河津桜の季節!桜祭り2017に行ってきた!


友人に誘われて、河津桜祭りに行ってきました。え、2月だよね?と思う方もいるかと思いますが、この河津桜、咲くのがソメイヨシノよりも早いらしいのです。そして今年は特に開花が早いようで、現在5〜7部咲き。来週には満開になっていることでしょう。

桜といえば3月の卒業式シーズンからゴールデンウィークの1ヶ月前後で徐々に日本列島を北上するイメージでしたが、この真冬に桜というのもなかなか良いものです。そんなわけで、今日は河津桜祭りの2017の様子をご紹介します。

s_DSC_4947

 河津桜祭りってどうやって行くの?

そもそも河津ってどこ?という人も少なくないと思います。かくいう自分も知りませんでした。河津桜祭りが行われている河津は、静岡県の伊豆半島にあります。熱海とか伊東温泉があるところですね。

東京駅からだと、新幹線もしくは在来線、伊豆の踊子号なんかを使っていくことになります。だいたい新幹線や伊豆の踊子を使うと、2時間前後でいくことができます。在来線だと3時間ですね。東京からのアクセスは良いです。

 河津桜祭りの雰囲気と楽しみ方!

河津の駅を降りるとすぐに歩行者天国が。ここでは河津の名産である金目鯛の干物や静岡のお茶、小さなエビや各種お菓子などなど、たくさんのお土産が売られています。こうしたお土産やさんは川沿いに所狭しと並んでいて、おそらく1キロくらいは並んでいたのではないでしょうか。

一緒に行った友達は、たい焼きや米澤牛、それに桜餅なんかを食べていました。ぼくは明太子を家で食べる用に購入……。だって美味しそうだったんです!若干食事処が少ないような気もしましたが、買い食いをしていれば問題ないでしょう。

 

桜はもちろん川沿いに植えられていて、ソメイヨシノよりもピンク色が濃い花が可愛らしいです。ぼくが訪れた土曜日も、多くの家族連れやカップル、それに写真愛好家が少し早い春の訪れを楽しんでいました。もちろんぼくも科テゴリー的には写真の人であって、彼女と行くなんていうリア充なことはございません!

この時期は野鳥も見られるので、桜と野鳥、そして川の組み合わせを楽しむのもすごく良いと思います。自分も運良く見ることができました。こうなるともっと遠くまで狙える望遠レンズが欲しくなるんだよなぁ 笑

桜と野鳥
桜と野鳥

あとはこの地域、伊豆半島ということで温泉が豊富です。河津駅から2キロほどのところに町営の温泉会館があり、1000円で入浴することができます。まだ2月ということで、長時間外を歩いていると、やはり冷えます。川沿いということで風が強いのもあるのかもしれませんね。

そんなこんなで、桜祭りを楽しんだあとに温泉に入るとすごく気持ちが良いです。きっとすごく混んでいるのだろうと思って覚悟して行ったのですが、意外と空いていてのんびりと楽しむことができました。内湯と露天、それに泡風呂なんかもあって一種のスーパー銭湯のような形です。

 河津桜を撮りまくろう!

写真好きとしては、写真好き同士で訪れて1日粘るのもありかな、と思いました。桜が咲いている川を横切るように線路が走っているので、桜と電車を合わせて撮ることも可能です。ぼくが訪れた際も、鉄道ファンと思われる人たちが何人も三脚を立て、電車が来るのを待っているようでした。

 

また、夜になると桜道がライトアップされるので、夜まで遊んで泊まっていくのもありかもしれませんね。ぼくは電車の時間の関係で夜桜は一瞬しか楽しめませんでしたが、三脚を立ててじっくり狙ったらすごく面白そうです。

 

先日山形に行った際に思ったことでしたが、風系って本当に難しいです。もちろん他の分野も難しいんですが、いわゆる名所と言われるところってポストカードみたいになってしまって、誰が撮っても一緒みたいになりがちです。そんな中で自分なりの味を出していくのがまさに技術なんだろうなぁと思いました。

河津桜といえば、おそらく橋から狙った桜並木と川の構図でしょう。ぼくはこの丁番の構図で、夕暮れ時の桜を撮っていみました。われながらまだまだだなぁ、と思いつつ、これから伸び代があると思って頑張れそうです。

Kawazu Sakura
Kawazu Sakura

いかがでしたでしょうか?来年あたりはもっとじっくり写真に集中する形で訪れても良いかな、と思いました。一度行ってみるとそこの雰囲気もわかりますし、次回は勝手知ったるぼくの庭的な感覚で楽しめそうです。やっぱりじっくり夜景も撮りたい……。

雨のち晴れ、もうすぐ春ですね!


投稿者: らぴ

旅とカメラと。NikonのD750と58mmf1.4、そして14-24mmf2.8が相棒。望遠欲しい。スポーツとか仕事についても書きます。 雨のち晴れ。いつかきっと晴れるよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です