実録!National GeographicのDaily Dozenに選ばれた。どうやったら選ばれる??


National GeographicのDaily Dozenって知ってますか?写真の世界では世界的に有名な雑誌であるNational Geographic(以下、ナショジオ)ですが、Your Shotという写真共有サイトも運営しています。

今回は、自分がDaily Dozenに選ばれた経験から、そもそもDaily Dozenって何?というところから、選ばれるとどうなるのか?選ばれるための戦略ってあるのかというところまで考えてみたいと思います。

Daily Dozenって何?

ナショジオのYour Shotは、世界中の腕に自信のある人が投稿しているサイトで、レベルは高いです。毎日数千枚の写真が投稿されています。

このようにたくさんの人が応募する中で、ナショジオの編集者が良いと思ったものが1日に12枚だけ選ばれ、Daily Dozenとして選出される、という仕組みです。

 

写真の共有サイトと言えばinstagram。このアプリケーションの中で、日本では東京カメラクラブなどが有名です。こちらはこちらで素晴らしい写真がたくさんあるのですが、選ばれてる写真を見ると、テイストが違うのがわかります。

東京カメラクラブの方がおしゃれな感じ、ナショジオの方がリアルな感じ、というのが自分の印象です。ナショジオの写真も加工されてる感満載ではあるんですけどね 笑

選出されるとどうなる??

選出されると、Daily Dozenの特別なページに掲載され、一気に非常に多くの人の目に触れるチャンスが得られます。

 

ぼくが、自分が選出されたことを知ったのは、携帯に届いたメールから。要するにおめでとうメールが来るんですね。また、一気にたくさんの人がいいね!をつけるので、トレンドになっていますのおめでとうメールと、エディターがノートしましたのメールも来ます。

facebookでいういいね!的なものは、選出から2〜3日がピークですが、その後も1週間程度は断続的につけられます。

ナショジオのページに行ってみると、数々の素晴らしい写真と一緒に自分の写真が並んでいるわけですから、ものすごく嬉しく感じました。

 

 

Daily Dozenに選出された12枚の中から、さらに一般投票によってその日の1位が決められます。投票はYour Shotのメンバーしか行うことができません。ちなみに、一般投票にしている影響からか、少し派手な写真がトップになることが多いような気がします。

世界中の人が応募する中で選ばれるので、喜びはひとしおです。それに、ある意味世界基準で認められたってことになりますしね。

どうやったら選ばれる?

このDaily Dozen、先に述べた通り、選ばれるのはなかなか大変です。

自分がネットで調べた限りだと、これに選出される可能性は0.3パーセントだとか。1000枚のうちたった3枚です。投稿されている写真のレベルを勘案すると、国内のフォトコンテストで入賞する以上に難しいと言っても過言ではないでしょう。

 

青い池の白石さんや、キツネの井上さんも写真を投稿されていますが、日本を代表する世界で活躍する写真家であっても、出せば通るという類のものではありません。実力はもちろんのこと、運も必要だと思います。

 

運が必要なのは芸術一般についても同様だと思いますが、そんな中で出品者にできることは、選ばれる確率を上げること。

選ばれるための準備としては、前に書いた通り、過去の選出作品と自分の作品を比べてみるのが良いと考えています。エディターにも好みはありますから、ある程度その好みに合うかどうかというのは考えてみる価値があるはずです。

また、選出されている写真と自分の写真を客観的に比べてみて、「自分がエディターだったら自分の作品を選ぶだろうか?」と見つめてみるのも良いでしょう。

 

ナショジオの場合、ネット応募で単写真ですから、紙質や組でのストーリーを押し出すことはできません。できるのは純粋に画面に映る自分の写真の質を上げることだけ。レタッチの重要性は他のフォトコンテスト以上に高まるでしょう。他の作品も見つつ、選ばれるためのレタッチを施すことが重要ですね。


繰り返しになりますが、ナショジオは世界的に有名な写真誌です。ここで選ばれることは、世界に認められることとニアリーイコールだと考えられます。ぼくは今後世界を目指したいと考えているので、まずはこのレベルの中で選出される確率を上げていきたいと思います。

最近は組写真30枚をどのように仕上げていくかを考えてばかりでしたが、単写真には単写真の魅力や難しさがあると感じます。早い段階から自分の方向を決めることにはそれなりのメリットがありますが、ある種のトレーニング的な意味でも、こういったハイレベルの単写真コンテストに挑戦してみるのも良いと考えています。

 

雨のち晴れ。みんなでレベルアップしたいですね!


フォトコン入賞大作戦!コツを全部まとめてみた!!


