キルギスタン友情物語。名も知らぬ奥地の村で羊飼いになった!


越えれるかどうかも分からなかったイルケシュタム峠を無事に越え、丸一日かけてカシュガルからキルギスはオシュまでの移動に成功。思いがけず高級ホテルで一夜を過ごしました。

ぼくにとって中央アジアは未知の世界。数日間ですが、ドキドキワクワクのキルギス旅行の始まりです。

s_DSC_2868

初めてのキルギス!朝起きたら早速撮影へ!

キルギスで初めて迎える朝、もちろん朝から撮影です。オシュがいつもこうなのかわかりませんが、青白い霧が出ているようでした。

旧ソ連圏の国を訪れるのは初めて。昨日国境を越えてからずっとワクワクしていたのですが、徐々に明るくなっていく朝方の散歩は、よりワクワク感が高いものでした。使っている文字も違えば、建物の雰囲気も違う。あぁ、これがソ連の町なのか、と感じたわけです。

その一方で、昔ながらのキルギスってどこにあるんだろう?キルギスタンってキルギス人の土地って意味だよね?なんとかして昔ながらの文化を見てみたい!と強く思い……ながらホテルの高級朝ごはんをいただきました。

飛行機を予約して、郊外へ!

いるケシュタムを越えられるかどうかもわからなかったので、ビシュケクからカシュガルまでの飛行機は取らずにいました。だからこのタイミングでなんとか取っておくことが必要です。

ネットも繋がるし余裕でしょ……と思ったら、なんとエラーが出てチケット取れず。仕方がないので、現金でチケットを購入することに。これが意外と時間がかかり、結局「さて出発だ!」となったのは午後の2時。あまりにも時間がかかってしまい意気消沈でした。

 

ホテルのお姉ちゃんに「ローカルな場所で、観光っぽくないところ!自然とかじゃなくて人が普通に住んでる場所!!」という無茶苦茶なリクエストをしたところ出てきた場所に向けて、ようやく出発です。

もちろん乗り物は乗合タクシー。観光シーズンとは真逆のキルギスに、ぼく以外の外国人はいません。現地の人との英語でのコミュニケーションも取れない中、窓の外の風景に何度も感嘆の声をあげ、「キルギス、グッド!!」と言い続けます。

そうすると、車の人たちもすごく喜んでくれて、途中からは声をあげて笑い出しました。地球の歩き方に乗っている簡単会話帳を頼りに、自分の名前をキルギス語で伝えてみたら、これもまた大喜び。言葉は通じませんでしたが、和気あいあいと車の旅は続きます。

 

まさに野を越え山を越え…というか雪山を越えて突き進むと、ドライバーの兄ちゃんが「飯食う・寝る・俺」みたいなジェスチャーを始めます。翻訳すると「俺ん家来て泊まってきなよ。飯も出すからさ。」です。

なんと気に入られて家に連れて行ってもらえることになったんです。どこに連れて行かれるかわからないし、もしかしたら身ぐるみ剥がされるかもしれないというリスクはありましたが、こんな機会は普通ありえません。もう覚悟を決めてついていくことにしました。

連れて行かれた名もなき村。民家にホームステイ!

到着したのは16時30分頃、日が傾き始め、少しずつ辺りは薄暗くなってきました。本当は急いで写真を撮り始めたかったのですが、ドライバーは着くや否や、すぐに家の中に入るよう促します。

招いてもらっていながらそれを断るのも失礼かな、と思い後ろ髪を引かれる思いでとりあえず家へ。そうしたらお父さん、お母さん、それに弟夫婦が。ドライバーさんの帰省だったわけですね。

 

ドライバーさんの名前は、ジョキ。なんとなくコミュニケーションをとっていると、お母ちゃんが床に大きめの風呂敷みたいなのを広げ、そこにパンを置き始めました。これがキルギス的チャイのようです。ウイグルパンと同じ真丸いナンと、杏やブルーベリーのジャム、それにヤクのバターをつけて食べるのがキルギス流。

若い女性がいろいろお世話するのも風習なようで、弟さんの奥さん(なんと21歳。めちゃ美人でしたw)がお茶を何度も入れてくれます。ナンは硬くなっているので、たまにお茶につけながら食べました。最後はムスリムのごちそうさまで〆。

 

せっかくなので持ってきていた付箋で折り鶴を折ってあげたのですが、これが大好評。完全に偶然ですが、お父さんがもともと美術の先生で、日本の折り紙も知っていたんです。これが日本の折り紙か〜、という感じですごく楽しんでもらえました。こんなに楽しんでもらえるなら、次からはもっと綺麗な折り紙を持ってこようと決心したのでした。そんなわけでこの日は就寝。

s_DSC_2454

これがキルギスか!もはや異世界ファンタジー。

キルギスでも本気で写真撮りまくる!来る前から今回の旅行は撮影メインと決めていましたから、この日も朝早起きして撮影へ。しかしさすが高地、寒い!!

