短期の海外旅行ならではのメリットとは?短期バックパッカーのすすめ。

SHARE

短期の海外旅行ならではのメリットとは?短期バックパッカーのすすめ。


長期でのバックパッカー、世界一周などなど……旅をする人なら一度は憧れますよね。その気持ちは僕も同じで、いつかシルクロードの陸路横断なんかをやってみたいと思っています。

でも、短期のバックパッカーも悪くはありません。むしろ長期ではやりにくいことができることだってあります。今日は、短期だから楽しめる旅の醍醐味をまとめてみます。

1.お土産が買える!

これは大きいと思います。僕は旅先でお土産を買うのが大好きです。その地で産出された宝石や玉石、民族の帽子、絵画、楽器、手織りの美しい布など、旅先では心奪われるものにたくさん出会います。

しかし、長期の旅では数ヶ月から1年以上の長期にわたって移動し続けるため、基本的に最終目的地以外ではお土産は買えません。買えたとしても、アクセサリなど小さくて軽いものに限られます。

それに比べて、短期のバックパッカーでは、仮に移動が多くなったとしても10日程度で旅自体が終わります。ですから、荷物が多くなることを覚悟さえ出来れば、旅の最初から欲しいお土産を買うことができます(。僕が買った最も大きくて重いお土産は、フンザ(パキスタン)の絨毯です。5キロ以上あったと思います。さすがに長期で5キロ以上の馬鹿でかい絨毯を背負って、というのは無理ですよね。

今現在、僕の部屋は旅行のお土産であふれています。仕事で疲れて帰ったとき、時分の部屋に戻って旅のお土産を眺めながらコーヒーを飲むと、ゆったりとリラックスできます。

2.思い切ってお金を使える!

長期で回っている方から話を聞くと、やっぱり「まだ先は長いし無駄遣いはできない……」となるそうです。もちろん、短期でも「無駄遣いなんてできない!」という方も多いと思いますが、長期に比べればそんなことないでしょう。

正直、1週間から2週間程度の旅となると、どう考えたって最も負担が大きくなるのは飛行機代です。これだけで数万かかります。僕の場合、働きながら合間合間に旅行しているので、旅の時期が航空券代が高騰する時期と重なってしまいます。そうすると場所にもよりますが10万円以上。

それだけの時間と貴重な休みを使って旅するんですから、現地でケチるのがバカバカしくなります。そんなにお金を使いたくないなら日本でじっとしておいたほうが良いよなーってなるんです。僕は必要以上に旅で贅沢をするタイプではありませんが、とりあえず食べたいと思ったものは食べるようにしていますし、経験したいと思ったことでやるかどうか迷うくらいだったらやるようにしています。もちろん後で若干後悔することもありますが、やらない後悔よりはよほど小さいです。昔、ラオスのルアンパパーンで、藍染の繊細で美しいストール(約3,000円)を買わなかったことをどれほど後悔したことか……。

前にパキスタンで一緒に旅した方もおっしゃっていました。「仕事を休んで貴重な時間を使って旅してるんだから、お土産だって欲しいものは全部買う。激安バックパッカーしてる人とは違うんだから。私は私の旅をする!」……まったくおっしゃる通り。そして、お金を使える旅ってやっぱりなんだかんだ言って楽しいです。

3.常に新鮮な気持ち!

どこに行っても新鮮な気持ちでいられるというのも、短期の大きな魅力ではないでしょうか。特に1年とかかけて回っている人の話を聞くと、だいたい半年もすると旅するのに飽きてくる、もしくは疲れてくるそうです。そして沈没……(南米が多い気がする)。そこからは長期の旅ではなく長期の「ちんぼつな人」になります。

それと比べて、まず短期の旅では時間が限られているわけですから、飽きるということがほとんどありえません。

そして、短期の旅では限られた短い時間の中で旅のクオリティーをできる限りあげなければなりません。だから、短期ではアクティブに活動するにしてものんびりするにしても、それらは全て自分の旅をより良くするために費やすことになります。

このように、短期の旅では常に新鮮な気持ちで、旅の一部始終を無駄なく楽しく過ごすことができます。

旅って素敵です。日本では得られないドキドキを味わうことができます。それは短期も長期も一緒。バックパッカーといえば長期に決まってる!っておっしゃる方もいますが、別に短期だからといって恥じることはないはずです。

長期には長期の良さ、そして短期には短期の良さです。勉強で忙しくたって、仕事が大変だって旅をしたい!そんな人だって多いはず。僕たちが使える時間は多くはありませんが、僕たち短期パッカーだからこそ楽しめる旅だってあります。

さあ、次も楽しい旅を!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です