東チベット再訪。成都から康定、そして松茸鍋。


今年の夏休みは、2度目の東チベット旅行。

前回と違うのは、友達と2人での旅行というところです。今度結婚するという友達に、結婚したらなかなか行けないであろう、ちょっといくのが大変だけど「とっておき」の景色を見せたいと思ったんです。

 

そしてぼくがこれまで行った中でとっておきだと感じたところとして選んだのが、東チベットのアチェンガルゴンパでした。ラルンガルと並ぶチベット最大級の僧院であるにも関わらず、中国人にもなかなか知られていないところです。

しかし現在、山一つ挟んだ隣町のとの間(簡単に言いますが、挟んだ山の標高は4500超です)にトンネルが建設されていて、これが完成してアクセスがよくなったたら、きっと大量の観光客が流れ込んでくるに違いありません。

 

そんなわけで、今回もまずは時系列に沿って、アチェンガルゴンパを目指す旅の記録を残していきます。

職場から空港、そして熊猫夫人青年旅舎へ。

東チベット旅行の起点といえば成都。そして東京から成都に向かうといえばそう、四川航空ですよね。相変わらずの激安度合いで、今回も往復3万円程度でチケットを購入することができました。

相変わらずの安さで、もう大学生で「お金がないから旅ができない」とはいえない時代になってきたんだなぁと思います。3万円であれば、日本国内を移動するのと大差ないですからね。

 

四川航空は毎度2020成田発成都行が定番です。今回も、職場から空港に直行です。そして夜中に成都到着。宿は前回のウイグル旅の帰りに使ったミセスパンダユースホステル(熊猫夫人青年旅舎)です。

この青年旅舎は成都中心街の南部にあり、新南門という長距離バスターミナルの隣にあります。新南門はメトロの駅がある場所でもありますので、運転手に伝えたらすぐにわかります。

自分の場合、前回ミセスパンダに泊まった際にもらった住所などが書いてあるカードを持参していたので、それを空港でタクシーの運転手に見せました。空港からホステルまでだいたい50元でした。

まずは康定へ!松茸鍋でお腹いっぱいに

東チベットの旅で最も大変なのは高山病。今回の目的地アチェンガルゴンパも、標高が約4,000mあります。高山病になってしまったら、せっかくの旅行もきつさばかりが先立ってしまい、楽しめませんよね。

康定の標高が2,000mちょっとですから、まずは康定で体を慣らし、そこから徐々に標高を上げていくことにしました。成都から康定まではバスで約8時間。自分の場合は渋滞に捕まって9時間かかりました。

 

康定で今回やりたかったことの一つ、それは松茸を食べること。

産地らしく、安価で食べることができます。昨年も訪れたかったのですが満席で入れなかったキノコ鍋の繁盛店「菌王府」。康定への到着が9時、宿にチェックインして街に繰り出したのが10時頃だったのですが、なんとか入店できました。

 

この店、スープの基本料金プラス具材の料金で金額が決まる形式。スープは一番安いものを選び、そこに松茸その他の具材を入れます。松茸の値段が59元ということで、日本円にして1000円未満。これでもおいてある食材の中では最高級です。

今まで日本では松茸なんて、高くて食べようとも思ったことがなかったのですが、これくらいの値段であれば食べてみようと思えます。

 

実際に食べてみると「へー、松茸ってこんな感じか」というくらいの感想ですが、確かに香りは非常に良いと感じました。鍋のスープにもキノコの味が染み渡っていて、スープだけを飲んでも美味しいと感じました。

牛肉やらキノコやら、食べたいだけ食べて、男2人で300元程度。日本円にして5,000円くらいになりますが、好き放題高級食材を食べての値段だと思えば、非常に安いと感じます。おそらく東チベットを訪れる時にはまた訪ねることになると思います。

 


 

