海外旅行で日本食を食べるのはアリかナシか?


みなさん、海外旅行中、何を食べていますか?日本食とか食べますか?

もちろん、新疆ウイグルに行ったら、僕は毎日のようにラグメンを食べていました。東南アジアでは中国粥やパッタイ、フォーなどを、ラダックではトゥクパやモモを食べました。その国や地域で食べられている伝統的な料理を食べることは、旅の大きな楽しみです。その国の食事が口に合うかどうかで国自体の印象が大きく変わってしまうほどです。

 

僕は最初の頃、絶対に現地料理だけで乗り切るのが海外旅行なんだ、と固く信じていました。その国伝統のものを食べて身も心も現地に溶け込むように頑張らなければならない!と思っていたのでしょう。

そんなこともあり、バンコクでお腹を壊した友人に合わせて大戸屋に入った例外を除き、僕が海外で日本食を食べることはありませんでした。お腹壊したんじゃしょうがないですからね。

 

 実食!!



そんな僕でしたが、ついに海外で日本食レストランに入る日がやってきます。東南アジアを巡る最中、ラオスはパクセーでの時間つぶしです。パクセーの決して大きいとは言えない町の地図を眺めていると、そこには日本食レストランの名前が。一緒に東南アジアを周っていた友人から入ってみようと言われて仕方がなく入ってみただけです。

店内はかなり広い割にテーブルやイスの数は少ない、言ってみたらよくある田舎パターン。おそらく地域の中では高級店なのでしょう、真っ白なテーブルクロスにきちんと清掃された床、日本のテイストを取り入れようと頑張っている感があるインテリアなど、まさに海外の日本食レストランに来ていることを実感できるものでした。

 

さて、僕が注文したのは天丼。外国人が日本食として思い浮かべる筆頭「Tempura」を日本米の上にのせていただくアレです。僕は一時期500円でエビのほか数種類の天ぷらを惜しみなくのせてくれるお気に入りの店に通っていた時期があったくらいには天丼が好きです。だから日本の美味しい天丼と海外の天丼を比べてみようと思ったのです。

そして出てきたのがこちら。

 

ラオスの天丼。見た目からして日本の天丼とは違う。
↑ラオスの天丼。見た目からして日本の天丼とは違う。

 

うん、ご飯の上に天ぷらがのってる。あ、ノリもつけてくれたのね。ついでに赤味噌の味噌汁もセットです。

お、お、おぉ……。パッと見で日本の天丼とは大きく異なるラオスの天丼。せっかくの機会なので写真を撮り、いざ実食。

まあまあ美味しい。約半月ぶりの日本食でした。一応天丼っぽい味がします。というよりも天つゆの味でした。考えてみると、海外で激甘のタレがかかったお菓子はたくさんありますが、甘辛いものに出会ったことはありませんでした。辛いか酸っぱいかしょっぱいか。大まかな味付けはこの3パターンかな、と思います。

日本では天丼に限らず、牛丼チェーン店でもちょっと甘いタレがかけられていますし、生姜焼きや照り焼きも国民食のごとくみんなに愛されています。ラオスで天丼を食べて、思いがけず日本の味って甘いものなんだ、ということに気づきました。

 

 海外旅行で日本食のススメ。



ラオスの天丼は確かに日本食で、でもちょっとラオスな感じがする不思議なものでした。でもなんだか新しいものを食べたような気がして、変な話が現地料理以上に記憶に残っています。

 

日本食なんて日本で食べたら良い、当然日本で食べたほうが美味しいじゃないか?と考える人もいるでしょう。僕自身そのように考えていましたし、実際日本で食べたほうがずっとクオリティが高いものが出てきます。そもそも海外では日本食を作るための材料自体手に入れにくい場合だってあります。それに、海外でちゃんと日本食レストランに入ろうと思ったら、現地料理を食べる以上にお金もかかりますから、海外での日本食体験は贅沢といっても良いものです。

それでも僕は、あえて日本食レストランに入ってみることをお勧めします。ラオスで天丼を食べてからというもの、僕は、海外で日本食を食べることに全く抵抗感がなくなりました。海外で食べる日本食は、確かに日本の味がするような気がするけどどこか違う、そんな面白さがあると知ったからです。日本で食べる日本食と海外で食べる日本食は別物です。日本で食べるものと比較すると非常に面白いですよ。

 

現在、日本食は世界中でブームになっています。世界の大都市で食べられるのは当然のこととして、かなりの田舎にも日本食レストランがあったりします。パーイ(タイ北部の町)の夜店でも色とりどりの「Sushi」が並んでいましたし、ネパールではポカラにもカトマンズにもありました。特にカトマンズの桃太郎レストランは大盛況でした。駐在の日本人が入り浸っているのではなく、現地の人でいっぱいなんです。

 

 


 

「海外旅行に行ったら日本食を食べない!」というこだわりを持っていませんか?僕自身、そんなこだわりを持っていました。それに今でも、海外での食事は基本的に現地の人と同じようなものを食べています。

でも今は、思いついた時にちょっとだけ日本食に挑戦したりします。海外の日本食は、日本では食べられない貴重な食事になると知っているからです。

 

みなさんも海外で日本食に挑戦してみませんか。きっと思いがけない発見が待っていますよ。

雨のち晴れ。お腹いっぱいご飯を食べて、明日も頑張りましょう。


投稿者: らぴ

旅とカメラと。NikonのD750と58mmf1.4、そして14-24mmf2.8が相棒。望遠欲しい。スポーツとか仕事についても書きます。 雨のち晴れ。いつかきっと晴れるよね。

“海外旅行で日本食を食べるのはアリかナシか?” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です