は、両脚を並べた状態、つまり立幅跳を行うスタンスとなります。そのまま立幅跳のように跳べば良いのですが、多くの人はこの立幅跳が中途半端になってしまいます。理由はおそらく、次の1歩に移るイメージが強すぎること。始めから次のことを考えているので、1歩目に思い切りが出ないんです。

まずは一度、両脚にしっかりと力を加えて踏み切ることを意識しましょう。また、体を一気に立てないようにしましょう。

 

「目線は段階的に上げていく」

1歩目の踏切から3歩目まで、段階的に目線を上げていくことが必要です。1歩目では、少し遠くの地面を見据えて飛び出すようにしましょう。これは、1歩目で体を立てすぎないこととも関係します。ここで目線が床ではなく前方に向いてしまうと、加速が不十分なまま体が起き上がってしまいます。

2歩目から3歩目の間に体を起こすことになりますが、この際に目線を上げます。これには、目線が体を起こすのを手伝うという意味合いもあります。

 

「2歩目までは加速するイメージ」

1歩目が加速、2歩目が加速と踏切準備(ここで体を起こす)、3歩目でようやく体が完全に起きた状態でのくらいの気持ちでも良いかもしれません。

立三段跳は助走がないですから、自分でスピードを作ってあげる必要があります。3歩目に入るときにできるだけスピードをましてあげることが、トータルでの記録向上につながります。これが1歩目と2歩目でスピードを得ることを意識しないままに跳んでしまうと、2歩目までの距離はそこそこ出ますが、3歩目の距離が出ないことになってしまいます。

 

せっかくなので立五段跳も

正直なところ、立五段跳は立三段跳のコツがそのまま適用されます。立五段跳の場合は、立三段跳以上にスピードが要求されることでしょう。ですから、立三段跳で書いた「徐々に目線を上げ、スピードを得るようにする」ということが立三段跳以上に重要になります。

 

イメージとしては、3歩目で体を起こしてからも、5歩目まで加速し続けるくらいで良いでしょう。そうすることで上方向に跳ぶだけで距離が出ない跳躍から、前方への伸びのある跳躍になっていくはずです。

(立五段跳になるとバウンディングの技術が重要になりますが、今回の記事のメインは立三段なので省略します。)

 


 

ぼくが跳躍競技を始めるきっかけとなったのが、中学の体育の授業で行った立三段跳でしたので、人一倍思い入れがあります。中学時代の室内大会で出した記録は、今でも大会記録として残っています。

そんな経緯もあり、かつスプリントやウエイトが苦手だったぼくは、高校・大学でも立三段跳だけは誰にも負けないくらいのつもりで取り組みました。その甲斐あって世界大会出場者以外には負けませんでした。

みなさんの今後のトレーニングの参考にしていただけると嬉しいです。

 

雨のち晴れ、明日はきっと晴れるよね。