AKRACING ゲーミングチェア PRO-X。作業しよう!って思える椅子。


なぜにゲーミングチェア?ゲーマーかよ?と思うかもしれませんが、ぼくはゲームはやりません。海外に出かけてリアルRPGみたいなことはしますが。

前置きはこれくらいにしておいて、このゲーミングチェアを3ヶ月ほど使用してみた感想を。先に結論を言ってしまうと、快適な作業環境を構築したいと考えていたぼくにぴったりのものでした。

そもそもなぜにゲーミングチェア?

ブログも書くし、写真の編集もするし、なんだかんだで仕事終えて家に帰ってきてからもパソコンを使う機会って多いんですよね。もちろん土日は両日ともに使います。

でも普段仕事だと、家に帰ってきたらぐったりしていてやる気が出なかったり、土日もできる限り寝たりする方に意志が傾いちゃうんですよね。これをどうにかできないかと思った結論が、「できる限り快適で、やったる!って感じに嫌が応にも考えさせる作業環境」を構築することでした。

すでにデュアルディスプレイ、キーボードやマウスは一通り揃えていたこともありますが、まずは座って作業を開始するというプロセスを踏むことが作業開始に不可欠ということで、椅子を買うことに。

 

いざ椅子を買おうと思って調べだすと、様々な形、価格のものがあります。有名なものだとアーロンチェアですが、これだと20万円近くする場合もあります。さすがにこれは高いかな、と。

しかし人間というのは全くわがままなもので、すごく性能が高くて、でも安いものが欲しいわけです。昨今流行りの「コスパ」ですね。

このコスパを基軸としていろいろと調べてみて、たどり着いたのがこのAKRACING ゲーミングチェア PRO-Xでした。

 

実はこの椅子については、かなり早い段階から目をつけていました。まず性能については間違い無いと思っていたからです。

プロゲーマーやハイアマチュアの人は、言ってみたらアスリートです。真剣に、勝つために日々努力しているはずです。そうした前提のもと、陸上選手が良いスパイクを選ぶように、ゲーマーの人たちは良いキーボードやマウス、そして椅子を選ぶはずだ!と考えたんです。

そして価格。ぼくが購入した最高級レベルのゲーミングチェアでも5万円程度で購入可能です。ぼくはセールで買ったので44,000円ほどでした。決して安いとは言えませんが、高級オフィスチェアに比べたらかなり安いです。

素晴らしきかな、AKRACING  PRO-X

そんなわけで、買ってみての感想をつらつらと。

組み立て簡単

日曜大工的なものは苦手だし、組み立てるのとか本当に面倒くさいと感じてしまうぼくですが、1時間かからず組み立てることができました。ネジを締めるのが大変でしたが、逆に言えば大変だと思ったのはそれくらい。あっさり完成します。

 

デザインも気にならない

ぼくの部屋は世界各国で買ってきたお土産にあふれている海外仕様なので、購入前にもっとも気になったのが部屋の雰囲気とのミスマッチ。最終的には、仮にミスマッチでも作業の効率を上げる方が重要と考えて購入に至ったのですが、配置してみたらそこまで気になりません。慣れの問題もありますが。

 

座り心地と集中した作業にぴったり

もっとも重要な座り心地、そして長時間の作業を集中して行いやすいかという点については、もうバッチリです。ゆったりとしているし、背長椅子なので、肩甲骨のあたりまでしっかりと支えてもらっている感覚があります。腰のパットも姿勢の維持に一役買っていますし、長時間の作業でも疲れにくいような気がします。

もともとレーシングカーのシートを作っていたメーカーというだけあって、座ると頑張るぞ!モードになって集中できます。ということで、疲れて家に帰ってきた後でも、椅子に座るだけでなんとなく作業しようかな、という気分にさせられます。

アームレストを動かすことができるので、キーボードを打つ際もアームレストの上に肘を乗っけてタイピング。これがあるのと無いのとでは疲れが大幅に違ってくるように思えます。

 

ついでにリクライニングも素敵

疲れていても作業したい!とは言っても、多少の仮眠が必要になることは多いもの。そんな時は椅子の背もたれを倒しておやすみなさい。180度、つまり完全に倒すことができますので、疲れたらいつでも休めます。ちょっと考え事をするときにも非常に便利です。

 


 

いかがでしたでしょうか。椅子一つで作業効率がすごく上がり、しかも疲れないというのはぼくにとって新鮮な驚きでした。

働き始めると、時間が学生時代以上に貴重になります。貴重な時間の中で、作業を行ったり遊んだり、いろいろなことをしたいですよね。できる限り自分がやるべきこと・やりたいことをスムーズに、たくさんこなすことは、毎日の生活の質そのものを向上させることになるのではないでしょうか。

 

雨のち晴れ。雨の日は静かに音楽でも聴きながら、読書に作業に励みましょう。


新入社員諸君!自分の身は自分で守ろう!!


