助けて、仕事辞めたい。残業や長時間労働の結末。


むちゃくちゃ疲れているので、もっと疲れていた時の話を書いて、今はまだマシだと思えるようにします。

そんなわけで、今も似たような時は結構あるんですが、ぼくが「死ぬほど」働いていた時のことと、そのときどうなっていたかを書き残しておきます。これは果たして夢か現か。神のみぞ知る。

 だいたいどれくらい働いていたか?

一番ひどいときで、毎日朝8時→朝3時くらい。つまり19時間職場にいる……ではなくて、さらに泊まり込みになるので24時間職場にいました。これが数ヶ月にわたって続きました。

残業時間は過労死ラインをあっさりと、まさに跳び越えています。しかも残業代は実際の残業時間の半分どころか、5分の1か6分の1しかつきません。そんじょそこらのブラック企業には負けません。

定時を過ぎてからの至急対応なんて当たり前。だからどれだけ効率よく定時内の業務を頑張っても結局早く帰ることはできません。仕事の中身もいわゆるクリエイティブなものではなく、ひたすら単純労働。やりがいは皆無。

暇で単に職場にいれば良いってものではありません。やってもやっても終わらない仕事。お先真っ暗とはこのことか、という感じです。

 残業は心も体を蝕んでいく

まずは初期症状。常にイライラしています。集中力は散漫になり、他人への寛容性が失われていきます。自分の失敗にもイライラするのは当然で、自分のことがすごく嫌になります。通勤途中に死にたいとかぶつぶつ言い出します。

徐々に頭痛も始まります。瞼が痙攣するとともに、四六時中頭痛がおさまらなくなります。そもそも寝不足なので、一日中眠いのは当然です。

 

さらに、胸も痛み出します。恋ではないです。手足に痺れも出始めます。なぜか咳き込むようになり、それがどんどんエスカレートします。1分間に十回ではたりず、多分1日に1000回を優に越していたと思います。肺は疲労し、ボロボロになります。病院で肺の年齢がおかしいと言われます。

疲労により免疫力が低下しているので、病気になりやすくなります。帯状疱疹になることもあります。咳と帯状疱疹のダブルパンチです。目は虚ろになります。

 

助けて。仕事辞めたい。

何度そう思ったことか分かりません。でもそれも、疲労が限界を超えるとなくなります。そして、通勤中に死にたいと言う回数が劇的に増加します。思うんじゃなくて、自然と口から出てしまうんです。当然、通行人はぎょっとした目でこっちを見てきます。完全に心を病みます。

もともと痩せているにもかかわらず、さらに痩せます。仕事を始めてからマイナス8キロ。周りの人からは栄養失調で死にそうな人みたい、と言われて心配されます。体はやせ細っていくのに、逆に血圧は順調に上昇します。

 人は何のために生きているのか?

心からこう思うようになりました。毎日仕事だけをして、他に時間をとることなんてできない。土日は死んだように眠る。これが人生?なんのために働いているんだろう?働いたところで誰の役に立つのだろう?

どれだけ慢性的に人不足でも、一向に改善される気配がない職場。これがぼくたちが生きる二十一世紀?先進国と呼ばれる日本?こうなることを誰が望んだ?ぼくたちは次の世代に、こんな日本を残すの?もはやホラーの世界ですね。読んで後悔したでしょう?

 


 

働くのはほどほどに。少なくとも体を壊しちゃ後悔しますよ。そんなわけで、仕事はほどほどで、旅して写真を撮ろう。

雨のち晴れ。そう思わなけりゃやってられないよね!


投稿者: らぴ

旅とカメラと。NikonのD750と58mmf1.4、そして14-24mmf2.8が相棒。望遠欲しい。スポーツとか仕事についても書きます。 雨のち晴れ。いつかきっと晴れるよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です