一眼レフ初心者が大三元を買った理由!やっぱり良いものは良い!!


写真大好きなみなさん、こんにちは!レンズは何を使っていますか?

ニコン党のぼくは、AF-S NIKKOR 58mm f/1.4GとAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED、それに新型のAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VRです。これを愛機のD750に合わせています。海外旅行もこの3本で行っちゃいます。

この3本のレンズですが、現在前者が約18万円、広角が約23万円、望遠が26万円となっています。つまり2本で67万円です。高給取りならいざ知らず、ぼくのような人間にとって67万はかなりの大金です。しかも広角の大三元を買った当時、まだ最初の一眼レフを買ってからたったの1年でした。

 

もともとはD5200ダブルズームキットを購入して、そこから大三元の14-24mm f/2.8を買い足し、更にD750と58mm f/1.4を同時に購入しました。望遠レンズは最近購入したものです。ぼくが最初に一眼レフを買ったのが2年半ちょっと前ですが、これまでに買ったカメラとレンズはこれで全部です。

いわゆる初心者向けのカメラから一気に、プロも使う高価なレンズの購入までジャンプアップさせたことになります。今日は、他にも素晴らしいと言われる安いレンズがたくさんある中で、なぜこんな買い方をしたのか?という点についてお話しします。

 そもそもなぜレンズや本体を新調した?

初めて一眼レフのカメラを買ったとき、すごく写りが綺麗で感動したんではないでしょうか。ぼくもそうでした。写したいメインの被写体に近寄ってちゃんとピントを合わせると、オートでもちゃんと後ろがボケます。これがすごく楽しかったわけです。

D5200を携えて海外にも行きました。最初にインドシナ半島を一周した頃は、オートで撮影しかしていませんでした。それでも以前使っていたコンパクトデジタルカメラに比べて断然綺麗に撮れるし、そのころの写真も旅の記憶とともに宝物になっています。当時のぼくは綺麗な写真がたくさん撮れたと思って大満足でした。

 

ところがしばらくすると「なんかもっと綺麗に撮れるようになりたい!」と思うようになります。ちょうどパキスタンへの旅行を計画している頃でした。パキスタンなんてそう簡単にいける国ではありませんし、せっかく行くのだからより納得感のある写真を撮りたいと思い始めます。

それに、旅をしているとプロカメラマンみたいな人と会うこともありますし、本を読んでみればすごく高いカメラが掲載されています。雑誌なんかに掲載されているいろんな作例を見ているうちに、「もっと綺麗に撮れるようになるには、機材を新調するのが手っ取り早い!」と思うに至ります。そして、「写真はレンズで決まる」なんて話を聞いて、ぼくはレンズを新調することにしました。

 え、大三元!?いきなりなぜ?

さて、レンズを新調するということまでは決まりましたが、世の中にはたくさんのレンズが売られています。ぼくの場合、最初に広角レンズが欲しいというところまでは決まっていたのですが、広角といっても純正の大三元、小三元、その他のレンズ、サードパーティー製など、候補はたくさんあります。

結局、ぼくはAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDという、いわゆる純正の大三元レンズを購入しました。D5200と大三元という組み合わせです。ぼくがこのレンズを選んだ理由は簡単、「一番良いレンズだと言われているから」です。

 

ぼくはかつて、本気でスポーツをやっていました。そこで学んだことの一つに、最高の結果を得ようと思ったら最高の努力をしなきゃいけない、というものがあります。これは生活の仕方やお金の使い方も含めて全てに当てはまります。

ぼくの場合は陸上でしたが、これを道具の力が結果に直接反映されるようなスポーツを思い浮かべれば、より分かりやすいでしょう。たとえばボブスレーで勝とうと思ったら、あの乗り物の能力が非常に重要になるわけです。また、水泳では、新型の水着が登場したことによって多くの種目で世界記録が一気に更新された時期がありました。道具がパフォーマンスに与える影響ってものすごく大きいわけです。

 

これと同じことは写真にも言えるはずです。より良い写真を撮ろうと思ったら、やはりより良い機材が必要になります。もし自分が持っている力を全て出した上で「最高の結果」を得ようとしたら、やはり「最高のレンズ」が必要になるのではないかと思います。だから「かなり良いレンズ」とか「コスパに優れたレンズ」ではダメなんです。

単焦点にするかズームにするかは多少悩みましたが、ズームにすると決めたら買うレンズは決まったようなもの。ニコンで最高のレンズの一つとされるAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDを購入することにしました。ニコンの中でも神レンズと称される最高のレンズのひとつですね。

 

この頃はまだ一眼レフに手を出してからたった1年。お金も大して持っていないのにそのタイミングで大三元、しかも純正のものを購入する人は少ないでしょう。サードパーティー製のものにも優れたものはありますからね。

しかし、今でも購入を決断して良かったと思っています。実際、パキスタンで風景を撮影しましたが、このレンズがあったことで、少なくとも当時のぼくにとって非常にうまく写真が撮れたと思っています。

 

