Biography 〜らぴについて〜


こんにちは、らぴです。

働きながら夏休みや冬休みの機会を利用して海外を旅し、写真を撮っています。特に最近は、写真作品を作るために撮影を軸に据えた旅になっています。また、大学まで陸上競技(三段跳・走幅跳)に取り組んできました。

以下、バックパッカーとして、写真に取り組む人として、そして陸上競技の人としての筆者についてご紹介します。

バックパッカーとしての歩み

遺跡や大自然などの観光名所を見るだけでは飽き足らず、そういった名所よりもむしろ現地で暮らす人たちの生の生活、生き方に触れてみたいと考えています。

はじめてのバックパッカーは友人とのインドシナ。マレーシアから入って、タイ、ラオス、ベトナム、カンボジア、そしてタイから日本へ。1ヶ月で多くの場所を回りました。駆け足でしたが、バックパッカーとして旅する楽しさを学びました。

転機となったのは2回目の旅。中国の西安から新疆ウイグル自治区カシュガルまで抜けるものでした。パミール高原が非常に美しいと聞き、無理してカシュガルから国境の町タシュクルガンへ。そこで出会ったタジク族の少年。家まで招いてもらい、ご飯をご馳走になりました。英語も通じない中、少年がくれたのがラピスラズリのブレスレット。今も宝物です。

それからというもの、何よりも現地の人々との出会いを大切にアジア各地を旅しています。

ウイグルの家畜市場にて
ウイグルの家畜市場にて

★これまでに訪れた国と都市(12カ国53都市)

  • 中国(北京、西安、蘭州、敦煌、ウルムチ、トルファン、カシュガル、ヤルカンド、タシュクルガン、成都、康定、甘孜、丹巴、アチェンガルゴンパ)
  • 台湾(台北、九份)
  • タイ(バンコク、パタヤ、アユタヤ、チェンマイ、チェンライ、ゴールデントライアングル、メーサーイ、パーイ)
  • マレーシア(クアラルンプール、マラッカ、ペナン)
  • ラオス(ヴィエンチャン、パクセー、チャンパーサック、シーパンドーン、ルアンパパーン)
  • ベトナム(ハノイ、フエ、ホイアン、ホーチミン)
  • カンボジア(シェムリアップ)
  • ミャンマー(ヤンゴン、バガン、マンダレー、アマラプラ)
  • パキスタン(フンザ、パスー)
  • インド(ニューデリー、ラダック、ザンスカール)
  • ネパール(カトマンドゥ、ポカラ、バクタプル)
  • キルギス(オシュ、ビシュケク、ユシュタバ)

次に行きたいのは、エチオピア、スタンがつくところ、コーカサス諸国、シベリア、モンゴル、中国の茨中、そしてタジキスタンとアフガンのワハーン回廊。

アチェンガルゴンパ。この僧房群には女性だけが住んでいる。

写真に取り組んで 〜カメラと歩む道〜

カメラを触り始めて約4年、真剣に「写真」に取り組み始めて1年ほど。これまでにニッコールフォトコンテスト入賞、National Geographic Daily Dozen、Editor’s favorites等の賞をいただいています。

 

相棒はこんな感じです↓Nikonユーザーです。

  • Nikon D750
  • 58mm f1.4,
  • 14-24mm f2.8
  • 70-200mm f2.8新型
  • GITZO トラベラーⅡ型
  • canon pro-1(プリンタ)

 

2年前、はじめて買った一眼レフはD5200……このカメラのおかげで、楽しみのない無味乾燥な生活を送らずに済むようになりました。カメラを始めるのと同じ時期に海外旅行も始めたので、まずはインドシナ半島を回りながら撮影を楽しみました。そして、シルクロードの旅を経て、より良い写真を撮りたいと考えるようになりました。

パキスタンに行く直前に広角の純正大三元を購入。さらに数ヶ月後にはD750と58mmf1.4を同時購入。素人ながら、1年でレンズとカメラに50万円以上つぎ込みました。翌年のウイグル・キルギス旅行前に、ついに新型望遠大三元を購入。これでレンズシステムが整います。

プリンタも購入し、フォトコンテストにも出品するように。作品は当然、各国を旅行した際に撮らせてもらった人々の写真。これから三脚の使い方も学んで風景も撮りたいと考えています。

もっともっと勉強して、良い写真撮れるようにならなきゃ!

シュエタゴン・パヤー
シュエタゴン・パヤー

陸上競技との関わり

大学院まで陸上競技を続けてきました。専門は三段跳。サブ種目として走幅跳も。主な成績はブロック大会優勝、全国大会出場、関東インカレ1部大学代表。走幅跳でも県大会優勝など。

特に大学は体育学部で、部活も世界大会に出る人がいるような環境でした。専門はコーチング。体育の家庭教師の経験もあり、週1回の指導でクラスでも下位だった男の子が市内2位まで競技力を伸ばしました。

そんなわけで、働き始めるまでは陸上競技一筋の人生。ぼくにとって最も専門性が高い分野です。

 


 

旅も写真も陸上競技もと盛りだくさんでやってきたぼくですが、読んでくださる皆さんが「読んで良かった」と思ってくださるような記事を書けるように精進します!

 

(2015.4.4執筆、11.15、2017.1.14、5.13、8.05 リライト)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です