大三元じゃなく58mmf1.4で!旅でも撮りたいのは最高の1枚!


Nikon党、旅写真大好きなみなさま、こんにちは。

ぼくは海外秘境を旅するときでも、基本的にAF-S NIKKOR 58mmf/1.4Gを使っています。あとは風景を広角で撮りたいときと気が向いたときに14-24mmf/2.8に(町歩きで広角も結構楽しいしうまくいくとかなり良いものが撮れる)。

 

旅写真を撮る人の多くは、ズームレンズを使用していますし、実際に大三元の標準域はすごく便利で高性能です。旅先での出会いは一期一会。撮り逃したら最後、チャンスは二度とやってこないわけです。単焦点レンズの58mmでは、突然森の奥に野生動物が現れたりしても、うまく撮ることができないですし、食べ物関係を撮るにしても最短焦点距離が遠すぎてきちんと撮ることができません。

大三元であれば、こうした一瞬のチャンスを逃すことなく、確実に記録してくれることでしょう。標準域の大三元であれば、広角も望遠もそれなりの距離で使えますから、ほとんどあらゆるチャンスに対応することが可能です。

このような大三元という素晴らしいレンズが存在する中で、ぼくがなぜ単焦点の58mmを使い続けるのか?今日はその理由について書いてみます。

 

ぼくがあくまでも単焦点レンズである58mmで攻める理由は、大きく2つあります。1つは、ぼくの写真はやっぱり自分の旅そのものを映し出すモノにしたいから。もう1つは、難しいことをやってはまった方が、より素晴らしい写真になると思っているから。それでは詳しく語らせていただきましょうか。

 

 1.ぼくはやっぱり旅人だから!

 

先に書いたように、旅でのチャンスは一瞬です。プロ写真家として何日も一箇所に張り付いているような人でもない限り、町から町へと移動していくのが普通でしょう。そんな中では、どんな小さなチャンスをもモノにしたいと思うのが自然な気持ちです。

 

ぼくもその気持ちは同じ。ただ、ぼくの場合は旅行から写真に入っていった人間ですから、あくまで旅それ自体も大切にしたいんですね。そして、旅の写真は作品であると同時にぼくの思い出そのものでもあるわけです。しかも、おそらく自分の写真の強みは、海外などを含めて人と仲良くなることで生まれる雰囲気ですから、ぼくが実際に見て感じたありのままの風景から離れたらダメなんです。

そう考えると、ぼくはあくまでも旅先で自分の目で見たそのものを撮りたいし、そうした方がベターなんだと思います。自分の足であちこち歩き回って、その中で目に入ってきたものをありのままの形で残すのが旅好きのぼくにとって最良の撮影方法なんだと感じます。

 

旅行から帰ってきて写真を見返したときに、自分の目で見た記憶と目の前にある写真が一致するのもすごく気持ち良いです。旅の記憶という隠し味が加わった写真には、愛着もひとしおです。

 

 2.やっぱ最高の1枚を目指したい!

 

そんなこと言っても、ときには「ここで最初からズームをつけていれば。。。!」と思うこともあります。58mmの固定だと、どうしても逃してしまうチャンスが出てくるからです。

じゃあチャンスを逃さないように大三元にしたらどうなるのか?そう考えてみたら、やっぱり少なくとも今は58mmで頑張った方が写真としても良いものが撮れるだろう、という結論に至りました。

 

正直なところ、ぼくの写真技術はすごくもなんともなくて、なんとなく基本を独学で勉強したんだね!っていうくらいのものです。仮に大三元の標準域を使って撮ったとしても、綺麗だけど平凡な写真ばかりになってしまうでしょう。それだとぼくは満足できません。

写真を作品として考えるなら、平凡な写真を量産したところで意味がないと思うんです。そういう考えなので、1回の旅行で「これは!」というものが1枚でもあれば、その旅における撮影は成功と言っても良いくらいです。

 

確かに大三元レンズは素晴らしいです。めちゃくちゃ綺麗に映ります。その写りの良さは、単焦点と遜色ないくらいだと言われています。だから、もし自分のセンスや技術に自信がある人だったら、大三元レンズで勝負したら良いと思います。一方で、58mmは特殊なレンズだと言われています。ピントがあった位置からなだらかにボケていく味は、このレンズならでは。つまり他のレンズでこの表現はできないってことです。

多くの写真家が大三元で旅写真を撮る中で、ぼくのようなヒヨッコがそれを真似しても足元にも及びません。でも、そういった人がなかなかしないようなことをすれば、ちょっとだけ追い縋れるかもしれませんよね?

