丹巴(ロンダク)へ。ギャロンチベットと石塔で有名な美人谷。【東チベット再訪その4】

アチェンガルから直で康定へ。1泊して丹巴へ。

東チベットというとどうしてもラルンガルとかアチェンガル行きになってしまい、どうも足が向かなかった丹巴。行きたい行きたい思っているうちに結局行かずじまいになってしまうのも嫌だったので、とにかく一度行ってみることにしました。春の梨の花の季節と紅葉の季節が特に美しいみたいですね。

 

丹巴といえば、他の東チベット地域とは異なり、ギャロンチベット族という民族が住んでいます。雲南や東南アジアの少数民族に近い、ちょっときらびやかな衣装をまとっているのですが、特に特徴的なのは女性の頭飾り。三つ編みみたいなやつがおでこの上あたりにドカンと乗っかっています。

3時間で行けるはずが今は4時間かかります

康定から丹巴までは、通常バスで2時間半から3時間程度の道のりです。東チベットで7時間とか8時間の移動を当たり前にしていると、かなり近いという感覚になると思います。

しかし!今はプラス1時間かかります。というのも、山を越えるところの道路が崩れてしまったため、途中でボートに乗り換えて川を移動する必要があるからです。友達は珍しがっていましたが、川自体が綺麗なわけでもないし川の移動自体は非常に短い時間なので、楽しいとは言い難いです。

ここをボートで5分程度。

伝統的建造物とギャロンチベットの世界

有名な美人谷。標高は2000m未満ということで、東チベット地域の中ではかなり低い部類に入ります。4000近い高地を旅して来たあとだとかなり楽に感じます。そして気温も高いです。

 

バスは街の端にあるバスターミナルに着きます。周りはthe街。ここだけでは谷って感じがしません。そして美人は何処に?高齢者ばかりな気が。昔は美しかったのだろうか……。ちなみに現代的感じは見られます。

気を取り直して、地球の歩き方に乗っている観光スポットへ。まずは梭坡と呼ばれる景色の良いビューポイントへ。感想は……うん、景色が良いね(以上)。様々な絶景を見て来たあとだと、どうしても感動が薄れてしまいます。ここが目的地だったら、きっとかなりはしゃぐと思うのですが。

対岸に行きたいものの、連れてこられたあとだと渡れません。最初から村に連れて行ってもらった方が良いと思います(それくらいビューポイントは感動が薄いです)。

 

(ここで友人が蜂に刺されるというトラブル発生。宿で様子を見る。)

 

そして次は甲居。中国で最も美しい村に選ばれたというすごい場所です。タクシーで30分もかからない場所にあり、簡単に訪れることができます。遊歩道も整備され、あちこちに道を示す看板が。

ここは単に景色を見るというよりも、ちゃんとそのエリアをぐるりと歩き回ることをお勧めします。現地の看板を見ると2時間コースや3時間コースと書かれていました。

ぼくは夕方に訪れたのですが、おそらく午前中の方が光が刺して美しいです。夕方になると影になってしまい、光のコントラストが失われてしまいます。

甲居の風景。昔ながらの建築が美しいです。

……というわけで、完全に有名な観光地になっていました。それはそうですよね、中国一美しいなんて言ったら、中国人観光客が大挙して押し寄せますよね。

今も美しい住居や石の塔は残っていて、それは素晴らしいのですが、昔ながらの雰囲気を見たいと思っていたのでちょっとがっかりしました。本当、ここもすごく良い感じなんですよ。アチェンガルを見たあとだったということで、残念に思えたのは仕方がないこと!

成都へ帰ろう(おまけ・成都編)

丹巴からついに始まりの地、成都へ。バスのチケットが取れず乗合タクシーにしたのですが、トータル5時間程度で着きました。予定よりもだいぶ早いです。

成都と丹巴の間にある山々も景勝地としてすごく有名だそうですが、これも残念ながらアチェンガル近辺の景色には及びません。

 

成都に着いたらタクシーに乗り換え、また新南門のミセスパンダへ。

成都では前回訪問時同様、錦里や陳麻婆豆腐店、そしてパンダ繁殖基地を見ました。友人は特に子供のパンダが遊んでいるところを見てはしゃいでいました。

都会から離れたところばかり旅しているような人は、あまりパンダに興味がないかもしれません。実際、自分も時間が余ったという理由だけでパンダを見に行ったので、気持ちはよくわかります。でも、いざ見てみるとすごく可愛く、はしゃがずにはいられません。食わず嫌いにならず訪れてみることをお勧めします。


↑ 東チベット地域の例外として、丹巴は歩き方に載ってます。

ぼくの中で、丹巴はちょっとがっかりスポットでした。

でも多分、それは自分が観光地化されていない場所に行きたいと思っていたからであって、むしろちゃんと整備されている方が好みという人にとってはすごく良いところだと思います。甲居の伝統的住居に泊まることもできるみたいですしね。

雨のち晴れ、きっと明日は晴れるよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です