バクタプル:煉瓦造りの家々がセピア色に染まる中世のまち。


ネパールの古都の1つ、バクタプル。世界遺産のこのまちには、まるで中世のような雰囲気が漂っています。立ち並ぶ煉瓦造りの家々が醸し出しているのでしょう。ダルバール広場やニャタポラ寺院をはじめとする有名な寺院等も数多く残されていますが、この町の何よりの魅力は、街全体がノスタルジック空間になっていることと言えます。

 

バクタプルの今 〜震災後の姿〜

 

十分に観光できます。行ってみましょう。

自分は、震災によって約9割が倒壊してしまったという情報を得ていたので、バクタプルには行かないことも検討していました。でもどうしても諦められず、空港でたまたま会った日本の方に「パタンとかバクタプルってもう見ましたか……?どちらかに行きたいと思っているんですけど……。」とおそるおそる聞いてみたところ、「両方見ましたよー。」との答え。しかも、バクタプルは十分に見れる状態で、街全体の雰囲気が素敵、と言うではありませんか。

実際に自分で行ってみても、同じことを感じました。確かに重要な建築物の幾つかは崩れてしまっていますし、崩れないように補強されているものも多かったですが、それほど気にせずに見れる状態です。「震災で崩れているらしい……」と考えて行かないのはもったいないです。

 

異世界空間のまちを歩こう

 

ダルバール広場を含め、大きな広場が4つあります。このまちは小さいので、自由にみて回れます。観光地としてのバクタプルと、人々の日常生活が営まれているまちとしてのバクタプルが、ちょうど良い感じに両立されていて、気持ち良く見て回れます。

世界の絶景の一つとして取り上げられることもあるバクタプルですが、それも納得。確かに美しいです。まちの雰囲気が中世で、その中をきらびやかなサリーを着た女性が歩いているので、すごく映えるんです。

 

ネパールへの旅行者の多くがカトマンドゥを起点に日帰りで訪れるため、日中は観光地としての側面が強く押し出されますが、彼らが帰った後には、静かな日常生活を営むまちに一変します。バクタプルの遺跡を見たい人にとっては日中でも良いかもしれませんが、このまちの自然な姿に期待する人は、絶対に1泊すべきです。

特に朝夕が素敵です。陽が傾き始めると、セピア色の光がまちを横から照らし、いたるところで美しい光と影のコントラストが生まれます。そんな光の中を、鳩が大きな音を立てて飛び立ちます。まるで映画のワンシーンです。客引きや観光業を営む人たちも家に帰って、まちは静かになり、いたる所で焚き火が行われます。完全に日が沈むとあたりは真っ暗。

朝は朝で、まだ薄暗いまちの中をぽつりぽつりと行き交う人々。この静けさこそ、古都のイメージにぴったりです。繰り返しになりますが、バクタプルの素晴らしさはその雰囲気にあります。そしてその雰囲気を味わうためには、朝夕の滞在が欠かせません。

 

また、ところどころで名物ヨーグルトのズーズーダウや、モモを売るお店があります。モモは一皿50ルピー前後で、安くて美味しいです。店によって味が違うので、食べ比べるのも楽しいです。

 

絶品ヨーグルト、ズーズーダウ

 

雰囲気押しのバクタプルですが、自分はここの名物ズーズーダウに感動しました。バクタプルからカトマンドゥに帰る途中のバスでも食べ続けていたほどです……。

このズーズーダウ、ダルバート広場を西に出ると(カトマンズから来る場合にここを通るはず)何軒かお店があります。ダルバート広場の中にも帰るお店があるらしいのですが、観光地価格とのこと。広場を出て西に向かう途中にあるお店では、カップサイズで50ルピー、小さなタッパー(500mlはある!?)で85ルピーです。

ヨーグルトの爽やかな酸味と、レアチーズケーキのような濃厚さがたまりません。最初はカップサイズを頼んでいたのですが、そのあとタッパーサイズのものを買って宿で食べてしまいました。

自分もいろいろと旅してきましたが、少なくともデザート部門では1位です。バクタプルに来てこのズーズーダウを食べないという選択肢はあり得ません。それくらい美味いです。

 


投稿者: らぴ

旅とカメラと。NikonのD750と58mmf1.4、そして14-24mmf2.8が相棒。望遠欲しい。スポーツとか仕事についても書きます。 雨のち晴れ。いつかきっと晴れるよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です