その後購入したAF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gについても、標準域の50mm前後の単焦点で一番良いものを買おうと思い、購入に至りました。特殊なレンズと言われますが、実際に使ってみてやはり素晴らしいと感じます。特に人物を撮ったときのボケがすごく綺麗です。

また、うまくはまったときの描写はびっくりするほどです。ぼくは海外旅行中、基本的にこのレンズをつけっぱなしにしていますが、旅レンズとして最高の1本です。目で見たものをそのまま、最高の状態で切り取ってくれます。

 


 

みなさんはどんな基準でレンズを選んでいますか?最高のレンズは値が張りますので、なかなか手が出せないものです。でも写りの素晴らしさは折り紙付きですし、買って後悔はしません。

へっぽこなぼくでも後悔しないんですから、みなさんが買っても大丈夫です。そんなわけで、みなさんも高いレンズを買いましょう!

 

雨のち晴れ。素敵な写真を撮りましょう!

(2016.11.14、2017.03.22リライト)


バンコクでムエタイ体験:カオサンから毎日通えます


サワディーカー!のタイ。そしてムエタイ!

タイと言えば遺跡巡りやマッサージ、ショッピング、それに各種ショーなど、心惹かれるコンテンツがたくさんありますね。ぼくもタイは好きで、何度も訪れています。

そんなコンテンツの一つがムエタイな訳ですが、実はこれ、実際に体験できるって知っていましたか?普通はムエタイって観るだけだと思うんですけど、ジムにちょっとだけ入門してトレーニングを受けることができるんです。

 

 ムエタイジムに体験入門

【いざ体験!】

バンコクの安宿街として有名なカオサン通りからほど近い場所に、そのジムはありました。詳しいアクセスについては後ほど書きます。

このジムでの体験、かなり本格的なトレーニングで驚きました。ぼくは陸上のトレーニングを積んでいたので、それなり以上に体を動かせるはずですが、それでも慣れない運動だったこともあって、結構きつかったです。

 

その日の体験入門者は、ぼくと白人男性の2人。白人男性は彼女らしき人を連れていますが、ぼくはもちろん一人です!笑

ムエタイのスタイルと言えば、上半身裸にムエタイパンツです。ぼくはこのためだけにムエタイパンツを買うのがもったいなくて、とりあえず持ってきていたハーフパンツで代用。上は脱ぎました。これでムエタイ!

 

さっそくトレーニング開始。縄跳びを延々と跳ばされます。それに補強運動。腕立て伏せや腹筋など、なかなかハードです。

それにパンチの繰り出し方や蹴り方、基本的なドリルを仕込まれます。指導もなかなか熱が入っていて、動きが間違っていると笑顔なく指摘されます……。そしてものすごく硬いサンドバックでパンチとキックの練習。

ムエタイといえば膝蹴りっていう印象があるんですが、あれって足首は伸ばすんですね。陸上だと基本的に90度くらいで固定するので、へーと思いました。はたから見たら全然できていないんでしょうが、パンチやキックのコンビネーションの練習をしているときは、何と無くムエタイ選手になった気分になれて嬉しいです。

 

……あれ、白人男性帰っちゃった!?

まあ気持ちはわかります。だってきついですから。普段結構動いてる自分ですらきついんですから、普通の人がやったら地獄でしょう。そんな訳で体験入門生はぼく一人に。

そしてリングに上がるよう指示され、トレーナー相手にパンチとキックをひたすら繰り返します。しかもパンチの構えが微妙になるとトレーナーに攻撃されます。もちろん軽く叩かれるだけですが、ふらふらのぼくは当然よろめきます。さらに、ひたすら「パワー!(ぱうあー!!!くらいの勢いで)」と言われ、力を抜くことを許してくれません。気合の世界です。

タイの高い気温と湿度、そしてトレーナーの熱気。止まらない汗。日本でもムエタイジムで体験できるようですが、この暑さでの体験は、タイに来て初めてできるものに違いありません。

 

……ようやく体験終了。ぼくはこのトレーニングに3回参加しました。複数回参加の方がお得になっているのはどこの国も同じですね。

3回のトレーニングを終えると、トレーナーも笑顔で「また来い!」と言ってくれます。普段はできない良い体験になりました。

 

ここでトレーナーとスパーリング
ここでトレーナーとスパーリング

【ムエタイジムへのアクセス】

ジムの名前は、ソーラワピン1。カオサン通りからすぐのところにあり、毎日徒歩で通えます。所用5分というところ。1日体験だと500バーツ。確か3回で1200バーツでした。データに記載したURLに地図もあります。

 

<データ>

名称:ソーラワピン1

住所:13 Trok Kasap, Jakkapong Rd. Panakorn, BKK Thailand 10200

HP: http://thaiboxings.com/

地図:http://thaiboxings.com/text_gym_1.html

 


 

結構きついですが、ムエタイどころか格闘技初心者のぼくもちゃんと受け入れてもらえました。せっかくタイまで行ったら、普通はできないような特別な体験をしてみてはどうでしょう?飲み会のネタにもなりますよ 笑

雨のち晴れ。乾季はいつも晴れ。