ふるさと納税って知ってる?絶対お得っすよ

SHARE

ふるさと納税って知ってる?絶対お得っすよ


ふるさと納税って名前くらいは聞いたことありますよね?でも意外と仕組みのことまでは知らなかったり、半分くらい知っていて「面倒臭そう」と思ったりしていませんか?

実はこの制度とっても簡単!そしてかなりお得な制度です。ぼくも去年、今年と2年連続で制度を使っています。使わにゃ損なこの制度、今更ですが紹介します。

どんな制度?20代でもできる?

ふるさと納税という制度、これは地方自治体にふるさと納税として寄付をするとお礼の品がもらえる、しかも寄付金額のほとんどが後で戻ってくるという制度です。もう少し正確に言うと、2000円を除いて、寄付金分が住民税から控除されるんです。つまり実質的な負担は2000円。

 

もちろん、行政の制度ですから無制限にということではなく、それぞれの所得に応じてふるさと納税制度を使える上限は決まっています。それでも、何も高収入の人だけが使える制度というわけではなくて、ぼくたちのような若者でも十分に使える制度だと思っています。20代で収入がそれほど多くなくたって大丈夫です。

ぼくも今年、3つの自治体に寄付をし、日本酒とお米をもらうことができます。日本酒が1升瓶2本、それにお米25キロです。1万円の寄付でお米10キロなんていうのはザラで、頑張っている自治体は素晴らしいお礼を用意してくれています。大体3万円寄付したとしたら、2000円の負担で米30キロはもらえる計算になります。お米30キロを買おうとしたら、1万円くらいはする計算になりますから、だいぶお得です。

 

よく勘違いしている人がいるんですが、この制度で寄付ができるのは、別に自分の出身自治体に限りません。全国どこの自治体だって良いのです。ですから、世の知っている人たちは、自分が欲しいお礼の品を提供してくれる自治体に積極的に寄付をしています。

ぼくはお酒やお米をもらいましたが、お礼の品は自治体によって様々です。肉や野菜、魚といった食料品はもちろんのこと、お菓子や特産の工芸品それに旅行券や宿泊チケットまで。珍しいところでは、パソコンやディスプレイ、登山グッズの商品券なんかを提供している自治体もあります。

 どうやって寄付するの?

さて、寄付したらお礼がもらえて、大体の寄付分は返ってくる制度だということは理解していただけたかと思います。では、どうやって寄付するんでしょう。

簡単なのはふるさと納税のポータルサイトを利用することです。ここでは、自治体がどんなお礼の品を用意しているか簡単にわかります。そして、その場で寄付することが可能です。とっても簡単。

 

寄付をするときに「ワンストップ特例を希望」みたいなところにチェックを入れるのが重要です。これをやらないと自分で確定申告する羽目になります。

このチェックを入れて寄付をすると、ワンストップ特例の申請書類が自治体から届きます。これに必要事項を記入し、マイナンバーと身元確認書類を入れて提出するだけ。必要事項の記入だって1分もかかりません。あとは勝手に寄付した自治体の方で処理してくれます。

とっても簡単でしょう?これは間違いなくやらなきゃ損な制度です。お金の節約にもなりますし、お礼選びもとっても楽しいです。

 


 

ここではぼくたちが得するメリットばかりを紹介しましたが、寄付したお金の使い道を指定して、その町の支援をすることが本来的な目的。教育目的やインフラ整備、スポーツや文化のためにお金を使ってもらうこともできます。複数の自治体に寄付するのであれば、一つか二つは自分にゆかりのある自治体や応援したいと思っている自治体に寄付するのも良いでしょう。

雨のち晴れ。ふるさと納税万歳!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です