フォトコン応募の年間スケジュール!でっかい賞を狙ったれ!


フォトコンにどんどん出品していこうと心に決めたぼくですが、今後具体的にどこに何を出していくのか、具体的にスケジュールを立ててみました。

 

フォトコンって意外とスケジュール感が大切だと思うんですよね。なぜなら、一度フォトコンに出した作品は、入賞か落選かが確定するまで他のコンテストに出品できないからです。自信作については、何度かコンテストに挑戦させたいと思うものですから、できる限りチャンスが多くなるように調整してあげる必要があります。

 

そんなわけで、今日はぼくの年間スケジュールを公開します。ライバルが増えると自分の入賞可能性が低くなりますが、レベルの高いところで切磋琢磨していかないと、すぐに限界がきてしまいますからね。

出し惜しみはしない、これ大事(だからみんなも有用な情報を公開して!)。

 フォトコン年間スケジュール!

そんなわけで、フォトコンのおおよその年間スケジュールです。出すか出さないかは後から決められるので、少し幅広です。

ちなみに候補を先行する際の基準は、レベルが高いこと。小さなフォトコンテストで入賞して少しずつ自信をつけるのも大切ですが、ぼくは一気に階段を駆け上りたいです 笑

【年間予定!】

  • ソニーワールドフォトグラフィーアウォード 〆1月上旬
  • jpsフォトコンテスト 〆1月中旬
  • ニコンフォトコンテスト 〆2月下旬
  • ピクトリコフォトコンテスト 〆1月中旬
  • 明治安田生命 マイハピネス 〆1月下旬
  • 日本の自然フォトコンテスト 〆3月末
  • 清里フォトアート ヤングポートフォリオ 〆5月中旬
  • 三井住友 日本の風景 〆5月下旬
  • フォトシティさがみはら フォトコンテスト 〆6月末
  • ニッコールフォトコンテスト 〆7月中旬
  • ナショナルジオグラフィックトラベラー 〆7月?
  • 名取洋之助写真賞 〆8月中旬
  • キャノンフォトコンテスト 〆8月下旬
  • 上野彦馬賞 〆9月中旬
  • 日ミャンマー交流写真展 〆10月中旬
  • 日経ナショナルジオグラフィックフォトコンテスト 〆10月下旬
  • エプソンフォトコンテスト 〆12月上旬
  • 土門拳文化賞 〆12月
  • エモンアウォード 〆12月上旬

 

実際にこうやってフォトコンを並べてみると分かりますが、年末年始と夏に偏っていますね。やはり直前になって焦るより、前々から準備をしておいたほうがよさそうです。下線は特に重視していこうと思ってるやつです。そしてやっぱりニコンユーザーとしてニコン系のフォトコンテストは外せませんね!

また、これだけで19個もあるということは、フェイスブックなどのSNSで募集している小規模なコンテストも含めると、年間20を超えます。すると月に2つくらいの頻度です。かなりタイトなスケジュールですね……。

また、ポートフォリオレビューや雑誌で募集しているポートフォリオの提出まで含めると、さらに数は増えていきます。結構選んでもこのくらいの数になるので、本当に想像以上です。

 特に狙いたいフォトコンとか!

今年初めて大きなフォトコンに出してみたんですが、今後も大きなものを狙い続けます。日経ナショジオや名取洋之助とかに全力を注げるくらいの実力をつけていくことが大切ですね。

また、ニッコールフォトコンテストやキャノンフォトコンテストを始め、若者部門があるフォトコンテストも少なくないです。そういったもので積極的に上位を狙っていこうと思います。

 

今回、ぼくは幸運にもフォトコンで賞をもらうことができたんですが、やっぱり上位作品とは差があるな、とも感じました。個展なら話は別でしょうが、フォトコンという競争の場になると、第一印象でぐっと迫ってくるものが必要になりますね。見ているうちにじわっとくるような作品は、別の機会にとっておこうかな、と。

これからしばらくは、写真を撮ることもしつつ、作品の研究などにも時間を割いていこうと思います。仕事でもなんでもTPOが重要と言われますが、そもそもフォトコンってどういうものなのか、評価されるにはどうすれば良いのかについても考えなきゃいけないですね。

 

そういったことができるようになれば、自分が好きで撮りたいものを撮るときにも、技術や感性の幅が広がるのではないでしょうか。

何事も上手く活用していくことが大事ですよね。今はフォトコンで腕を磨く時期として、全力で賞を取りに行こうと思います。←ここで宣言して逃げ道を絶っておく。

 


 

フォトコンって探すまでが大変ですが、いざ探してみると結構たくさんあって、それはそれで選択に苦労したりします。新しく見つけて突発的に出したくなるものがあるのは良いと思いますが、その前にだいたいのスケジュール感を抑えておくと、写真の選別から現像・レタッチまで計画的に行えるようになるのではないでしょうか。

ぼくも今後、このスケジュールを随時更新して、自分にあったものにしていこうと思います!

雨のち晴れ。明日はきっと晴らしてやる!

 

↓フォトコンまとめはこちら

フォトコン入賞大作戦!コツを全部まとめてみた!!

 

リライト 2017.3.21


投稿者: らぴ

旅とカメラと。NikonのD750と58mmf1.4、そして14-24mmf2.8が相棒。望遠欲しい。スポーツとか仕事についても書きます。 雨のち晴れ。いつかきっと晴れるよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です