30枚の組写真をつくったる!必要なことと注意点は?

SHARE

30枚の組写真をつくったる!必要なことと注意点は?


4枚とかの組写真に加え、30枚の作品にも挑戦中の今日この頃。日々勉強です。

ポートフォリオをプロの写真家に見てもらったり、写真学校卒のプロの卵に意見をもらったりと精力的に活動し、今までの自分では思わなかったことなんかを吸収すべく頭をフル回転させております!

今日は、自分の備忘録がてらこれまでに学んだこと・考えたことをまとめてみます。

30枚組と4枚の組写真は意味が違う 

当たり前と言えば当たり前ですが、30枚で1つの作品にする時と4枚組でアマチュア向けのフォトコンテストに出品するのでは意味合いが違ってきます。

特に30枚ともなると、ある一定のテーマ性が強く求められます。そして作品全体を見た時に面的な広がりがあるストーリーが見えてくる必要があると考えています。

 

また、ドキュメンタリーという分野で考えると、少なくとも周囲の状況がある程度見える状態の方が好まれるようです(個人的にはアップの写真も好きなんですけどね)。

これはポートフォリオレビューの記事でも書いたことですね。おそらくその方が作品全体を通して状況が見えやすくなり、ストーリーの広がりが出やすくなるからではないでしょうか。

 

もちろん、4枚組でも周囲の状況が見える素晴らしい写真はたくさんありますが、フォトコンテストの入賞作品なんかを見ている限りでは、組の中にアップを入れていることが多いような気がします。なんだかんだで4枚だと作品をパッと見た時のインパクトも求められますからね。

もちろん、線でつながったようなストーリーが見えればそれに越したことはないと思いますが、面的な広がりまで表現するのは至難の技でしょう。むしろ組むことによって想像力が掻き立てられるような4点を打っていくようなイメージで捉えています。

30枚組む時に必要なこと

4枚くらいの組ではあまり考えなかったことも、30枚くらいの意識的に考える必要が出てきそうです。

 

4枚ではあまり考えませんでしたし、そもそも「そんなの入れられないよね」となる写真でも、30枚となると必要となる場合もあるようです。たとえばイメージカット。竹沢うるまさんが得意なやつですね。

言い方が適当かわかりませんが、よく分からないけどブレていて、でもイイ感じ!の写真なんかがこれにあたります。あとは炎のアップとか水滴とか。それ自体がドキュメンタリーというよりも、「世界観を象徴するようなイメージを形にしたもの」というのが自分の理解です。

 

また、連続写真もありのようです。自分の場合キルギスに行って羊飼いになってきたわけですが、羊が移動しているところを連続写真で撮るようなものです。それにブレが意識的に入っているようだと確かにカッコ良さそうですよね、迫力あるし。

今まで意識的にそういったカットを撮ったことはありませんでしたが、これから撮影の際には頭の片隅に置いておこうと思っています。

 

あとは生活感を感じられる静物。分かりやすいところで言うと、東南アジア圏なら仏花や仏像、ウイグルだったらナンとかラグメン、ヤカンとかでしょうか。これも気が付いた時には撮るようにしていましたが、作品の構成要素として不可欠だということになればもっと慎重に目配りして歩く必要がありそうです。

 

これは4枚程度の組写真でも言えることですが、構図にも工夫が必要です。日の丸構図や3分割構図は有名ですが、そのほかにも集中線構図とかいろいろありますよね。自分はそのパターンが少ないなぁ、というのが現状です。

4枚だと雰囲気が違う写真を4枚組んだら勝手に構図に差をつけることになるかもしれませんが、30枚ともなれば計算していろいろな構図で組んであげなければ、作品全体が単調になってしまいます。構図は勉強だそうです。たくさんの写真集を見て、イメージを養っていくことが大切ですね。

 

また、アングルも重要な視点です。目線の位置から水平に撮るか、それとも俯瞰して撮るか。あるいはローアングルから撮るか。斜めとか横からというのも、当然考えられますね。

さらに、距離感。遠くから撮るか近くから撮るか、それとも普通に会話しているくらいの位置から撮るか。画角はどの程度にするか。構図、アングル、距離感、画角なんかを組み合わせると、バラエティに富んだ、見ていて飽きない作品になるのだろうと思います。

こうしたことを踏まえて「自分に足りないカットはどんなカットか?」を考えながら旅すると、必要なカットに対するアンテナが高くなり、欲しいカットを見つけられる可能性が高まるのだろうと思います。ま、そこまでするか?って話ですが。

 

【個人的に今後組み込んでいきたい写真・メモ】

イメージカット、連続写真、生活感を感じられるような静物、額縁構図、見下ろすような構図、決定的瞬間、人がたくさん写っているやつ、ブレによる動きを感じさせる写真

こういうのを考えながら写真をとるってことが大切ですね。

いろんな人の意見を聞いてみる

組写真30枚は一つのストーリーになるわけですが、自分で作ってみて他の人の意見をもらうことってすごく大切だと感じます。

自分で撮影したものだと、セレクトの際に思い入れが邪魔することがありますし、自分では状況がわかっているけれども他の人から見たら実は何をやっている写真なのか分かりにくいということもありえます。

 

実際に複数人に見てもらって面白かったのは、人によってみる観点や好きな写真が違うということ。ある人が好きといってくれた写真について、他の人からはイマイチと言われることもあります。逆も然り。

こういうことを自分が実際に体験してみると、好みってあるんだなぁと実感します。だからたとえ誰かからボロクソに言われたとしても、気にしすぎる必要は全くないと感じます。スポーツの世界であれば良い動作は良いと誰もが言うわけですが、写真はスポーツと全然違うんだな、と思います。

 

このように、写真の評価には個々人の好みが多分に反映されます。それでもいろんな人から意見をもらうことで、自分が考えていなかった視点を得ることができたり、あらためて自分の作品を見つめ直す機会を得ることができます。

周りの人を見ていると、他人に作品を見てもらっていない人の方が多いように感じます。確かに他人に作品を見せて評価にさらされることは、心地よいものではありません。

でも、本当に自分のレベルをあげたいと思うのであれば、他者に見せて評価をもらった方が良いと感じます。一歩ずつ前に進めます。(見せることになればそのための準備もしますし、それ自体がトレーニングになります)

 


これが正解とはまだまだ言えないもので、あくまでぼくの備忘録になりますが、いろんな人に話を聞きながら書いているので、そこまで間違ったことは書いていないと思います。

30枚ともなると、現地に何度も足を運んで撮りためないと組めないレベルだと思います。そう考えると、やろうと決心して取り組むだけでもなかなか大変。でもこれを乗り越えていかないとまとまった作品は作れないし、ましてや写真集を作るなんてできません。頑張らないとですね。

 

雨のち晴れ。がんがん攻めていこう!

 

・関連記事 作品として組写真を作るまでの軌跡。


1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です