ミャンマーのおすすめスポット・バガンを自転車でぐるり


神秘的な朝日と夕日 ~バガン遺跡群~

黒から紫紺へ、地平線から徐々に赤みが差し、急にオレンジに。 仏塔は霞と後光に包まれます。平原と仏塔と朝日……眼前に広がるのは、それだけ。

アンコールやメコン、敦煌の夕暮れも胸に残るものでしたが、それ以上かも。点々と朝日に浮かび上がっている仏塔は、その感覚の微妙な広さに物悲しさを感じさせます。同時に、それらの一つ一つが、人間が紆余曲折を経ながら、それでもなんとか歴史を積み重ねてきたということを語りかけるようです。

 

サンライズ、サンセットポイントはいくつもありますが、人気はシュエサンドー。僕はここで朝日を見ました。バイクで来れば、ニャウンウーから20分くらい。あっという間です。ただし、ここはあまりにもポイントとして有名で、日の出の最低1時間前には到着するように行かないと、良い場所はほとんど取られてしまいます。そして有名ということで、寺院は観光客でいっぱいに。かなりの混雑具合ですので、混雑が嫌いな人にとっては、「ちょっと……」という感じになるかもしれません。

もう一つ、僕が宿のおっちゃんからお勧めされたのは、ブレディというお寺です。ここは知る人ぞ知るという感じらしく、そこまで人が集まりません。人が集まらないから綺麗な景色が見れないなんてことは全然なく、ここも素敵な景色ということです(残念ながら僕は曇のせいで、綺麗な日暮れを見れませんでしたが……)。 バガンには最低2日はいてください。天気が悪ければ朝日も夕日も見れません。せめて2回はトライしてみないともったいないです。絶対に後悔します。

 

ちょっとだけ後悔してるのは、気球に乗らなかったこと。気球の値段は結構高くて、「ま、そこまでしなくても良いかなー」と思ってやめたんですが、あれだけ素晴らしいサンライズを見てしまうと、お金には代え難いものもあったかもしれないと思ってしまいました。トライしてみる価値はありますね……。

 

素敵なおっちゃんがいるゲストハウス「PYINSA RUPA」~観光拠点ニャウンウー~

バガン観光の起点はニャウンウーという小さな町。

ヤンゴンから夜行バスでバガンに向かうと、街から遥か遠くのバスターミナルで降ろされてしまうので、そこからバックパッカー旅行恒例の客引きとの交渉です。結構ふっかけてきますが、そこは一緒のバスできた人たちと協力してシェアしましょう。そしたらあんま高くないです。

 

さて、ニャウンウーに行ってくれといっても、自分が降ろして欲しい場所でおろしてくれることなんてほとんどありません。僕は街の入り口あたりで降ろされたので、朝早くから開いてる食堂で腹ごしらえ。つけ麺が美味しいです。日本で流行っている魚介の粉を使ったような味がします。麺は米粉ですが。

宿は「PYINSA RUPA」ってゲストハウス。たまたま見つけた宿ですが、地○の歩き方にも載ってます。ここはかなりおすすめです。

宿の管理をしているおっちゃんがすごく親切です(ちなみに日本語ペラペラです)。 聞けばなんでも教えてくれるし、いろいろと融通をきかせてくれます。それにすごく愉快。自分はミュージシャンだと言い、実際にヤマハのピアノを弾くそうです。木琴風のミャンマー楽器も演奏してくれました。

この宿の斜め向かいが彼の家だそうですから、頼んだら連れて行ってくれると思います。イギリス植民地時代の家をそのまま使っているそうで、中を見せてもらいました。おっちゃんの妹さんも親切で、ミャンマーの暮らしについて教えてくれながら家の中を案内してくれます。とっても貴重な体験です。

 

また、ここの宿から歩いて1分くらいのところにドラフトビールを飲めるお店があるので、ビール好きにもおすすめです。ミャンマービールの緑色の看板が出ているのですぐにわかるかと思いますが、おっちゃんに聞けば丁寧に教えてくれますよ!1杯65円くらいだったかな。

ちなみに、歩き方に乗っているゴールデンミャンマーってとこはネット予約できるそうです。他の宿もできるかどうかは不明です。

 

エーヤワディー川を突き進め!アドベンチャーツアー!

