東チベット再訪。成都から康定、そして松茸鍋。


今年の夏休みは、2度目の東チベット旅行。

前回と違うのは、友達と2人での旅行というところです。今度結婚するという友達に、結婚したらなかなか行けないであろう、ちょっといくのが大変だけど「とっておき」の景色を見せたいと思ったんです。

 

そしてぼくがこれまで行った中でとっておきだと感じたところとして選んだのが、東チベットのアチェンガルゴンパでした。ラルンガルと並ぶチベット最大級の僧院であるにも関わらず、中国人にもなかなか知られていないところです。

しかし現在、山一つ挟んだ隣町のとの間(簡単に言いますが、挟んだ山の標高は4500超です)にトンネルが建設されていて、これが完成してアクセスがよくなったたら、きっと大量の観光客が流れ込んでくるに違いありません。

 

そんなわけで、今回もまずは時系列に沿って、アチェンガルゴンパを目指す旅の記録を残していきます。

職場から空港、そして熊猫夫人青年旅舎へ。

東チベット旅行の起点といえば成都。そして東京から成都に向かうといえばそう、四川航空ですよね。相変わらずの激安度合いで、今回も往復3万円程度でチケットを購入することができました。

相変わらずの安さで、もう大学生で「お金がないから旅ができない」とはいえない時代になってきたんだなぁと思います。3万円であれば、日本国内を移動するのと大差ないですからね。

 

四川航空は毎度2020成田発成都行が定番です。今回も、職場から空港に直行です。そして夜中に成都到着。宿は前回のウイグル旅の帰りに使ったミセスパンダユースホステル(熊猫夫人青年旅舎)です。

この青年旅舎は成都中心街の南部にあり、新南門という長距離バスターミナルの隣にあります。新南門はメトロの駅がある場所でもありますので、運転手に伝えたらすぐにわかります。

自分の場合、前回ミセスパンダに泊まった際にもらった住所などが書いてあるカードを持参していたので、それを空港でタクシーの運転手に見せました。空港からホステルまでだいたい50元でした。

まずは康定へ!松茸鍋でお腹いっぱいに

東チベットの旅で最も大変なのは高山病。今回の目的地アチェンガルゴンパも、標高が約4,000mあります。高山病になってしまったら、せっかくの旅行もきつさばかりが先立ってしまい、楽しめませんよね。

康定の標高が2,000mちょっとですから、まずは康定で体を慣らし、そこから徐々に標高を上げていくことにしました。成都から康定まではバスで約8時間。自分の場合は渋滞に捕まって9時間かかりました。

 

康定で今回やりたかったことの一つ、それは松茸を食べること。

産地らしく、安価で食べることができます。昨年も訪れたかったのですが満席で入れなかったキノコ鍋の繁盛店「菌王府」。康定への到着が9時、宿にチェックインして街に繰り出したのが10時頃だったのですが、なんとか入店できました。

 

この店、スープの基本料金プラス具材の料金で金額が決まる形式。スープは一番安いものを選び、そこに松茸その他の具材を入れます。松茸の値段が59元ということで、日本円にして1000円未満。これでもおいてある食材の中では最高級です。

今まで日本では松茸なんて、高くて食べようとも思ったことがなかったのですが、これくらいの値段であれば食べてみようと思えます。

 

実際に食べてみると「へー、松茸ってこんな感じか」というくらいの感想ですが、確かに香りは非常に良いと感じました。鍋のスープにもキノコの味が染み渡っていて、スープだけを飲んでも美味しいと感じました。

牛肉やらキノコやら、食べたいだけ食べて、男2人で300元程度。日本円にして5,000円くらいになりますが、好き放題高級食材を食べての値段だと思えば、非常に安いと感じます。おそらく東チベットを訪れる時にはまた訪ねることになると思います。

 


 

そんなこんなで、東チベット旅の第一日目が終了します。次の日は朝6時発のバスで、ガンゼへ。康定からガンゼも、成都から康定までと同様に8時間程度かかります。この8時間は、特に初めての人にとっては美しい景色に目を奪われるでしょう。友人もバスからの眺めを楽しんでいました。

雨のち晴れ。東チベットのこの時期は雨が多いのです。

 

※ ちなみに、今回成都でクレジットカードのキャッシング機能を使おうとしたところ、ATMにカードが飲み込まれて帰ってこなくなりました。やはり多少は現金も持ってきておいた方が良さそうですね。みなさまお気をつけくださいませ……。


実録!National GeographicのDaily Dozenに選ばれた。どうやったら選ばれる??


