甘孜で美しい山々と自然なチベット世界を満喫!問答風景も!

SHARE

甘孜で美しい山々と自然なチベット世界を満喫!問答風景も!


さて、成都から康定へ、そしてそこからさらに朝6時発のバスに揺られること9時間。今回の東チベット旅行の起点となるまち、甘孜(ガンゼ)に到着です。

中国に来る前は、生徒から色達(セルタ)に行ってラルンガルゴンパを見たいと思っていたのですが、成都についてすぐにラルンガルは無理そうだと言われたので、とりあえず行き先をガンゼにしたのです。ガンゼからであれば比較的色達にも行きやすいし、亜青(アチェン)にも簡単に行けます。

例によってこの町もアチェンに行く前の中継地点にみなされる節があるのですが、ガンゼはとっても魅力的です。風光明媚だし、お寺も旧市街も素敵、さらに温泉まであるという素晴らしい町です。ぼくは特に温泉が面白かったのですが、これは別にページを設けてご紹介します。標高3300mの温泉、良いですよー。

 甘孜を歩こう、右往左往。

 

ガンゼの高速バスターミナルは町の真ん中だから楽チン……と思いきや、ぼくが到着する2日ほど前にバスターミナルが移転されていました。場所は中心から1キロくらい離れたところでしょうか。東のはずれにあります。だからバスを降りたらバス停から左に曲がってずっとまっすぐ歩いていく必要があります。まっすぐ歩いていけば中心街っぽいところに出ますので、誰でもそこが中心だろうことがわかるはずです。

バス停からちょっと歩き出すと、そこはすでにチベット世界。たくさんのお坊さん達が町中をごくごく自然に歩いています。観光地でもないこの土地は、こうしたチベットの人々の自然な姿を見ることができる点が何よりの魅力でしょう。小さな商店が並んでいますが、チベット僧向けの僧衣店もちらほら。

 

中心街から南に行くと、吊り橋がかかっています。今でも現役で地元の人たちの交通路として使われていて、徒歩はもちろんバイクの人もたくさん行き来しています。吊り橋にはタルチョがくくりつけられ、周囲には雪を戴いた山を望むことができます。まさにチベット圏という雰囲気が出ていて、非常に美しいです。吊り橋の向こう側には小さな村々があり、いくつかゴンパもあるそうです。

自分は今回、渡ってすぐの集落をうろついただけでしたが、次は周辺のゴンパも回ってみたいと思っています。できるだけ観光っぽくない、自然なままの場所に行ってみたいんです。 

 

 問答風景が見れるガンゼゴンパ!+α

 

ガンゼの見所として外せないのがガンゼゴンパでしょう。ラルンやアチェンに比べれば当然規模は劣るわけですが、ぼくが今回行った中で、非常に良かったと思ったのがこのガンゼゴンパです。ぼくは17時頃行ってみたのですが、ちょうど祈りの最中でした。寺院の座主をみんなで囲む形で読経しているときの姿、そして音は壮観です。ラダックでも見たことがありましたが、何度見てもすごいと思えます。

読経が終わって自分も20分程度うろうろしていたら、今度は問答を始めました。チベットの修行って問答なんですよね。2人一組になって、片方が謎を問いかけてもう片方がそれに答える。そんなことを繰り返していました。チベット語がわからないぼくは何を言っているのか理解できませんでしたが、多勢の僧侶が一斉に問答を始めると、その光景に見入ってしまいました。

片方があぐらをかいて座り、もう片方が大きな身振りで謎を解く。そんな光景が延々と続いています。ぼくは夢中でシャッターを切り続けました。背後にそびえる山々が、問答の雰囲気をより一層際立たせます。

ガンゼゴンパの問答

ガンゼゴンパの問答

ガンゼのもう一つのゴンパといえば、デンゴンパ。こちらは街中にあることもあり、地元の人々で賑わっています。街中にあるにしては立派で、たくさんの人がコルラしています。また、五体投地をする場所も設けられていて、おばちゃんやおばあちゃんが熱心に祈りを捧げています。こちらは気軽に行ける場所にあるので、見ておいて損はないでしょう。

ちなみに、このデンゴンパに入っていくための道の入り口あたりがアチェンガルゴンパ行きのシェアタクシーの乗り合い場所です。大きな声で「ヤチン!(アチェン)」と言っているのですぐにわかるでしょう。

 

 旅行の定番、夜市もある!

 

ガンゼには夜市もあります。正直、お土産的なもので魅力的なものはないですし、そもそも観光客向けではなくて地元の人向けな感じがあります。

たくさんのアクセサリーや小さな雑貨を売る店、果物屋さん、そして串揚げの店なんかが並んでいます。串揚げは安くて美味しいですよ。自分は温泉に行った後に超市でビールを買い、そのビールを飲みながら串揚げを食べました。

串揚げの種類はたくさんあるので、選ぶのも楽しい!安いものから高いものまで組み合わせて、自由に食べられるのもまた魅力。いくら食べてもたいした額になりませんから、思い切って好きなものを好きなだけ食べられます。

 


ガンゼはカンディンと同様、アチェンガルゴンパに行くために1日滞在するだけの場所と捉えられてしまう傾向にあるわけですが、実際には、かなり風光明媚な場所ですし、派手さはないですが見るべき場所はたくさんあります。チベット文化圏の濃いところが自然な形で残っているので、そんな雰囲気を味わいたい人にはぴったり。

アチェンガルゴンパは標高が3900mもあり、高山病になり易い場所です。少し体を慣らす意味でも、ガンゼに滞在してみるのも良いでしょう。

 

雨のち晴れ、明日はきっと晴れるよね。


1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です