そうそう、さっき紹介した宿「PYINSA RUPA」のロビーには、ツアーの張り紙が貼られてます。エーヤワディー川周辺を冒険できるアドベンチャーツアー! ツアーではエーヤワディー川で泳いだり、隠れた遺跡を訪問したりといろいろできますが、特に、バガンからだいぶ離れた川沿いの村に訪問しちゃうのがおもしろいです。

もちろん、英語は一切通じません!中身は行ってみてのお楽しみですが、変わった企画を用意してくれてますので、ちょっと風変わりな旅行をしてみたい方には特にオススメです。僕の他にも旅慣れた日本人が何人か参加していましたが、「こんなツアーなかなかないよねー」と、けっこう満足されてました。

 

ドラクエみたい……! ~ポッパ山~

「ドラクエみたい……!」、一緒に行った相棒が興奮してました。

たしかに、外観見て「おー!」ってなります。特に青空とのコントラストは最高です。確か宿で7000チャット(うろ覚え)で予約できますし、安くて楽しいので、時間があれば言ってみても良いと思います。行ったら行ったで結構楽しいです。

 

凶暴なサルがそこらじゅうにいます……。正直、登るのはどっちでも良いかな、という感じです。登ったところから見る景色は綺麗です。

記念撮影はベストポイントでたくさんの業者(!?)がやってるようですので、その横の道路で三脚立てて撮りましょう。ノープロブレムです。

ニャウンウーから乗合バンで2時間程度、手軽に行けます。ちなみに往復の風景も良い感じなので、寝ないで頑張りましょう。おすすめ度3.5ってとこですね。

 

~お土産・その他~

ニューバガンは別に行かなくても良いかなーというのが僕の感想なんですが、オールドバガンからニューバガンのあいだくらいにある村はなかなか良かったです。

漆器の専門店があって、そこでコップを購入。値切れば結構まけてくれます。最初は1個20ドルとか言ってましたが、最終的に1個7ドルで購入。名刺入れは5ドルでした。職場のデスクにミャンマー漆の名刺入れ置いとくと、自己満度高いですよー。

その村の近くにある寺院は、ふるーい壁画が残ってます。正直、寺院の外観は4つか5つも見たら飽きてきますからねー、たまには壁画も良いもんです。

 

正直、どこでお土産に買えば良いのか分かりませんでした。露天でも漆器やらなにやら売っていますが、基本的に質がイマイチでは?と思ってしまいます。漆器の質の見分け方とかわからないので、買うなら専門店の方が良いものである可能性が高いかな?ってとこ。

ミャンマーのタナカ専門店がニャウンウーの近くにある金ピカのお寺「シュエズィーゴン・パヤー」付近にあります。タナカの専門店といっても、多角的な経営をしているようで、マッサージ屋さんから翡翠屋さんまであります。

僕はここで翡翠関係のお土産を買いました。ここは値段がFIXされてるので、安くはありませんが安心感があります。翡翠のコースターとか珍しいものも多いです。翡翠のストラップは1000チャット(100円)からありますので、バラマキ用のお土産を買うのにもGood!

 

↓バガンは自分が行った東南アジアの観光地の中でも特におすすめ!

東南アジアへの旅行で外せないおすすめのまち6選!


ヤンゴン:軍政から民主化へ、溢れ出る活気と混沌の街。


旧ビルマ。アウンサン・スーチー女史グッズがオススメのお土産に推されているのを見なきゃ、ここが軍政で民主化運動が盛んだった国の首都だなんて気づきません。あちこちに露天が並ぶ光景は、どこの国も一緒ですね。

 

この街の「今」をこの目に。大衆食堂でとことんビールを。

ヤンゴンの見所は?と聞かれても「うーん」とうならざるを得ません。せっかくヤンゴンにいるから、シェンタゴン・パヤー(ミャンマー最大の聖地と言われる仏教寺院)くらいは見ておきましょうか……、ってくらいです。

あとは定番のお土産市場「アウンサン・マーケット」でしょうか。ここは日本円からミャンマーチャットに替えてくれる人がいるので、その点便利です。しかもぼったくりレートじゃないですし。

 

そんなわけで、この2箇所は後で紹介することにして、僕のおすすめの過ごし方を。

「ドラフトビールを昼から飲みまくる」

 最高です。「せっかく海外旅行に来て何を言うんだ、観光しろよ!」と思うかもしれませんが、つまらない場所やありきたりな場所を、仕方なしにまわるくらいなら、美味しいものを食べて生ビールを飲んでたほうがよほど幸せです。修行するために海外旅行しているわけじゃないなら、とにかく楽しまなきゃ。

