甘孜で温泉!東チベットの個室風呂で「い〜湯だな!」


甘孜で温泉!ということで、ガンゼの温泉を紹介します。短期旅行で標高3300mの土地まで来てわざわざ温泉に入るなんて、よほどの物好きですね。でも温泉大好き!い〜湯だな!

ぼくは行くまで日本の温泉をイメージしていたんですが、実際に行ってみたら全然違う。これがまさに異文化か!と新鮮な驚きがありました。そこまで温泉が好きってわけではない人も、異文化を学ぶつもりで行ってみると面白いですよ。

 

 いざ温泉!これが中国の温泉だ!

 

ガンゼの温泉は、白塔公園のすぐ近く。中心街からは東に15分くらい歩くことになります。それほど遠いわけではないですが、夜になるとちょっと怖いですね。

ここ、中国では有名な温泉街だとか。確かに何件も温泉が並んでいて、温泉宿になっているところもあれば、日帰り入浴を楽しむ施設になっているところもありました。地元の人に「オンチェン!」と言ったり、文字を書いて見せれば誰でも分かってくれます。

 

外観は……アイキャッチのものです。なんと全て個室になっています。個室がずらりと並ぶ様子からは、刑務所を思い起こさせます(入ったことないけど)。個室になっているのは、それぞれ周りを気にせずくつろぐためでしょうか?ニーハオトイレを使っている中国の方が裸を恥ずかしがるとも思えないですし。

 

料金は15元。最初おっちゃんが20元と言ってきましたが、子供に聞いたら15元だと言っていたので15元支払って入浴することに。さて、中を覗いてみましょう。

s_dsc_9434

こんな感じです。広さはシングルベッド一つ分くらいでしょうか。結構広いです。料金を支払ってからお湯をためてくれるので、お湯自体はすごく綺麗です。硫黄の泉質だというのが臭いからすぐにわかります。また、水で薄めながらお湯を張るので、自分好みの温度に調節可能です。

s_dsc_9436

浴室内にはベンチとサンダルが。この構造はどこの温泉も変わらないようでした。ちなみに脱衣所はないので、服を脱いだらこの上にのっけておきます。当たり前ですがすごい湿度なので、若干カメラが心配でした……。

s_dsc_9437

ムード作りでしょうか。浴室の天井には何やら草の飾りが。全く素敵だとは思いませんでしたが。これなら日本の銭湯みたいに壁に絵でも書いた方が良い気がするのはぼくだけでしょうか?非常にあやしげな雰囲気です。

 

とまあ、「え!?これが温泉?」という雰囲気のガンゼの温泉。しかし実際に入ってみるとものすごく良い。ぼくが温泉に行ったのはアチェンガルゴンパから帰って疲れ切った状態だったのですが、全身がほぐれていくのが分かりました。

しかも何気に貸切の温泉なんて初めて。浴室内の雰囲気はイマイチですが、温泉自体は気持ち良いし、気分上々です。はしゃいでちょっと泳いじゃいました……。

 

基本的にはどこの温泉も同じ構造ですが、椅子がアルミ製のものになっていたり、少しだけ違いがあるようです。話によると、トイレ付きの浴室もあるとかないとか。安ければ温泉付きのホテルに泊まってもよかったなぁ、なんて思いました。

 

 帰ったらビールと串揚げで。

 

温泉に入って気分良くなったら、帰ってビールに決まりですね。

自分が温泉から出たときには真っ暗で途方にくれたのですが、たまたま近くを通った軽トラにお願いして街まで乗せて行ってもらいました。所要3分。あっという間です。兄ちゃん姉ちゃん、乗せてくれてありがとね。

ちなみにこの一帯、温泉街であることは間違いないのですが、日本で考えるような観光っぽい雰囲気はありません。薄暗くてあやしくて、なんというか廃れたラブホが立ち並んでいるような雰囲気です。てか文字通りここ、個室付き浴場じゃん。

 

さて、ここからは超市でビールを買って夜市で串揚げ。温泉で程よく水分が抜けた体にビールが沁み渡ります。東チベットで一番幸せな瞬間でした 笑 ビールを楽しんだらホテルに帰って早く寝ちゃいましょう。

 


わざわざ中国の奥地まで旅をして温泉かよ!と思うかもしれません。でも入ってみて後悔なしです。最近は撮影に真剣に取り組んでいるので、旅行も楽しみ半分、きつさ半分という感じですが、温泉は写真のことを気にせずに楽しめます。

東チベットはガンゼ以外にも各地に温泉があるようです。せっかく東チベットに行ってみたら、ぜひ一度挑戦してみてください。

 

雨のち晴れ。いつかきっと晴れますように。

↓ガンゼの町についてはこちらをどうぞ。

ガンゼで美しい山々と自然なチベット世界を満喫!問答風景も!

 


投稿者: らぴ

旅とカメラと。NikonのD750と58mmf1.4、そして14-24mmf2.8が相棒。望遠欲しい。スポーツとか仕事についても書きます。 雨のち晴れ。いつかきっと晴れるよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です