写真を頑張るなら「自称初心者」はやめなきゃ。

SHARE

写真を頑張るなら「自称初心者」はやめなきゃ。


あなたは初心者ですか?……といきなり言われたらどう答えますか?自分って初心者?それともベテラン?結構本気で頑張ってる人?プロを目指してる?

ぼくはいままで、自分のことを初心者とか素人と言ってきました。でも、これやめようと思ってます。写真について、陸上やってた頃くらいにきちんと頑張ろうと思ったからです。

 

 写真に対するぼくの気持ちの変化

 

この数年で、ぼくの身の回りは大きく変わりました。なんといっても大学まで取り組んでいた陸上競技から実質的に引退しました。そして、仕事につく前に旅に出ることにして、それをきっかけに一眼レフのカメラを買い、写真を撮るようになりました。

最初のうちはフルオート。構図についてネットでチラ見した記事を参考に、とりあえず三分割構図!みたいな感じでパシャパシャ。

 

それが旅をするうちに「もっと良い写真が撮りたい!」と思うようになって、カメラ雑誌や技術本を読むようになります。ちょっとずつ写真もうまく撮れるようになってきて、さらに良い写真を撮れるようになりたいと思うようになっています。

最初の頃は旅の思い出を綺麗に記録するためのものだったのが、徐々に写真それ自体に意味を見出すようになり、観る人の心を少しでも動かせるようなものを撮りたいと思うようになったんです。

 

でも、他の人みたいにカメラ機材に関する知識もないし、フォトショップやプリントも満足に使いこなせない。やっぱ自分は素人の域から出れないなぁ、と思っていました。

実際すごく上手な人はいくらでもいるし、そんな人たちがたくさんいる中で自分のことを初心者以外の言葉で表すことがなんとなく憚られたんです。

 

 自称初心者は自分への甘えだと思った

 

写真に取り組んでみて、「すごいなぁ」と思えるような人にたくさん会いました。そして、今もその人たちに比べたら自分なんてヘタクソです。

でも本気で写真頑張ろうと思うなら、いつまでもそんなこと言ってられません。「すごいなぁ」だけでは一生追いつけないままに終わってしまいます。せっかくやるならそれは嫌なわけですよ、もともと負けず嫌いですし。

 

本当に好きな人や本気の人は、機材にお金は惜しみませんし、たくさん勉強もしています。有名な人の写真集から学んだり、写真展にも足を運びます。自分に与えられた時間を何に使うかは人それぞれに裁量があるわけですが、自分の限られた時間を写真に使う割合が圧倒的に高いと思っています。

ひるがえって自分を客観視してみると、写真は好きだけど勉強も金銭的・時間的投資もまだまだです。陸上をやっていた頃の本気具合に比べたら、気持ちもどこか逃げ腰だなぁ、と自覚しています。すごい人ががんがん自分の持つリソースを写真につぎ込んでいる中で、たいしたことないぼくがそれすらやっていないなら、勝負にならないですよね。

 

陸上に関して自分は結局三流で終わってしまいましたが、そのときでさえ、ほとんど一日中競技で強くなることを考えていました。それくらいやってもかなわないことだってあるんですから、中途半端な気持ちでやっていたら絶対に他人より上手くはなれないわけです。

初心者と言っておけば下手でも仕方がないという自分に対する言い訳じみた気持ちがあることも否定できません。自分はカメラ頑張っていてお金も使っている!と言いながら下手なのはなんとなく格好悪い気がしますし。

でも、最初はそれでも良いかな、と。そこから少しずつでも良いものを撮れるようになれば。ずっと下手なままより、最初は下手でも徐々に上達していくほうが余程良いと思っています。

 

そんなわけで、まずはちゃんと勉強します。本も読むし、出不精でも写真展やら機材ショップやらに足を運びます。せっかく仕事をしてお金が手に入るようになったので、必要な機材は変にケチらずに揃えようと思います。

もちろん撮影にも出かけます。今までは海外でのスナップばかりでしたが、日本国内の風景写真も積極的に撮り始めます。それにコンテストにも出品します。がんばらなきゃ。

 


 

やるだけやってダメならそれはしょうがないと思うんです。でも出来る限りの事をしないままにしているのは勝負から逃げているようなものですよね。これは自分のことを初心者と言っている自分がまさに当てはまるものでした。

これからはもう、自分のことを初心者というのはやめにして、自分で自分を追い込んでいこうと思います。もともとMっ気ないと陸上なんてできないんだし、その気質をここから生かしていきます!笑

 

柄でもなく、ちょっと意識たかそうなことを書いてしまいました。普段はくずですが、くずでも頑張る時は頑張ります。せっかく頑張れそうなものを見つけたんですから。そんなわけで、たまには自分語りも許してください。

雨のち晴れ。反省して次につなげよう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です