人間国宝とは無形文化財各個認定保持者のこと!無形文化財の保護ってどう行われている?


さて、次は人間国宝をはじめとする重要無形文化財がどのように保護されているのかについて、もう少し詳しく解説します。日本が誇る卓越した「わざ」の世界へようこそ!

無形文化財そのものを少し詳しく。

その前に簡単におさらいです。無形文化財というのは芸能(能楽や歌舞伎、雅楽など)と工芸技術(鍛金や染色など)の2分野から成り立っています。この2分野の中で特に価値が高いものが重要無形文化財となります。

法律では、第2条第1項で「演劇、音楽、工芸技術その他の無形の文化的所産で我が国にとって歴史上または芸術上価値の高いもの」と定義されています。

このように無形文化財は形がないものなので、これらに関する「わざ」に価値をおくことになります。「わざ」そのものが文化財ということですね。そして、この「わざ」を体現・体得した個人や団体が「わざ」の保持者あるいは保持団体として認定されるという仕組みになります。

 

この認定には3種類あります。「各個認定」「総合認定「保持団体認定」です。

まず「各個認定」というのは、芸能や工芸技術を高度に体現・体得した個人を認定するものです。この各個認定をされた人は「重要無形文化財各個認定保持者」になります。いわゆる人間国宝です。能楽や歌舞伎などで人間国宝という言葉をよく聞くと思います。また、日本工芸展で何度も入選を重ねているような工芸技術の作家も各個認定の対象です。

これに対し、芸能を2人以上のものが一体となって構成している場合には、「総合認定」という認定方法になります。団体の構成員を丸ごと認定してしまうということです。これは宮内庁で受け継がれている雅楽が代表的でしょう。また、例えば能楽でも「一般社団法人能楽会会員」が総合認定されています。その中でも特に!という人が各個認定されるという仕組みですね。ちなみに総合認定は芸能分野での仕組みです。

工芸技術でも総合認定と似たような仕組みがあります。それが「保持団体認定」です。これは、個人の超絶技巧みたいなところに寄るものでなく、保持者が多数いるような場合に団体を丸ごと認定するスキームです。

無形文化財保護はどう行われている?

このように、重要なわざを指定し、それを体現している個人や団体を認定しているわけですが、その重要なものをどのように次世代に繋いでいくのか?という話になります。この点に関しては、後継者育成のために国が補助金を出すということになっています。

人間国宝は最高で116人までしかなることができないのですが、これは一人当たり年間200万円の補助金が国から出ていることと関係があります。要すると人間国宝をあまり増やしすぎると国の補助金が足りなくなってしまうということなんです……。だいたい2億3,000万が1年で必要になるということですからね。

 

また、総合認定や保持団体認定の団体に対しては、芸能や工芸を続けていく上で必要な道具の修理代を補助しています。

さらに、国立劇場では能楽や文楽、歌舞伎など、芸能分野の伝承者を養成しています。


こうした芸能や工芸技術が「文化財」ということに戸惑いを感じる人もいることでしょう。実際、ぼく自身が勉強するまで知らなかったことです。人間国宝は馴染み深いんですけどね。

まとめると「重要無形文化財には芸能分野と工芸技術の2分野がある。個人と団体を認定する場合があるが、いずれも国の補助金が出されることによって保護が計られている。」ということです!ということで、今日はここまで。

雨のち晴れ、きっと明日は晴れるよね!


投稿者: らぴ

旅とカメラと。NikonのD750と58mmf1.4、そして14-24mmf2.8が相棒。望遠欲しい。スポーツとか仕事についても書きます。 雨のち晴れ。いつかきっと晴れるよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です