National GeographicのDaily Dozenって知ってますか?写真の世界では世界的に有名な雑誌であるNational Geographic(以下、ナショジオ)ですが、Your Shotという写真共有サイトも運営しています。

今回は、自分がDaily Dozenに選ばれた経験から、そもそもDaily Dozenって何?というところから、選ばれるとどうなるのか?選ばれるための戦略ってあるのかというところまで考えてみたいと思います。

Daily Dozenって何?

ナショジオのYour Shotは、世界中の腕に自信のある人が投稿しているサイトで、レベルは高いです。毎日数千枚の写真が投稿されています。

このようにたくさんの人が応募する中で、ナショジオの編集者が良いと思ったものが1日に12枚だけ選ばれ、Daily Dozenとして選出される、という仕組みです。

 

写真の共有サイトと言えばinstagram。このアプリケーションの中で、日本では東京カメラクラブなどが有名です。こちらはこちらで素晴らしい写真がたくさんあるのですが、選ばれてる写真を見ると、テイストが違うのがわかります。

東京カメラクラブの方がおしゃれな感じ、ナショジオの方がリアルな感じ、というのが自分の印象です。ナショジオの写真も加工されてる感満載ではあるんですけどね 笑

選出されるとどうなる??

選出されると、Daily Dozenの特別なページに掲載され、一気に非常に多くの人の目に触れるチャンスが得られます。

 

ぼくが、自分が選出されたことを知ったのは、携帯に届いたメールから。要するにおめでとうメールが来るんですね。また、一気にたくさんの人がいいね!をつけるので、トレンドになっていますのおめでとうメールと、エディターがノートしましたのメールも来ます。

facebookでいういいね!的なものは、選出から2〜3日がピークですが、その後も1週間程度は断続的につけられます。

ナショジオのページに行ってみると、数々の素晴らしい写真と一緒に自分の写真が並んでいるわけですから、ものすごく嬉しく感じました。

 

 

Daily Dozenに選出された12枚の中から、さらに一般投票によってその日の1位が決められます。投票はYour Shotのメンバーしか行うことができません。ちなみに、一般投票にしている影響からか、少し派手な写真がトップになることが多いような気がします。

世界中の人が応募する中で選ばれるので、喜びはひとしおです。それに、ある意味世界基準で認められたってことになりますしね。

どうやったら選ばれる?

このDaily Dozen、先に述べた通り、選ばれるのはなかなか大変です。

自分がネットで調べた限りだと、これに選出される可能性は0.3パーセントだとか。1000枚のうちたった3枚です。投稿されている写真のレベルを勘案すると、国内のフォトコンテストで入賞する以上に難しいと言っても過言ではないでしょう。

 

青い池の白石さんや、キツネの井上さんも写真を投稿されていますが、日本を代表する世界で活躍する写真家であっても、出せば通るという類のものではありません。実力はもちろんのこと、運も必要だと思います。

 

運が必要なのは芸術一般についても同様だと思いますが、そんな中で出品者にできることは、選ばれる確率を上げること。

選ばれるための準備としては、前に書いた通り、過去の選出作品と自分の作品を比べてみるのが良いと考えています。エディターにも好みはありますから、ある程度その好みに合うかどうかというのは考えてみる価値があるはずです。

また、選出されている写真と自分の写真を客観的に比べてみて、「自分がエディターだったら自分の作品を選ぶだろうか?」と見つめてみるのも良いでしょう。

 

ナショジオの場合、ネット応募で単写真ですから、紙質や組でのストーリーを押し出すことはできません。できるのは純粋に画面に映る自分の写真の質を上げることだけ。レタッチの重要性は他のフォトコンテスト以上に高まるでしょう。他の作品も見つつ、選ばれるためのレタッチを施すことが重要ですね。


繰り返しになりますが、ナショジオは世界的に有名な写真誌です。ここで選ばれることは、世界に認められることとニアリーイコールだと考えられます。ぼくは今後世界を目指したいと考えているので、まずはこのレベルの中で選出される確率を上げていきたいと思います。

最近は組写真30枚をどのように仕上げていくかを考えてばかりでしたが、単写真には単写真の魅力や難しさがあると感じます。早い段階から自分の方向を決めることにはそれなりのメリットがありますが、ある種のトレーニング的な意味でも、こういったハイレベルの単写真コンテストに挑戦してみるのも良いと考えています。

 

雨のち晴れ。みんなでレベルアップしたいですね!