新疆ウイグル自治区まとめ。愛すべきシルクロード。


新疆ウイグル自治区をご存知でしょうか。ぼくはこれまでにこの地を4度訪れていますが、それでもまた行きたいと思っています。

 

この新疆ウイグルは、中華人民共和国内の自治区で、地図でいうと左側(つまり西ですね)に位置しています。自治区といえば、日本ではチベット自治区が有名だと思いますが、ウイグルも広大な土地を有しています。

特に西部の町カシュガルやその南、「南疆」と呼ばれる地域では、民族帽子「ドッパ」を被る男性、色鮮やかなワンピース「アトラス」を纏う女性が街を行き交います。自治区内の首都はウルムチ。古くはシルクロードとして知られ、交通の要衝でした。
1960年代には、タクラマカン砂漠において核実験が行われたことでも有名です。天然ガスや鉱物も豊富。主な宗教はイスラム教で、ウイグル族を中心に、タジクやキルギス族など少数民族も多く住んでいます。
また、近年はテロやIS戦士の補給庫と言われることもあります。こうしたことから非常に危険な土地というイメージが付きまといます。
ヤルカンドの少年。菜っ葉を売っていた。

大きく変わるウイグルと変わらぬもの

ウイグル自治区で色々話を聞き、実際に様々な場所を見てみると、この地域が非常に複雑な事情を抱えていることが分かります。

 

最もウイグル族の暮らしが色濃く残っていると言われる西の町カシュガルも、ここ数年で様変わりしました。朝のアザーンは消え、代わりに警官がランニングする際の掛け声で目覚めます。ぼくが初めてカシュガルを訪れた4年前は、アザーンに感動したものですが、それが今は聞けなくなってしまいました。

また、町の中のあちらこちらに警察署が立っています。特に中心街では、200m間隔くらいで建っているのではないかと思うほどです。かつてナイトバザールで活気に満ちていた場所も、今は警察署に置き換わっています(ナイトバザールは近くに移転)。旅をしていて緊張します。

 

カシュガル駅にて。カラフルな民族衣装がアトラス。

 

その一方で、変わらぬ文化も存在します。ドッパやアトラスしかり、伝統的な食事であるラグメン、サモサ、ナン、新鮮な果物。それに家畜市場も健在です。ちょっと郊外の村に行くと、伝統的な家屋も残っています。ウイグルの土壁でできた住居が残っている街並みは非常に美しいです。子供達はすごく人懐こく、可愛らしいです。

 

※ ただし、郊外に行くと公安に「署まで同行願う」的なことを言われる可能性があります。実際に自分の友人などは数時間拘束されて撮った写真などをチェックされたと言っていました。行く際は自己責任で、くれぐれもお気をつけて。

ウイグル関係記事一覧

これまでいくつもウイグル関係の旅記事を書いてきましたので、ここにまとめておきます。事情が頻繁に変更になる地域ですが、これから訪れる人の参考になると嬉しいです。

ぼくが訪れたことがあるのはウルムチ、トルファン、カシュガル、ヤルカンド、そしてタシュクルガンの5つの町です。それぞれ雰囲気が大きく異なります。

 

シルクロードを進め!トルファンとウルムチ。

トルファンとウルムチは1日くらいずつしかいなかったので、あっさりとしか書いていません。ウルムチは大都会。漢民族の割合も高いですので、ウイグル感はカシュガルに比べるとずっと低いです。

トルファンについては、ブドウが非常に有名です。自分が訪れたのが時期外れの3月だったので、いつかベストシーズンに訪れて見たいと思っています。昔は日本人もたくさん訪れていたという観光の町です。

トルファンとウルムチ、どちらも悪くはありませんが、せっかくウイグルに行くなら西のカシュガル方面まで足を伸ばしてみることをお勧めします。

 

カシュガルで新疆ウイグルを堪能!老城で異国感を味わおう!

初めてカシュガルを訪れたときにまとめました。訪れるたびにちょこちょこ手を加えています。初めてカシュガルを訪れる人のための初心者編と行ったところです。まずはこの記事を読んでいただければ。

 

ヤルカンド(莎车)には昔ながらのウイグルが残っていた

2017年5月、タシュクルガンに行くつもりが結局行けず、代わりに急遽行ってみることにしたウイグル南部の町ヤルカンドです。ウイグル色がカシュガルと同じくらいかそれ以上に残っていてすごく興味深かったです。

 

タシュクルガンでパミールの息吹を。タジク族が住む国境の町。

ウイグル自治区とパキスタンの国境付近にある町。ウイグル族ではなくタジク族が住んでいます。観光的要素は薄いのですが、ぼくが今まで旅してきた中で最も好きな町の一つです。2017年5月には行こうとしたら途中の公安で追い返されてしまいました……。

 

【一応リンクを貼っておきます、的な記事】

3度目の新疆!タシュクルガンで写真を撮りまくる。

カシュガル郊外へ!昔ながらのウイグルを堪能。

この2つは、ウイグルとキルギスの両方を回ったときの旅行記です。2016年の年末と2017年の年始です。旅行記ですので、役立つ情報はあまりないかもしれません。雰囲気がわかるくらいですかね。

 

カシュガルのナイトバザール。左右に見える店では様々な食品が売られている。

 


自分がアジアを旅した中で、ウイグルは非常に思い出深い地域です。すごく好きで何度も訪れているのですが、稀にテロなどが発生するため、他人に対して「おすすめ!ぜひ行ってみてください!」というのは言いづらいです(最近は先進国でもテロが起きるので、言い始めたら世界中旅行できないことにもなりかねませんが)。

ただ、それでもやっぱり自分はウイグルが好きだし、行こうと思ったらあまり情報がない地域なので、こうしてまとめてみることにしました。もし行く方は、参考にしてください(くれぐれもお気をつけて)。

雨のち晴れ、きっと明日は晴れるよね!


投稿者: らぴ

旅とカメラと。NikonのD750と58mmf1.4、そして14-24mmf2.8が相棒。望遠欲しい。スポーツとか仕事についても書きます。 雨のち晴れ。いつかきっと晴れるよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です