台北に深夜着で行ってみた!一部始終をレポート。

SHARE

台北に深夜着で行ってみた!一部始終をレポート。


日本から近く、手軽な海外旅行先として大人気の台湾。九份や故宮博物館、それに最近では台湾のウユニなんて言われる場所もあったりで、見所もたくさんです。

そんな台湾には、日本を夜に出発して、台北に深夜に着く便が結構ありますよね。今回ぼくが台湾を旅した際も、こうした航空便を使いました。

でもなんとなく「着いてからホテルとかどうするんだ?」「深夜に着くのってなんとなく不安」ということもあるでしょう。そんなわけで、今日はぼくが台湾に深夜発・深夜着で行ったときのことをレポートします。

 仕事が終わったら成田空港へ。いざ深夜便!

今回、ぼくは格安と言われるLCC航空バニラエアを使いました。バニラエアは格安航空ですので、成田の第3ターミナルからの出国になります。出国は22時でしたので、2時間前に空港に着いているように調整すると、20時に成田着です。

 

都内から成田までは1時間以上。仕事が終わるのが18時過ぎですから、ほとんど余裕がない中で、仕事が終わったら電車に飛び乗るイメージでした。あらかじめ職場の人には台湾にくことを伝えてあって、この日だけは何があっても定時で上がれるようにお願いしておいたので、少しばたついていましたが、何とか職場を脱出することに成功しました。

そのあとは順調に電車を乗り継ぎ、20時30分頃成田に到着。予定よりも少し到着が遅れましたが、1時間30分前の到着であれば問題なしです。

チェックイン、そして出国前にちゃんぽん麺を食べて準備は万端。LCCだと機内食が出ないので、出発前にしっかりと腹ごしらえする必要があります。しかも到着が深夜になりますから、そこからご飯を食べに行くのはしんどいはずです。

そんなわけで、無事22時に出国しました。

 台北・桃園国際空港に到着!そして入国

さて、ちょっと狭くて椅子が硬いバニラエアでしたが、時間通り無事に台湾到着。バニラエアは大手航空会社に比べて快適性は劣りますが、安さを考えると非常に使える航空会社でした。特に台湾は日本から近い国ですから、多少快適性が他社に劣っていても我慢できます。

入国審査は長蛇の列で、少々時間がかかりましたが、それでも30分も使わなかったと思います。ネパールでたった20人くらいの列に1時間以上かかったことや、パキスタン入国で5人くらいに2時間かかった経験に比べれば、比較的スムーズだったと割り切れます。

 

さて、ここからが問題です。両替してバスを探し、宿まで辿り着かなければなりません。バニラエアの格安プランで渡航したので、ぼくの場合は荷物の受け取りは不要。全て自分で携帯していたので、入国してすぐに両替所を探すことにしました。

ちょっと探してみただけで見つかりました。荷物受取場所のすぐ近く。しかし皆がその場所に殺到していたので、ひとまずスルー。少し発展した国であれば、だいたい空港内に数カ所両替所があると踏んでいました。予想通り、荷物受け取り場所を完全に出たところに、数人しか並んでいない両替所がありました。もちろん、並んでいる人数が少なくてもやっていることは同じ。無事に両替ができました。

 

次は宿までの移動です。ぼくは台北中央駅の近くに宿を取っていたので、ひとまず台北中央駅まで行く必要が有ります。バスがあるのは知っていたので、高速バスターミナルを探します(現在は空港からの鉄道も開通している模様)。

両替所から下っていくと、バスのチケットを買える場所を発見。ここでタクシーが客引きをしていましたが、「バスで行くから」とやんわりとお断りしてチケットを購入。125元だったので、だいたい500円。バスはチケット売り場のすぐ目の前にあるので、迷うことはありません。あとは終点の台北中央駅まで30分くらいのんびりするだけ。座席には充電できるコンセント差し込み口があったので、携帯を充電しておきました。

 深夜の宿探し!ぼくの宿はどこ!?

さて、台北中央駅に到着したら、今度は宿まで辿り着かなければなりません。初日の夜だけはあらかじめ予約しておいたのですが、バスターミナルからの行き方がどうにも分からない……。結局、目的地がどこにあるのかコンビニの定員さんなどに聞きながら何とか到着。約30分を費やしてしまいました。

 

荷物も持っていたし、仕事の疲れや飛行機での浅い眠りもあって、疲労困憊状態。深夜の宿探しはなかなかハードでした。いつもの癖で自力で宿を見つけようとしてしまいましたが、初日に駅の近くに泊まるならタクシーを使ったほうが賢いかもしれません。自分の力で探し出すと、だいたい周辺の位置関係を覚えることができるというメリットはありますが、ある程度は翌日に宿の人に聞けばわかる話です。

 

ちなみに、今回深夜着で泊まった宿は「スペースイン(Space Inn)」。直前の予約で2000円もしなかったと思います。こちらは深夜着でもちゃんと受付が対応してくれて、スムーズに休むことができます。

シャワールームやトイレも綺麗ですから、日本人の観光客に好評のようです。ぼくは夜中の3時頃に到着しましたが、そこからシャワーを浴びることも可能。WiFiも完備されていて、非常に快適です。一緒に行った綺麗好きの友人でも問題なく使える宿でした。バックパッカーを繰り返していると、多少汚い宿でもなんとも思わなくなりますが、それでも綺麗な宿に当たると「ラッキー!」と思いますよね。

駅からも近く快適ということで、次回台湾に行く際にも使おうと思います。

 


 

ミャンマーに行ったときは、深夜着の飛行機だったのですが、そのときは空港から宿までエアポートタクシーで行けたので楽チンでした。それに比べ、今回の台北は若干ハード。でも、一度やってしまえば次はスムーズに行けると思います。

 

深夜着だと、頑張れば次の日は朝から台湾を巡ることができます。時間的な効率は良いですね。ぼくも今回一度台湾への深夜便を経験したので、次はスイスイと移動できるはずです。深夜でもチェックインできる宿をあらかじめ予約しておけば、到着してから宿に困ることもありません(ということで、深夜着になるときはあらかじめ予約しておき、住所をメモしておくことをお勧めします。)。

あなたも一度深夜着で台湾に行ってみてはいかがでしょうか。

 

雨のち晴れ。明日はきっと晴れますように。

 

台湾旅行のまとめはこちら↓

九份・故宮博物館・平渓線@台湾:たまには観光旅行も悪くない!

2017.0909リライト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です