一眼レフ初心者へのおすすめ勉強本 〜中井精也「世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書」〜


「一眼レフカメラを買って綺麗に撮れるのは良いけど、もう少し上達したい。」

「上手くなりたいけど何から手をつけて良いかわからない。」

「本屋に行ってみたら膨大な本の量。どれが良い本か知りたい。」

 

今回は、そんな一眼レフカメラを初めて少し経ち、もっと上達したいと思い始めた方へのおすすめ本の紹介です。それが中井精也さんの「世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書」。ぼくはカメラを始めたばかりの知人には、例外なくこの本から読み始めることを勧めています。「世界一わかりやすい」という本のタイトルに嘘はないです。

中井精也さんの本のどこがすごいか?

誰しも一眼レフカメラ・写真を勉強し始める前に、「こんな写真が撮れるようになりたい」というある種の理想像を持っているものです。

インスタグラムで人気の作家さんでも良いですし、雑誌の広告でも良いと思います。ぼくのように「ドキュメンタリー作家のような写真を撮りたい」という人……は少数派でしょうか 苦笑

この本は、そうした理想像に近づくための道筋を素直に分かりやすく教えてくれます。他のカメラ関係の本と比べても、すごく優しく書いてありますので、読みやすく疲れません。なんなら一気に通読できてしまうほどです。

 

しかも、必要な要素はもれなく詰め込まれています。構図(どこに何を配置するか)、絞り(ボケ具合の調整とか)、光の使い方などなど。これを手軽に、一度で学べる点でも非常に優秀な本だと思います。

三部作を通読すると一通りできるようになる

中井精也さんの「世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書」は三部作になっています。それぞれコンセプトが違っているので、全て読むのが望ましいです。

三部作通して素晴らしく、全ての本にDVDが付属しています。まずこのDVDを見てから本を読むと、すっと頭に入ってきます。DVDの素晴らしいところは、実際に中井精也さんが色々と撮り比べてくれるところです。本だけでも素晴らしいのですが、このDVDがセットになることで更にその価値が増しているように思います。

 

1.「世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書」

「何をどう撮る?」と一つのりんごをテーマに問いかけるところから始まります。

昔の画家がりんごをモチーフに様々な絵を描いたことからもわかるように、たとえ同じようなりんごであったとしても、切り取り方によってその見え方は全くと行って良いほど異なります。明るいりんご、暗いりんご、転がるりんご、静かに佇むりんごなど、挙げればきりがありません。

 

また、光の使い方についても優しく解説してくれます。写真を勉強したことがない人は「順光が良くて逆光はダメ」という固定観念があるように思います。

この本では、そんなことはないということを具体例も交え撮り比べながら解説してくれます。順光・逆光・半逆光それぞれに良さがあるということを学べました。

 

この1冊目をきちんと抑えるだけで、友人に「へー!写真上手だね」と言ってもらえるようになれるはずです。写真から散漫な印象が消え、見せたいものを印象的に見せられるようになっているはずです。

なお、三部作の1作目ということで、カメラの基本設定も解説してくれます。ぼくは今でも、この本で習った設定で撮影しています。特に「絞り優先オート」や「親指AF」は慣れるとすごく便利で、やめられなくなりますよ。

 

2.「「世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書 何をどう撮る?活用編」

1作目が心構えや基本のキであったのと打って変わり、2作目は「柔らかく撮りたい」「ノスタルジックに撮りたい」「ドラマチックに撮りたい」など、「何をどう撮るか」を更に一歩推し進めて具体的ノウハウを伝授する内容になっています。

特に「ゆるく」分野と「シャープに」分野をしっかりと分け具体の作例を入れながら書いてあるので、辞書としても使いやすくなっています。

 

流したり回転させたりフラッシュを使ったり。多くの写真家の人がやらないことも大胆に教えてくれます。

確かに「写真家」として発表しても評価されなさそうな手法なのですが、普段楽しむ分にはなんの問題もありません。自分の引き出しを増やしてくれます。この辺のテクニックを使えるようになってくれば、より一層写真が楽しくなってくるに違いありません。

 

ちなみに、ぼくはこの本を今でも時々見返します。特に作品が単調になりがちな時なんかはこういうノウハウものも良いものです。それに「楽しく撮ることってすごく大事」ということを思い出させてくれます。

 

3.「世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書 伝わる写真の撮り方編」

最終3作目が「伝わる写真の撮り方」に焦点を当てたこの本。1冊目と2冊目の内容をまとめつつ、「今後もっと上達するには?」というテーマにも触れられています。

1冊目と2冊目の内容とダブル部分もだいぶあるように見受けられますが、高い本というわけでもないですし、それで不満を抱くことはありませんでした。むしろ「それ知ってるわ」ということは、全2作をしっかりと勉強できたという証拠かな、とも思えます。

 

ぼくはこの3冊目、「今後の上達」を意図したのではないかと思っています。具体的には「写真想像力を鍛える」であったり、「撮影後」の取り組み方であったり。いわば「自分で上達していくための道しるべ」「読者が自分でどんどん写真が上手くなれるよう送り出すための本」という印象です。

写真に限らず、何事も自分で実際に手を動かさなければ上達は遠のきます。そんな中で「まずこれから手をつければ良いよ」とトレーニングの方法を教えてくれるのはありがたいことです。


 

資格の勉強と同様に、写真の勉強用にたくさんの本が出ています。書店ではどれを選べば良いのか迷うと思います。そんな中で、この中井精也さんのシリーズは極めて平易な言葉でわかりやすく書いてあります。

この3作を抑えることで、まず間違いなく自分の当初イメージに近い印象的な写真を撮ることができるようになります。旅先の絶景も出会う人の表情もバッチリです。二度と戻らない大切な時間を思った通りに残せるようになると、ますますカメラ・写真が楽しくなりますよ。

 

雨のち晴れ、いつかきっと晴れるよね。

 

【関連記事:フォトコンも面白いですよ。】

フォトコン入賞大作戦!コツを全部まとめてみた!!


投稿者: らぴ

旅とカメラと。NikonのD750と58mmf1.4、そして14-24mmf2.8が相棒。望遠欲しい。スポーツとか仕事についても書きます。 雨のち晴れ。いつかきっと晴れるよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です