ウイグル撮影の反省 ー事前準備・待つこと・覚悟を決めることー


ウイグル撮影の旅もあっという間に終わり、しんどい日常に戻ってきて早2週間。

今回はアクシデントも多かったですが、撮影に集中して取り組んだことは確かですので、ここに反省しつつ次に生かしていくための備忘録を残しておこうと思います。

絶対に欲しいカットをいくつか決めておく

今回の旅で一番大きかったのは、日本にいる時から「絶対に欲しいカット・構図はこういうもの」という事前準備を行った点でしょう。

これまでの自分は、画面右寄りに被写体がある形で撮ることが多く、構図が単調になりがちでした。これを意識的に変えるために、特に主題が左よりに位置する写真、リフレクション、額縁構図と集中線構図のものは確実に撮ってこようと心に決めていました。

 

毎晩自分の写真をチェックすることで、現時点で撮れているものと撮れていないものが明確になり、次の日にはまた目的意識を持つことができました。

撮影準備は、風景写真では定番ですが、スナップで周到な準備という話はなかなか聞きません。偶然の出会いが、思いもしなかったような名場面を捉えるチャンスになることも少なくないのは確かです。しかし、事前に準備をしていけば、特に30枚などの組写真を作成するときには非常にやりやすくなると感じました。

 

粘ることで生まれる写真

もう一つは、とにかく粘ったこと。旅行それ自体を楽しむことが目的だった頃は、とにかく一歩でもたくさん歩みを進めることに集中していました。今までに見たことのないような光景に出会う確率が上がるからです。そして、頑張って歩き回ることによって、結果として良い写真が撮れることもありました。

それに対し今回は、本当に気になる場所があったら、そこで1時間くらい粘って撮り続けたり、同じ場所に次の日も改めて訪れるということをしました。普通のサムサ屋さんとかでです。

 

本気でジャーナリストをやっている人からしたら極めて当然のことかもしれません。また、風景写真などではアマチュアでも当然のように待って待って待ちまくるということをします。今回、スナップで同じことをして見ることによって、以前までは偶然良い写真が撮れている感じだったのが、撮るべくして撮ったと言えるくらいに変化したのではないかと感じます。

 

例えば、メインの被写体は決まっている中で、そのメインを最も引き立たせようと思ったら、最高の副題が必要になります。最高の副題を考えたとき、その色彩バランスや、動きの有無などを考慮することになるでしょう。また、最初の一枚はカメラ目線で撮影するとしても、一定程度の時間をかけることによって、日常の自然な表情を撮れる可能性も大幅に上がったと感じます。

「待つこと」でこれらを確実に抑えることにより、「良い」と思える写真を撮れる確率はグッと上がります。今回、それを実体験として蓄積できたことは、今後の撮影に大いに生きることになっていくことでしょう。

危険も犯した今回の撮影

誰にでも勧められることではありません。でもぼくは今回、危ない橋を渡りながら撮影し続けました。他の人だったら怖くて撮れないようなものを、危険を覚悟で撮影しました。危険を冒すことは他の誰かに迷惑をかける可能性があるわけですが、そのリスクを負ってもなお撮影する覚悟があるかどうかは、非常に重要な要素だと感じます。

覚悟を決めた分、撮影できた写真は貴重で良いものに仕上がっています。日本に帰ってきた今、ウイグルでの写真を見返すと、やはりウイグルの現状を伝えるためには、必要不可欠なものだったと感じます。

 

海外でスナップ写真を撮るということは、誰かの生活にお邪魔するということです。別の言葉で言い換えれば、誰かの人生に介入することとも言えるでしょう。そんなに思いつめないで楽しく写真を撮れば良いんじゃないの?という考え方もありますが、ぼくは、他人の生活にお邪魔するからには、何をしたいのか自問自答してみることも必要ではないかと考えています。

自分は、ウイグルにしろタシュクルガンにしろ、なかなか伝えられることがない現状について、きちんと記録に残して伝えたいと思っています。まあ、そういう考え方自体、先進国側の傲慢と批判されても仕方がないですが。

 


今回、自分の中ではアクシデントが多かったにもかかわらず頑張った方だと思っています。批判的な反省については、もう少しじっくり考えた上で追記したいと思います。

雨のち晴れ。一歩一歩、前に進もう。


成都で話題の熊猫夫人青年旅舎!ミセスパンダは超快適。


東チベットを目指す日本人がまず最初に降り立つのが成都。これまではSIMSという日本人経営のゲストハウスが圧倒的に有名だったと思うのですが、ハローチェンドゥゲストハウスという名で経営者も変わってしまいました。変わってもなかなか快適なんですけどね。

一方、最近熊猫夫人青年旅舎が話題に上ることが多くなっていて、ぼくも気にしていました。そんなわけで、今回、カシュガルからの帰りに立ち寄っていました。ちなみに呼び方はミセスパンダが一般的ですので、以下ではミセスパンダと書きます。

東チベット旅行に最適な立地!

夜に成都に到着し、空港からタクシーで迷いつつでも60元。今回の旅では同じ宿に泊まる日本人と偶然知り合ったため、移動費は半額の30元で済みました。

歩いて5分以内にローカルな食堂がたくさんありますし、10分も歩かないところに24時間営業のセブンイレブンもあります。中国に来たことがない人であれば、その辺を歩くだけでも楽しめそうですし、慣れた人にとっては、たまに食べたくなる日本製品を手軽に入手できるセブンイレブンが近くにあることが大きなメリットになります。

何より、新南門の駅の近くに立地しているということで、各地に向かう長距離バスが発着するバスターミナルにも近いことが素晴らしいです。東チベット旅行を計画している人にとって最高の立地と言えるでしょう。

ちなみに、交通飯店というチェーンのホテルに併設されています。ゲストハウスとホテルが合体していて、ぼくのドミトリーもホテルの中にありました。

ミセスパンダは格安。そして快適。

まず基本的なところで言えば、宿泊費はもっとも安いドミトリーで35元。おそらくアゴダ経由で申し込んだ方が安いですが、宿で直接申し込んでも大した額ではありません。インターネットはサクサク進み、シャワーはすぐに熱いお湯が出ます。ホテルに併設ということもあり、少なくともぼくが泊まった感想としてはかなり清潔な感じを受けました。

 

ぼくにとって旅の重要な要素の一つである、だらだらビールを飲む環境も整っています。大瓶の青島ビールが8元(150元くらい)。

最近は日本人が数多く集まっていますので、話し相手にも困りません。旅好きが集まっているので、話を聞いているだけもすごく楽しいです。事実、ぼくが訪れたときも世界一周中の人、仕事を辞めた人、写真を撮り歩いている人など多様な方々に出会うことができました。人との出会いは旅の醍醐味です。

 

ぼくは使いませんでしたが、カフェや食事を取るスペースもしっかり確保されていて、これはこれで便利そうでした。曜日によっては火鍋パーティーも行うようですね。

また、東チベット旅行において難敵となる高山病。この高山病に対策の漢方薬も置いていました。確か35元。値段ははっきり覚えていませんが、ぼくは次に行くときは日本で病院に行って薬をもらうなんてことは必要ないと判断する程度の価格でした。まあ、自分は高地に強い方なので高山病の薬をもらいに病院に行ったことはないのですが。

 


今回使ってみて、「次に成都に来たらまた使いたい」思いました。価格、立地、快適さのどれをとっても非常に高いレベルでバランスが取れているゲストハウスです。自分の友達に良い宿を教えて欲しいと言われたら、迷わずこの宿は勧めることができます。

雨のち晴れ。東チベットで最高の体験を。