新入社員の皆さん、新しい門出ということで緊張していることでしょう。ぼくのところにも新規採用の部下がつけられ、すごく緊張していました。

この時期、いろいろな人生の先輩がいかにすれば仕事をうまく回せるか、効率よく仕事ができるかなんてノウハウをまとめた記事を書いてくれます。こういう記事に書いていあることって、当たり前のようでいてなかなかできないことでもあるので、ぼくは結構参考になると思っています。

 

でも今日は、暗いかもしれませんが本音ベースで伝えたいことを書いていきます。それは、「自分の身を守れるのは自分だけだと思え」「死ぬほど辛くなったら迷わず逃げろ」ということです。ぼくは今日、新人の方にこの2つを伝えさせてもらいました。何よりも、どんなことよりも大切なことだと思うからです。

自分の身は自分で守ろう

まず一つ目は、「自分の身は自分で守るということ」です。

 

採用されるまでも説明会やいろいろな場でバラ色の話を聞かされたでしょうし、入社してからも諸先輩がたから様々なありがたいお話を聞くことができるでしょう。否定しがたい社会正義をあたかも当然のように語る先輩方に囲まれると、何かあったらきっと助けてもらえるように思うかもしれません。

もちろん、小さなミスを犯したときなんかは助けてくれることが多いです。でも大きなミスをしたときに助けてくれるかというと微妙です。もっとえげつないことを言うと、ミスを押し付けている人だっています。これが現実だと思った方が良いです。そうでなかったら、それはラッキーだと思った方が精神衛生上良いでしょう。期待が裏切られたときの失望感って大きいですからね。

 

もしもあなたが体を壊しても、会社はあなたを守ってくれません。所詮は使い捨てのコマです。それが組織です。組織の中にあなたを気にかけてくれるような心優しい人がいることと、組織という総体がどういう性格のものなのかは別次元の話です。

ついこの間まではうまくいっていたとしても、あなたが体を壊した瞬間に迷惑そうな顔をする人もいます。組織の中では人事記録にしっかりと記録され、言うなら「壊れ物」扱いされるわけです。

 

いざとなったとき、誰か心優しい人が助けてくれて、組織もバックアップしてくれるだなんていうのは幻想だと思った方が良いです。これまで両親が手塩にかけて育ててくれたあなたの体を守れるのは、最終的にはあなただけです。

 

ちなみにぼくは、内定をもらってすぐに先輩から「ようこそ懲役30年の世界へ」と言われました。うひゃー。

死ぬほど辛くなったら迷わず逃げろ

そう、自分を守れるのは自分だけです。2つ目は、死ぬほど辛くなったら迷わず逃げること。

 

それがわかっていたとしても、様々な外的な圧力によって追い詰められることもあるでしょう。ぼく自身、帯状疱疹になったり肺が劇的に老化したり、おまけに倒れたりしました。その後も体調は良くなってきません。あの頃の自分に対して言いたいことは、逃げろということだけです。

追い込まれているときっていうのは、なかなか逃げ出したくても逃げ出せないものです。精神的にも追い詰められているし、肉体的な疲労によって「逃げ出す」という積極的なアクションを取りづらい状況になっているからです。

しかしだからこそ、あらかじめ決めておくことに意味があります。できれば具体的に決めておいた方が良いでしょう。あらかじめ決めておくことにより、その場で悩むことが少なくなるからです(実際には追い詰められているから悩むのでしょうが、あらかじめ決めておいた通りにするのが良いのだ、と思いやすくなります)。

本当に追い込まれてしまうと、人生に様々な選択肢があることすらわからなくなってしまいがちです。そうなる前に、本当にやばい一歩手前で決断することが極めて重要です。言い古された言葉ですが、命より大切なものなんてそうそうありません。仕事と体のどちらが大切か、よくよく考えてみましょう。

 


そうこう言いながら、ぼくもまだ仕事を続けています。おそらく大切なのは、いざというときに自分を守れるのは自分だけだと認識しておくこと、そして自分の人生が壊れる前に逃げると決めておくことです。それだけでも気持ちの準備になります。

雨のち晴れ。できることなら、良い職業人生を。