そんなこんなで、東チベット旅の第一日目が終了します。次の日は朝6時発のバスで、ガンゼへ。康定からガンゼも、成都から康定までと同様に8時間程度かかります。この8時間は、特に初めての人にとっては美しい景色に目を奪われるでしょう。友人もバスからの眺めを楽しんでいました。

雨のち晴れ。東チベットのこの時期は雨が多いのです。

 

※ ちなみに、今回成都でクレジットカードのキャッシング機能を使おうとしたところ、ATMにカードが飲み込まれて帰ってこなくなりました。やはり多少は現金も持ってきておいた方が良さそうですね。みなさまお気をつけくださいませ……。


成都で話題の熊猫夫人青年旅舎!ミセスパンダは超快適。


東チベットを目指す日本人がまず最初に降り立つのが成都。これまではSIMSという日本人経営のゲストハウスが圧倒的に有名だったと思うのですが、ハローチェンドゥゲストハウスという名で経営者も変わってしまいました。変わってもなかなか快適なんですけどね。

一方、最近熊猫夫人青年旅舎が話題に上ることが多くなっていて、ぼくも気にしていました。そんなわけで、今回、カシュガルからの帰りに立ち寄っていました。ちなみに呼び方はミセスパンダが一般的ですので、以下ではミセスパンダと書きます。

東チベット旅行に最適な立地!

夜に成都に到着し、空港からタクシーで迷いつつでも60元。今回の旅では同じ宿に泊まる日本人と偶然知り合ったため、移動費は半額の30元で済みました。

歩いて5分以内にローカルな食堂がたくさんありますし、10分も歩かないところに24時間営業のセブンイレブンもあります。中国に来たことがない人であれば、その辺を歩くだけでも楽しめそうですし、慣れた人にとっては、たまに食べたくなる日本製品を手軽に入手できるセブンイレブンが近くにあることが大きなメリットになります。

何より、新南門の駅の近くに立地しているということで、各地に向かう長距離バスが発着するバスターミナルにも近いことが素晴らしいです。東チベット旅行を計画している人にとって最高の立地と言えるでしょう。

ちなみに、交通飯店というチェーンのホテルに併設されています。ゲストハウスとホテルが合体していて、ぼくのドミトリーもホテルの中にありました。

ミセスパンダは格安。そして快適。

まず基本的なところで言えば、宿泊費はもっとも安いドミトリーで35元。おそらくアゴダ経由で申し込んだ方が安いですが、宿で直接申し込んでも大した額ではありません。インターネットはサクサク進み、シャワーはすぐに熱いお湯が出ます。ホテルに併設ということもあり、少なくともぼくが泊まった感想としてはかなり清潔な感じを受けました。

 

ぼくにとって旅の重要な要素の一つである、だらだらビールを飲む環境も整っています。大瓶の青島ビールが8元(150元くらい)。

最近は日本人が数多く集まっていますので、話し相手にも困りません。旅好きが集まっているので、話を聞いているだけもすごく楽しいです。事実、ぼくが訪れたときも世界一周中の人、仕事を辞めた人、写真を撮り歩いている人など多様な方々に出会うことができました。人との出会いは旅の醍醐味です。

 

ぼくは使いませんでしたが、カフェや食事を取るスペースもしっかり確保されていて、これはこれで便利そうでした。曜日によっては火鍋パーティーも行うようですね。

また、東チベット旅行において難敵となる高山病。この高山病に対策の漢方薬も置いていました。確か35元。値段ははっきり覚えていませんが、ぼくは次に行くときは日本で病院に行って薬をもらうなんてことは必要ないと判断する程度の価格でした。まあ、自分は高地に強い方なので高山病の薬をもらいに病院に行ったことはないのですが。

 


今回使ってみて、「次に成都に来たらまた使いたい」思いました。価格、立地、快適さのどれをとっても非常に高いレベルでバランスが取れているゲストハウスです。自分の友達に良い宿を教えて欲しいと言われたら、迷わずこの宿は勧めることができます。

雨のち晴れ。東チベットで最高の体験を。