一眼レフ初心者が大三元レンズを買った理由!やっぱり良いものは良い!!

SHARE

一眼レフ初心者が大三元レンズを買った理由!やっぱり良いものは良い!!


写真大好きなみなさん、こんにちは!レンズは何を使っていますか?

ニコンユーザーのぼくは、D750に合わせて3本のレンズを使用しています。単焦点の大口径レンズと、大三元の広角・望遠です。

 

もともとはD5200ダブルズームキットを購入して、そこから大三元の14-24mm f/2.8を買い足し、更にD750と58mm f/1.4を同時に購入しました。望遠レンズは最近購入したものです。

海外旅行もこの3本で行きます。この3本のレンズですが、現在58mmf1.4が約18万円、広角14-24が約23万円、望遠の70-200が26万円となっています。つまり2本で67万円。高給取りならいざ知らず、かなりの大金です。しかも、広角の大三元を買った当時、まだ最初の一眼レフD5200を買ってからたったの1年でした。

初心者向けのカメラD5200から、一気にプロも使う高価なレンズの購入までジャンプアップさせました。今日は、「他にも素晴らしいと言われる安いレンズがたくさんある中で、なぜいきなり大三元を購入することにしたか?」についてお話します。


(所有レンズ)

・AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

・AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

・AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR(新型の方)

なぜレンズや本体を新調したか?

初めて一眼レフカメラを買ったとき、写りが綺麗で感動したのではないでしょうか?ぼくは本当に感動、感激しました。写したい被写体に近寄ってちゃんとピントを合わせると、オートでもちゃんと後ろがボケます。撮影後の画像を拡大しても細部までちゃんと写っている……これがすごく楽しかったわけです。

D5200を携えて海外にも行きました。最初にインドシナ半島を一周した頃は、オートで撮影しかしていませんでした。それでも以前使っていたコンパクトデジタルカメラに比べて断然綺麗に撮れるし、そのころの写真も旅の記憶とともに宝物になっています。当時のぼくは綺麗な写真がたくさん撮れたと思って大満足でした。

 

ところがしばらくすると「なんかもっと綺麗に撮れるようになりたい!」と思うようになります。ちょうどパキスタンへの旅行を計画している頃でした。パキスタンなんてそう簡単にいける国ではありませんし、せっかく行くのだからより納得感のある写真を撮りたいと思い始めます。

それに、旅をしているとプロカメラマンみたいな人と会うこともありますし、本を読んでみればすごく高いカメラが掲載されています。世の中には更にレベルが高い機材が存在し、その機材を使うことによって更に綺麗な写真を撮れるということに気づきます。

さらに、雑誌なんかに掲載されているいろんな作例を見ると美しさの具体的なイメージも湧いてきます。こうして「もっと綺麗に撮れるようになるには、機材を新調するのが手っ取り早い!」と思うに至ります。そして「写真はレンズで決まる」なんて話を聞いて、ぼくはレンズを新調することにしました。

大三元レンズ!?いきなりなぜ?

さて、レンズを新調するということまでは決まりましたが、世の中にはたくさんのレンズが売られています。ぼくの場合、最初に広角レンズが欲しいというところまでは決まっていました。海外の広大な風景を広くしっかりと記録に残したかったというのが当時の理由です。

しかし広角といっても、純正の大三元、小三元、その他レンズ、サードパーティー製など、候補はたくさんあります。

結局、ぼくはAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDという、いわゆる純正の大三元レンズを購入しました。D5200と大三元という組み合わせです。ぼくがこの大三元レンズを選んだ理由は簡単で「一番良いレンズだと言われているから」です。

 

いきなりパーソナルな話題になってしまいますが、ぼくはかつて本気でスポーツをやっていました(周りに世界大会代表がいるような場所です)。そこで学んだことの一つに、最高の結果を得ようと思ったら最高の努力をしなきゃいけない、というものがあります。これは生活の仕方やお金の使い方も含め全てに当てはまります。

ぼくの場合は陸上でしたが、これを道具の力が結果に直接反映されるようなスポーツを思い浮かべれば、より分かりやすいでしょう。たとえばボブスレーで勝とうと思ったら、あの乗り物の能力が非常に重要になるわけです。また、水泳では、新型の水着が登場したことによって多くの種目で世界記録が一気に更新された時期がありました。道具がパフォーマンスに与える影響はものすごく大きいわけです。

 

これと同じことは写真にも言えるはずです。より良い写真を撮ろうと思ったら、やはりより良い機材が必要になります。もし自分が持っている力を全て出した上で「最高の結果」を得ようとしたら、やはり「最高のレンズ」が必要になるのではないかと思います。だから「かなり良いレンズ」とか「コスパに優れたレンズ」ではダメなんです。

単焦点にするかズームにするかは多少悩みましたが、ズームにすると決めたら買うレンズは決まったようなもの。ニコンで最高のレンズの一つとされるAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDを購入することにしました。ニコンの中でも神レンズと称される最高のレンズのひとつですね。

 

この頃はまだ一眼レフに手を出してからたった1年。お金も大して持っていないのにそのタイミングで大三元、しかも純正のものを購入する人は少ないでしょう。サードパーティー製のものにも優れたものはありますからね。

しかし、今でも購入を決断して良かったと思っています。実際、パキスタンで風景を撮影しましたが、このレンズがあったことで、当時のぼくにとって非常にうまく写真が撮れたと思っています。

 

その後購入したAF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gについても、標準域の50mm前後の単焦点で一番良いものを買おうと思い、購入に至りました。特殊なレンズと言われますが、実際に使ってみてやはり素晴らしいと感じます。特に人物を撮ったときのボケがすごく綺麗です。

また、うまくはまったときの描写はびっくりするほどです。ぼくは海外旅行中、基本的にこのレンズをつけっぱなしにしていますが、旅レンズとして最高の1本です。目で見たものをそのまま、最高の状態で切り取ってくれます。

 

70-200も同様です。爆速のピント合わせ、美しく繊細な画像は、他のレンズの追随を許さないものです。望遠を買うならこの大三元レンズで決まりでしょう。

 


 

みなさんはどんな基準でレンズを選んでいますか?最高のレンズは値が張りますので、なかなか手が出せないものです。でも写りの素晴らしさは折り紙付きですし、買って後悔はしません。

へっぽこなぼくでも後悔しないんですから、みなさんが買っても大丈夫です。そんなわけで、みなさんも高いレンズを買いましょう!

雨のち晴れ。素敵な写真を撮りましょう!

 

(2016.11.14、2017.03.22リライト)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です