ミャンマーは生ビールがとにかく安いです。そのへんの大衆食堂だったら1杯6000チャットで飲めます。日本円にしてなんと約60円。これからこの国がすごい勢いで発展したとしても、今後しばらくは1杯100円以下で飲めるでしょう。

つまみだって安い安い。一品10000~20000チャットくらいで食べれますから、「もうムリ!!」ってくらい食べて、生ビールを10杯飲んだって、1500円もあればおつりがきます(てか普通はそんなに飲み食いできないと思うけど……)。コーラより生ビールが安いとか、もう飲んべえの僕からしたら、飲まないなんて選択肢は存在しません。

 

注意が必要なのは、あんまりドラフトビール(いわゆるジョッキで出てくる生ビール)を置いてる店が多くないってこと。ミャンマーがまだ結構マジメな仏教国だからでしょうか、そのへんの食堂に入っても置いてないんですよね。

街の中心部なら置いてあるのかもしれませんが、町外れに宿をとっていた僕は、なかなか探せず。ようやく見つけたのは、スーレー・パヤーの目の前にある大衆食堂風のお店。街の人に生が飲める店を聞いて教えてもらいました。

うだるような蒸し暑さと強烈な日差し、途上国の喧騒を開けっ放しの扉から眺めながらいただく生ビールの味は格別です。体に染み渡るってこのことか!とか思っちゃいます。ガブガブ飲めちゃうので、飲みすぎ注意。どこかの誰かみたいに昼から酔いつぶれることになります……。

日本じゃこんな体験できないですよ!!

 

 

確かに立派、シェンタゴン・パヤー

首都にある見所って大したことない、というのが僕の偏見たっぷりの持論なんですが、ヤンゴンの見所シェンタゴン・パヤーはなかなかのもの。

長めの階段をひょいひょいのぼって頂上までたどり着くと、巨大な仏塔が。夕暮れ時に行ったら刻々と移り変わる空の色と、それに呼応するように微妙な色彩の変化を見せる様を見れます。

もちろんそのあとは夜のライトアップ。様々な角度から照らされた仏塔は、まさに闇に浮かび上がるという表現がぴったり。湿気を含んだ生ぬるい風に吹かれながらぐるりと一周。海外からの観光客はもちろんのこと、ミャンマー各地から来た観光客やらお坊さん(スマートフォンで記念写真撮りまくってます……苦笑)の一行と一緒に、the観光。とりあえず「おー、来てよかったかも」と思えるだけの立派さです。ヤンゴンで時間があるなら、一応来ておいたほうが良いです。

都会の観光地ではどこもそうですが、ここにも怪しげな日本語で語りかけてくる輩がいます。ご注意を。

 

 

定番のお土産市場「アウンサン・マーケット」

定番中の定番です。そして定番のお土産市場は質がイマイチの割に高いというのも定番。アウンサン・マーケットも御多分に漏れず、という印象です。ぶらぶら歩いていると、あちこちから日本語で声をかけられるでしょう。ここの商品は基本的に高いと思って見て回るのが良いと思います。中にはお得な品もあると思いますけどね。

自分はここでロンジーと翡翠のブレスレットを買いました。正直、田舎で買えばもっと安く上がります。だけど「とりあえずロンジー着て歩きたい!ミャンマー気分に浸りたい!」と思ったので、そこは高いと知りつつの購入です。

ざっと見て回った感じだと、翡翠製品は高くないのでは?と思いました。ミャンマー各地、あらゆるところで翡翠のブレスレットなどが売られていますが、このマーケットでも他と変わらないような値段で買うことができます。ロンジーと翡翠ブレスレットで気分はすっかりミャンマー。旅行ではいつも白シャツを着てる僕は、いかにも現地の人みたいになりました。

ちなみに、日本でミャンマー製の翡翠ブレスレットを買おうとすると、下手したら10倍くらいの値段がします。あんまり欲しくなくても1個くらい買っても良いかも。自分は5ドルのものを買いましたが、1ドルからあります。どうせ安いなら綺麗な石の方が良いじゃん!と思うのは僕だけでしょうか?