新規事業の企画!ゼロから仕事を作ってみようと思う。


仕事ってつまんないですよね。

言われたことをただやるだけ。面倒な要求、それにヘコヘコしながら応える自分や上司、ひたすら前例ばかり求められ新しいことには取り組まない体質……。本当によく聞かれる話だと思いますし、どこもきっと似たり寄ったりな状況なんだと思います。

かくいう自分の職場も……これ以上は言わないでおきましょう。とにかく自分は、仕事つまんなくて早く辞めたいと毎日思いながら、でも何か面白いことをやりたいという気持ちで何となくタラタラ過ごしてきました。

 たまには面白いことやりたい 12月15日

そんないつもつまらない気持ちで過ごす職場は最悪です。空気はもともと淀んでいて気持ち悪いし。本当はいろんなことやりたいと思って入った職場なのにね。早く辞めたい。

とまあ、そんな毎日なのですが、もはや辞めても良いと思っているくらいなので怖いもの無しです。ということで、面白いことを提案してみることにしました。いきなり課長に。

 

そもそも企画立案を職員がすることなんてほとんどない職場。だいたいのものが外部からの圧力やらトップダウンで降ってきます。ましてや若手がそんなことをするだなんて、それこそ前例がない。そして下っ端のぼくみたいな職員はひたすら忙殺され、疲弊し、倒れていく……。

でも企画提案したら、意外と通りそうになってしまいました。「面白いと思うな。できれば事業化したいなぁ。」と。

 

まだまだ企画段階で、詳細については全然詰まっていません。課長がさらに上司に説明するにはもっと詳細に詰めていかないといけないでしょうし、必要なデータ的なものも多いと思います。

とか言いつつ、自分が言い出しっぺでやり始めることになると、いつも以上に責任感も生まれますし、なんとか成功させたいという気持ちになってくるから不思議なものです。普段モチベーションゼロなのに、自分が提案したことについてはとりあえずやってやろうと思えたりします。

今日は課長と何となく大雑把な形を詰めたので、これまでお世話になった人にアドバイスを求めることにしています。こういうのはいろんな人の目を通したほうがよくなることが多いですからね。特に自分は細いのが苦手だという自覚ありますし。今日早速メールでアドバイスをくださった先輩もいました。ありがたやありがたや。

 今後について

さて、ここまでが今日の話です。ここから先は随時足していこうと思います。このブログを読んでくださっている方には、ほぼほぼリアルタイムで状況をお伝えしていきます。これにどんどん追記していく形式ですね。

たまにはこういう変わった企画も良いでしょう。これを更新するためにも頑張ろう!という新しいモチベーションも生まれそうだし。


 

雨のち晴れ。自分の力で晴らしてやる!


助けて、仕事辞めたい。残業や長時間労働の結末。


むちゃくちゃ疲れているので、もっと疲れていた時の話を書いて、今はまだマシだと思えるようにします。

そんなわけで、今も似たような時は結構あるんですが、ぼくが「死ぬほど」働いていた時のことと、そのときどうなっていたかを書き残しておきます。これは果たして夢か現か。神のみぞ知る。

 だいたいどれくらい働いていたか?

一番ひどいときで、毎日朝8時→朝3時くらい。つまり19時間職場にいる……ではなくて、さらに泊まり込みになるので24時間職場にいました。これが数ヶ月にわたって続きました。

残業時間は過労死ラインをあっさりと、まさに跳び越えています。しかも残業代は実際の残業時間の半分どころか、5分の1か6分の1しかつきません。そんじょそこらのブラック企業には負けません。

定時を過ぎてからの至急対応なんて当たり前。だからどれだけ効率よく定時内の業務を頑張っても結局早く帰ることはできません。仕事の中身もいわゆるクリエイティブなものではなく、ひたすら単純労働。やりがいは皆無。

暇で単に職場にいれば良いってものではありません。やってもやっても終わらない仕事。お先真っ暗とはこのことか、という感じです。

 残業は心も体を蝕んでいく

まずは初期症状。常にイライラしています。集中力は散漫になり、他人への寛容性が失われていきます。自分の失敗にもイライラするのは当然で、自分のことがすごく嫌になります。通勤途中に死にたいとかぶつぶつ言い出します。

徐々に頭痛も始まります。瞼が痙攣するとともに、四六時中頭痛がおさまらなくなります。そもそも寝不足なので、一日中眠いのは当然です。

 

さらに、胸も痛み出します。恋ではないです。手足に痺れも出始めます。なぜか咳き込むようになり、それがどんどんエスカレートします。1分間に十回ではたりず、多分1日に1000回を優に越していたと思います。肺は疲労し、ボロボロになります。病院で肺の年齢がおかしいと言われます。

疲労により免疫力が低下しているので、病気になりやすくなります。帯状疱疹になることもあります。咳と帯状疱疹のダブルパンチです。目は虚ろになります。

 

助けて。仕事辞めたい。

何度そう思ったことか分かりません。でもそれも、疲労が限界を超えるとなくなります。そして、通勤中に死にたいと言う回数が劇的に増加します。思うんじゃなくて、自然と口から出てしまうんです。当然、通行人はぎょっとした目でこっちを見てきます。完全に心を病みます。

もともと痩せているにもかかわらず、さらに痩せます。仕事を始めてからマイナス8キロ。周りの人からは栄養失調で死にそうな人みたい、と言われて心配されます。体はやせ細っていくのに、逆に血圧は順調に上昇します。

 人は何のために生きているのか?

心からこう思うようになりました。毎日仕事だけをして、他に時間をとることなんてできない。土日は死んだように眠る。これが人生?なんのために働いているんだろう?働いたところで誰の役に立つのだろう?

どれだけ慢性的に人不足でも、一向に改善される気配がない職場。これがぼくたちが生きる二十一世紀?先進国と呼ばれる日本?こうなることを誰が望んだ?ぼくたちは次の世代に、こんな日本を残すの?もはやホラーの世界ですね。読んで後悔したでしょう?

 


 

働くのはほどほどに。少なくとも体を壊しちゃ後悔しますよ。そんなわけで、仕事はほどほどで、旅して写真を撮ろう。

雨のち晴れ。そう思わなけりゃやってられないよね!