→【まとめ記事】旅のまとめ!僕が訪れた素晴らしい国と地域

フォトコン応募の年間スケジュール!でっかい賞を狙ったれ!

写真コンテスト、通称フォトコンにどんどん出品していこうと心に決めたので、今後どこに何を出していくのか、具体的にスケジュールを立ててみました。

 

フォトコンにおいてスケジュール感はすごく大切です。なぜなら、一度フォトコンに出した作品は、入賞か落選かが確定するまで他のコンテストに出品できないからです。自信作については、何度かコンテストに挑戦させたいと思うものですから、できる限りチャンスが多くなるように調整してあげる必要があります。

 

そんなわけで、今回は僕の年間スケジュールを公開します。ライバルが増えると自分の入賞可能性が低くなりますが、レベルの高いところで切磋琢磨していかないと、すぐに限界がきてしまいますからね。出し惜しみはしない、これ大事。

フォトコン年間スケジュール!

そんなわけで、フォトコンのおおよその年間スケジュールです。出すか出さないかは後から決められるので、少し幅広です。

ちなみに候補を先行する際の基準は、レベルが高いこと。小さなフォトコンテストで入賞して少しずつ自信をつけるのも大切ですが、僕は一気に階段を駆け上りたいです 笑

【年間予定!】

  • ソニーワールドフォトグラフィーアウォード 〆1月上旬
  • jpsフォトコンテスト 〆1月中旬
  • ニコンフォトコンテスト 〆2月下旬
  • ピクトリコフォトコンテスト 〆1月中旬
  • 明治安田生命 マイハピネス 〆1月下旬
  • 日本の自然フォトコンテスト 〆3月末
  • 清里フォトアート ヤングポートフォリオ 〆5月中旬
  • 三井住友 日本の風景 〆5月下旬
  • フォトシティさがみはら フォトコンテスト 〆6月末
  • ニッコールフォトコンテスト 〆7月中旬
  • ナショナルジオグラフィックトラベラー 〆7月
  • 名取洋之助写真賞 〆8月中旬
  • キャノンフォトコンテスト 〆8月下旬
  • 上野彦馬賞 〆9月中旬 →不開催になった模様
  • APA AWARD 〆9月下旬
  • 日ミャンマー交流写真展 〆10月中旬
  • 富士フィルムフォトコンテスト 〆10月中旬
  • 日経ナショナルジオグラフィックフォトコンテスト 〆10月下旬
  • 国際写真サロン 〆10月末
  • エプソンフォトコンテスト 〆12月上旬
  • 土門拳文化賞 〆12月
  • エモンアウォード 〆12月上旬

 

実際にこうやってフォトコンを並べてみると分かりますが、年末年始と夏に偏っていますね。やはり直前になって焦るより、前々から準備をしておいたほうがよさそうです。

また、フェイスブックなどのSNSで募集している小規模なコンテストも含めると、年間20を超えそうです。すると月に2つくらいの頻度です。かなりタイトなスケジュールですが、特に狙いたい物を重点的に、それ以外はライトにトライするつもりですので、実際の負担感はそれほど大きくないように思います。

また、ポートフォリオレビューや雑誌で募集しているポートフォリオの提出まで含めると、さらに数は増えていきます。結構選んでもこのくらいの数になります。

 特に狙いたいフォトコンとか!

今年初めて大きなフォトコンに出してみたんですが、今後も大きなものを狙い続けます。日経ナショジオや名取洋之助とかに全力を注げるくらいの実力をつけていくことが大切ですね。

また、ニッコールフォトコンテストやキャノンフォトコンテストを始め、若者部門があるフォトコンテストも少なくないです。そういったものはある種チャンスが他に比べても大きいと考えられますので、積極的に上位を狙っていこうと思います。

 

僕は幸運にもフォトコンで賞をもらうことができたんですが、やっぱり上位作品とは差があるな、とも感じました。個展なら話は別でしょうが、フォトコンという競争の場になると、第一印象でぐっと迫ってくるものが必要になりますね。見ているうちにじわっとくるような作品は、別の機会にとっておこうかな、と。

これからしばらくは、写真を撮ることもしつつ、作品の研究などにも時間を割いていこうと思います。仕事でもなんでもTPOが重要と言われますが、そもそもフォトコンってどういうものなのか、評価されるにはどうすれば良いのかについても考えなきゃいけないですね。

 

そういったことができるようになれば、自分が好きで撮りたいものを撮るときにも、技術や感性の幅が広がるのではないでしょうか。

何事も上手く活用していくことが大事ですよね。今はフォトコンで腕を磨く時期として、全力で賞を取りに行こうと思います。


 

フォトコンって探すまでが大変ですが、いざ探してみると結構たくさんあって、それはそれで選択に苦労したりします。新しく見つけて突発的に出したくなるものがあるのは良いと思いますが、その前にだいたいのスケジュール感を抑えておくと、写真の選別から現像・レタッチまで計画的に行えるようになるのではないでしょうか。

今後、このスケジュールを随時更新して、自分にあったものにしていこうと思います!雨のち晴れ。明日はきっと晴らしてやる!

 

↓フォトコンまとめはこちら

フォトコン入賞大作戦!コツを全部まとめてみた!!

 

リライト 2017.3.21、0904、1115

2 Comments

平山 弘

フォトコン上位入賞すればよいですね。メジャーコンテストの上位入賞なんて、運です。考えて対策を練るなのは、意味がないと思います。賞金は、嬉しいですね。あの大きな盾や、トロフィーは何とかならない物かと思います。人にあげる事も出来ないし、ゴミに出すのも・・・粗大ごみです。賞金は、貰うけど盾はいらないなんて事も言えないし・・・
表彰式来いと言われても、地方からでは旅費・時間が大変で・・・
ニコンは、上位入賞は招待、キヤノンは実費・・・
組写真トライする事には、大賛成。単写真しかとらない者は、組写真は作れない。
組写真を撮る者は、単写真も撮れる。
所詮、コンテストも自己満足でしかないのです。
現在の写真は、撮る事よりもどれだけ仕上げられるかが重要となっていると思います。上位入賞には、最新のプリンターが必要?プリンターは、10年前には完成されています。だから、今もPro9000MarkⅡを使ってます。
染料は、保存性が悪いなんて・・・コンテストに出すのであれば、極端な話、3か月持てばいいんです。
ピクトラン、バライタは、すごくいい紙ですね。
他に良いのは、ピクトリコホワイトフィルム、月光パールラベル、キヤノンプラチナグレードかな。
コンテストは、規格最大サイズで出すことが大事です。
殆どのコンテストは、ワイド4切りまでとなっておりますが、B4の用紙は殆どありません。私の仲間は、A3から切り出しております。
写真上達は、上手な人と一緒にやる事です。下手なグループに入ると、下手がうつってしまします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です