いざタシュクルガンへ!?最悪の事態が発生。

成都での1日ロスを乗り越え、ついにタシュクルガンへ。今回は写真を撮るべくきた旅ですから、ここからが本番です。いざ出発!

快適な空の旅でカシュガルへ

5時30分、ホテルのフロントからのモーニングコールで目覚め、シャワーを浴びて空港へ。2日前にあれほど念押しして、ウイグルへのフライトにちゃんと登録するように言っておいたのに、どうやら上手くいっていなかったようでした。それでもチェックインカウンターの女性がなんとかチケットを入手。時間通りに出発できました。

ここからは、今回の旅から導入したKindleの出番です。3idiot(きっと、うまくいく)というインド映画を事前にダウンロードしていたので、それを見ながらの空旅です。この映画、ラストシーンがラダックのパンゴン・ツォという湖ということで、ラダックファンからも好評なようです。

そんな自分は前回、西へ西へ進んでザンスカールに行ってしまったので、次回は湖のある東にも行ってみたいものです。映画そのものも非常に素晴らしく、久々に良いものを見たと思えました。

いざタシュクルガンへ!?最悪の事態発生

そんなわけで空の旅も快適に過ごし、無事カシュガルに到着。前回カシュガルを訪れた際は、空港に両替所がなくてヒヤヒヤしましたが、今回は成都でお金をおろしてあるので安心して行動できます。

いつもであればカシュガルで1泊してからタシュクルガンに向かうのですが、今回は成都で1日ロスしていることもあり、無理やりタシュクルガン行きのシェアタクシー乗り場に向かいます。カシュガルへの到着時間がだいたい3時でしたが、それでもなんとかなるものです。

まあカシュガルの場合、中国とは言っても西の果てですから、実際は北京と比べて相当に時差があります。なんといってもキルギスやパキスタンと隣り合わせの位置ですからね。

ウイグルには新疆時間というローカル時間があり、これが北京と2時間差。カシュガルとウルムチの距離も相当なものですから、現実には3時間程度の違いがあるとみて良いでしょう。つまりカシュガルの到着時間が3時と言っても、現地の感覚的にはそれほど遅い時間ではないんですね。

タシュクルガン行きのシェアタクシー乗り場に15時40分頃到着。あいにく人が集まっていなかったので、荷物を預けてご飯を食べに。実はこのタシュクルガンタクシー乗り場付近にあるラグメン屋さんが美味しいのです。麺もシシカバブも。ご飯も食べて16時30分頃に出発。順調に検問を越え、ついにタシュクルガンへ……。

と思いきや、ここでありえない問題が発生。最後の検問で「行くな」と言うのです。なんとタシュクルガンへの個人旅行が禁止されたとのこと(後にカシュガルの宿で聞いたら、なんと昨日から!!)。粘りましたが、決まりだとの一点張り。

もう怒りと悲しみとで放心状態。なんのためにここまで来たのか、今回の旅はなんのためのものだったのかわからないと言っても良いくらいです。

怒りと悲しみを抱えカシュガルに帰還

放心状態のまま帰路へ。たまたまカシュガルに行く予定のドライバーに連れられカシュガルへ。パミール青年旅舎とカシュガル老城青年旅舎のどちらに行くか迷いましたが、夏は多くの人が集まりそうな老城へ。

同室の日本人とおしゃべりをして、悲しみを抱えたまま眠りにつきました。


ひたすら悲しみにくれた1日。これから先、もう全くと言って良いほど計画していません。さて、どうやって旅を続けましょうか。

雨のち晴れ。明日こそは、きっと晴れますように。

5 Comments

Jiayu

こんにちは、初めてコメントいたします。
こちらの記事でタシュクルガンに興味を持ち、行ってみたいと思うようになりましたところ、個人旅行で入れなくなってしまったとのこと、とても残念です。
5/11に不幸なことに当地で地震が発生したようなのですが、今回の処置はそれが原因の、一時的なものという可能性はなさそうでしょうか?
なぜ個人旅行が禁止となったのか、もしお分かりでしたら教えていただければ幸いです。
突然の不躾な質問をお許し下さい。
無事のご帰国をお祈りしております。

返信する
らぴ

お疲れ様です。コメントありがとうございます。
入れなくなった原因は不明です。私もカシュガルの宿で理由について聞いてみましたが、宿の人も理由は知りませんでした。地震が入れなくなった理由ではないか、ということですが、入れなくなった後に地震が起きているので、前後関係を踏まえると、地震が原因ということはないと考えております。

なお、個人旅行でははいれませんが、ツアーに参加すれば訪れることが可能です。例えば喀什老城青年旅舎では宿でツアーを実施していますので、それに混じれば良いと思います。宿のボスにお願いすれば、行きだけツアーに参加し、現地で自由に行動することも可能です。ただし、ウイグルは年々公安などの取り締まりが厳しくなっています。その点ご留意ください。

返信する
まゆ

初めまして、中国旅行を趣味としている者です。GWに私も実はカシュガルへ行って来ました。当初の予定ではホンジュラブまで行き中パ国境を体験するつもりでしたが、ウルムチ到着時に現在不可とわかり(安全の為と言われた)、カシュガル一泊、タシュクルガン二泊するつもりでカシュガルからタシュクルガンに向かいました。
私も同じで、最後の検問でとんぼ返りとなりました。すごく残念でした。現在外国人は単独で入境できないということで、旅行会社の発行する旅行証明書と旅行社の車を使えば入境できるとのことでした。
新疆では十分に起こり得ることなので、らぴさんのおっしゃるように原因は地震とは関係なく、治安関係だと思います。
予定を変更してアトシュへも行ってみましたが、そこから砂漠地帯へ出た帰りに検問で通行不可とされとても難儀しました。
また、ブログ拝見させていただきます。

返信する
らぴ

コメントありがとうございます。
喀什老城青年旅舎でクンジュラブ峠までのツアーを出しているようで、それに参加するのがタシュクルガンに行くのには手っ取り早いのかな、と思いました。パキスタンビザを持っていれば入れるという話もありますが定かではないですよね。
まゆさんはアトシュに行かれたんですね。自分もアトシュに行くことも検討しましたが、結局ヤルカンドにしました。
中国旅行はどんどんしにくくなっていますね。自分は夏に東チベット再訪を計画しているので、そちらもうまく行くか今から不安です。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です