いろいろと写真について考え、フォトコンで勝負するためにどうすれば良いか記事にしているうちに、関連記事がたまってきました。そんなわけでまとめてみます。

もともとは自分自身のレベルアップのためにあれこれ考えたことですが、他の人にも参考になると思いますのでシェアします。こういうのは出し惜しんじゃ良くない!みんなでレベルアップしていきましょう。

シュエタゴン・パヤー
シュエタゴン・パヤー

フォトコン入賞のコツ!まとめてみた。

これまでのフォトコン関連記事をカテゴリ別にまとめました。随時追加予定です。自分もフォトコンでの入賞を狙うようになってからいろいろとネットを徘徊しているのですが、あまりそういうコツとかテクニックがまとまったページってない気がします。

そんなわけで、このページに自分が考えたことや心がけたことをまとめていけたらなぁ、と思っています。これが誰かの役に立ったらすごく嬉しいです。

 

【スケジュール】

フォトコン応募の年間スケジュール!でっかい賞を狙ったれ!

ただしぼくがどういうスケジュール感で動くかを考えてみたものなので、ハイレベルのコンテストを狙わない人にはあまり参考にならないかも。

ただ、原則みたいなところは誰もが押さえておくべきもの。フォトコンに写真を応募すると、そのフォトコンの結果が判明するまでは、他のコンテストに出せないことになっています。ですから、前もってどの写真をどのコンテストに出すか決めておくことは、戦略上非常に重要です。みなさんも年間スケジュールを立ててみてはいかがでしょう?

 

【作戦】

フォトコン入選のコツは?初めての応募でもしっかり準備しよう

フォトコンに出す為の準備・基本中の基本を簡単にまとめてみたもの。用意するのはデジタル画像だけじゃなくて、プリンタとか紙とか、いろいろとあります。どんなところに気をつければ良いんでしょうね?

まずはここをしっかり押さえて、楽しくお応募し始めることからスタートしてみましょう。

 

フォトコン上位入賞作品の特徴をまとめてみた!

フォトコンテストで入賞してみたいと思ったら、まずはどんな作品が入賞しているのかを調べることが重要だと思って、ぼくなりに分析してみた記事。実際に言語化してみて、後で見返してみても「やっぱそうだよなぁ」と思います。

この記事を読んでもらえれば、それはそれですごく嬉しいことなんですが、実際に僕と同じ作業をしてみることが最も大事な気がしています。実際に自分で手を雨がしてみると、自分の感覚にすっと入ってくるからです。

また、フォトコンテストによって特徴があったりします。大体の入賞作品の彩度が高いとか、人物よりも風景の方が入賞しやすそうとか。ですから、自分が出したいと思っているフォトコンテストや、それに近しいものを分析してみることで、対策がよりくっきりしてくるのではないでしょうか。

 

ピクトランの局紙バライタ!高級写真用紙を買ってみた!

フォトコンテストでは印刷したもののみが対象のものもあります。そうなると、最終的な出来栄えをあげる為に紙にもこだわる必要があります。実際に写真用紙売り場に行ってみると「高級写真用紙」なるコーナーが。

紙にもお金をかけましょう。ぼくが先日買った局紙バライタは、A4で一枚300円以上しました。正直なところ、高いなぁと思います。でもこの数百円をかけるかかけないかによって出来栄えが大きく変わるとしたら、買わない手はありません。最近は、月光のブルーラベルやピクトランのプロフォトペーパーも使っています。

 

【そもそも良い写真とは?】

一眼レフ初心者に告ぐ。単に「きれいな写真」から抜け出すために必要なこと。

ぼくがまったくの初心者だった頃、上級者から教えてもらったことをまとめた記事。今でも時々思い返しています。今でもすごく重要だと思うことですし、忘れないように気をつけたいと思うことばかり。ぜひ読んでいただきたいです。

ぼく自身、この記事は時折読み返して初心に帰るようにしています。当たり前と言えば当たり前なのかもしれませんが、基本をいかにきっちりやれるかは非常に重要ですね。スポーツの世界でも、基本的な動きがきっちりできている選手ってトップレベルであってもそれほど多くなかったりします。基本を泥臭く。自戒を込めて。

 


 

いかがでしょうか。フォトコンテストだなんて敷居が高いという方から、ぼくのようにどんどんレベルの高いものに挑戦してみたいという人まで様々だと思います。実際にどんなフォトコンテストがあるのか調べてみて思ったのは、やっぱりバリエーションはいろいろあるっていうこと。

それこそ、わが町自慢みたいなローカルなフォトコンテストもあれば、プロも参加するような国際的なフォトコンテストもあります。また、若者枠が設けられたコンテストや学生のみ応募可能なものもあります。最近はインスタグラムでコンテストを実施していて、スマートフォンでの写真のみが対象になったコンテストなんてものもあります。

いろんなバリエーションがあるってことは、ちゃんと探せば自分のニーズにあったコンテストが存在するはずです。そこに対してどうアプローチしていくか。まさにここがぼくたちの腕の見せ所です。

 

雨のち晴れ。みんなでレベルアップして、良きライバルになりましょう!