Nikon70-200f2.8!半年使ってみて分かる新型大三元の実力


購入から半年ほどたちましたので、そろそろレビューを。

前々から欲しいと思っていた望遠レンズ。そろそろ新型が出るだろう、新型が出たら買おうと決めていたところで発売された70-200の新型。年末年始の旅行前に購入し、ウイグルやキルギスでは大活躍。その後ゴールデンウィークに再訪したウイグルでも、これなしでは撮れなかった画がたくさんあります。

キルギスのロバ

この新型大三元を手にするまでは58mm主体で撮影していたのですが、明らかに撮影のチャンスが広がりました。そして特にアップで撮るのが非常に楽になりました。センターアイのポートレートがバッチリ決まるのですごく気持ちが良いです。

自分の場合は旅の写真がメインですから、ほぼ一期一会。逃したチャンスは二度と巡ってきません。だからズームレンズで確実に自分が撮りたい画角で撮れるのは非常に便利です。

で、実際どんな画が撮れるの? 

非常に繊細な画が出てきます。自分はいきなり最高のレンズに手を出す派なので、前に使っていたレンズとの比較はできませんが、どうみても素晴らしい解像感です。立体感や空気感を映し出してくれます。「なんか目で見ているよりも本物らしい」と言えるような感じです。

 

自分の場合、途上国の電気もないような場所で撮影することも多いので、レンズの明るさは非常に重要です。その点でも、解放F値が2.8で一定ですから、ほとんどの場面で困ることがありません。ISOを上げればだいたいブレなく撮ることが可能です。

ここにおいても単焦点の明るさにズームはかなわないわけですが、58mmのようにf1.4ともなると、ピントが合う範囲が狭すぎて、これはこれで撮るのが難しいわけです。当然ピントがあった部分以外は大きくぼけてしまいますし。

東京の夜桜

レンズの側面についたピント合わせボタンですが、最初は面白くて使ってみましたが、親指AFの方が便利に感じてしまい最近は全く使っていません。自分にとってはあまり必要のない機能でした。

で、悪いところはないの??

正直、悪いところは見つかりません。強いて言うなら、やはり足が止まりがちになってしまうことでしょうか。便利すぎるんですよね。この距離感、この絞りで撮りたいというのが58の単焦点で撮っている頃よりも意識しづらいのは確かです。そこはテクニックや意識の問題が大きいのですが、そうは言っても多少は足に影響してしまうことも。

 

また、いくら画質が素晴らしいとは言っても、58mmで完全にはまった時の画には及ばないと感じます。やはり高級大口径単焦点の画質は、値段相応の素晴らしさを持っています。ぼくがこれまでメインとなる標準域に、ズームの大三元ではなく単焦点を使ってきた理由ですね。

 

もう一つ言うと、大三元共通の課題である重さは否定できません。前モデルよりも100g軽くなってすごいと言われていますが、前モデルを使ったことがない自分からしてみたら十分に重いと思えるくらいの重量感があります。長時間持って歩くとかなり疲れるし、初めて一日中振り回した時は、次の日に筋肉痛になりました。

 


26万円もする高級レンズ。タムロンやシグマなどのサードパーティも優秀と言われる中で10万円も高いレンズを買ったわけですが、自分は後悔していません。所有欲を満たしてくれることはもちろんのこと、素晴らしい画を描いてくれます。

今後のレンズの使い方ですが、できれば本体2台持ちD810の新型に58mm、今使っているD750に70-200をつけるようにしたいです。そうすればまさに鬼に金棒ですよね。だいたいどんな状況でも対応できるようになると思っています。

 

雨のち晴れ。最高の大三元があればどんな場面でも対応できますよ!


投稿者: らぴ

旅とカメラと。NikonのD750と58mmf1.4、そして14-24mmf2.8が相棒。望遠欲しい。スポーツとか仕事についても書きます。 雨のち晴れ。いつかきっと晴れるよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です