まだ日の出る前の薄暗い時間でしたが、それでもキルギスの男たちは働き始めていました。おっさんと中学生くらいの男の子が羊を追い立てつつ、日本で言えば田舎の道だよねーくらいのメインストリートをだらだらと歩いては道行く人と談笑しています。

 

ひとしきり談笑を終えて一人ふらふらしていると、黒っぽい服を着た少年と出会いました。もちろん言葉は通じません。「こっちこいよ」と身振りで伝えてきたので、多分チャイだと思ってついて行きました。

……あれ、谷に入った。目の前に大量の羊。あ、この子羊飼いなんだ、と気づきます。羊飼いの少年と大量の羊を撮影しながら、ずんずんずんずん奥地へと進みます。極寒・異国の雪山を羊飼いの少年と二人で歩いているということがなんだか不思議なかんじでしたが、すごくワクワクするものでした。

まさに山を越え谷を越え。途中で少年がジェスチャーで「俺は先頭に行く、お前が後ろから追え。」と伝えてきて、ぼくは雪を食べ始めた羊を追い立てつつ、先頭の少年についていくように促しました。まさにリアルな羊飼い体験です。本当に色んな人生があるんですね。

ようやく少年が立ち止まり、羊が勝手に前方に歩き出します。よく見ると、これまでは銀世界だったのに、前方に雪がかぶっていない土地があります。そこで草を食べるんですね。

 

少年は座り込み、ぼくがこれまでに撮ってきた写真の鑑賞大会の始まりです。その時に持っていたのはウイグルとキルギスの写真だけでしたが、特にウイグルの写真には興味津々のようでした。

30分ほどそうしていたでしょうか、さすがにぼくも1日羊飼いになっているより村に戻って違うことがしたかったので、ここでお別れ。すごく仲良くなったので、記念にぼくがつけていたマフラーをプレゼント。一緒に記念撮影・ハグをして、バイバイです。元来た道を一人歩きだすのでした。

 

10分程度歩いたでしょうか。村への道のりを一人歩いていると、後ろから白馬に乗ったおじちゃんが。ニコニコと挨拶を交わした後、おじちゃんが馬に乗って行けというではありませんか。

非現実的な世界に慣れてきつつあったぼくは、お礼を言っておじさまといっしょに白馬にまたがります。何気に初めての乗馬です。まさか初体験がキルギスになるとは思ってもいませんでした。別に走らなくても馬って早いんですね。トコトコトコトコと、軽やかに村まで送り届けてくれました。助け合いが当たり前という感じなのか、おじさまは何も見返りを求めずに、また馬に乗って去っていきました。

 

このあとは村の中を散策して、地元の人にお家に招待してもらったり、民泊させてもらった家の人に近くの山まで連れて行ってもらったりしました。村の大通りでは子供たちが水汲みのために働いていたり、馬やソリで遊んでいたりと、とてものどかな村でした。

s_DSC_2883

s_DSC_2765

 


 

この日、もう1泊していけと言われて、言葉に甘えてさらに一晩。次の日の早朝にビシュケクに向けて旅立ちました。キルギスの観光シーズンといえば夏。そして、ぼくが訪れた村は観光地でもなんでもありません。

でも、こういう観光地ではないところにこそその地域の昔からの暮らしがあるんだよなぁ、と改めて感じました。真っ白な銀世界は本当にファンタジーの世界。またひとつ得がたい経験ができたというのが実感です。

 

雨のち晴れ。明日はきっと晴れるよね。


投稿者: らぴ

旅とカメラと。NikonのD750と58mmf1.4、そして14-24mmf2.8が相棒。望遠欲しい。スポーツとか仕事についても書きます。 雨のち晴れ。いつかきっと晴れるよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です