良い写真を撮れる確率を落として、最高の写真を撮れる確率を上げない限り、ぼくの場合は太刀打ちできないわけですから、58mmを使って他の人が撮れないようなものを目指すのは、理にかなっているのではないかと思います。そう、だからやっぱりぼくは58mmが良いんです。

 


最後に言いたいのは、旅先でAF-S NIKKOR 58mmf/1.4Gを使ってはまったときは、めちゃくちゃ嬉しいし、ちゃんと作品になるってこと。

将来的に、ぼくも大三元の標準域を買うことはあるかもしれません。それでもきっと、58mmのような孤高のレンズを手放すことはできないでしょう。なんせ唯一無二の表現が可能なレンズなわけですから。

 

雨のち晴れ。次もまた、自己ベストの1枚を!


リアル脱出ゲームに参加してみた!初めてでも十分楽しめた!(随時更新)


初めてリアル脱出ゲームに参加してみました。普段ぼくはこういうゲーム系とかアクティブな活動はしないのですが、このゲームが好きな友人から「一緒に行こう!」と言われての初体験です。

感想としては、思った以上に楽しくて、これならまた行ってみても良いな、と思えるものでした。そんなわけで、今日はリアル脱出ゲームってどんなものか、そしてぼくが参加してみて感じたことをご紹介します。

ネタバレはしないので、安心して読んでくださいね。

 そもそもリアル脱出ゲームって何?

 

リアル脱出ゲームは今かなり人気を集めているので、ぼくのような情報感度が低い人でなければすでにご存知かもしれません。このゲーム、プレステなどのコンピューターで行うテレビゲームと異なり、ゲームが行われる会場に足を運び、ゲーム中に隠された様々な謎を解き明かしながら「脱出」を目指すものです。

ぼくが参加したのはアジトオブスクラップと呼ばれる常設型のリアル脱出ゲームで、参加者10人で閉じ込められる1つの部屋から脱出することを目指すものでした。まさにぼくたちが「脱出」とイメージするそのものだと言えます。部屋の中にはたくさんの謎とヒントが隠されていて、それを参加者同士で協力しながら探し、解き明かしていくものです。

 

ヒントは部屋じゅうに隠されていて、しかも机の裏みたいな普通はみないような場所までまさに部屋中をくまなく探さなければいけません。また、謎の数も結構たくさんありますので、参加者内で役割分担をすることも大切です。ヒントや謎それ自体を探す人と、見つけた謎を解き明かす組に分かれ、それぞれが自分の役割を果たすように行動するわけです。

このようなゲームの性質ですから、ゲームに参加することで初めて知り合った見ず知らずの人とも積極的にコミュニケーションをとることが求められます。もともとそういうゲームだと知って来ている人がほとんどですから、コミュニケーション能力が高い人ばかりですのでご安心を。仮に自分が若干人見知り気味でも、周りの人から話しかけてくれると思います。

 

 リアル脱出失敗したけど、参加した感想

 

今回挑戦した会場でのゲームでは、結局脱出に失敗してしまいました。でも参加している間はずっとワクワクできたので満足です。純粋に童心にかえって楽しめました。

 

強いて言えばもう少し自分がなぞなぞに慣れてから参加できれば、より楽しめたと思います。

このゲームで出てくる謎は言ってみればなぞなぞみたいなもので、それを解くためにはひらめきのようなものが要求されます。そのため、なぞなぞやこのゲーム自体に慣れている人ほど有利だと思います。なぞなぞ関係って、ある程度のコツみたいなのがありますよね。そのコツの引き出しが多い人ほどチームに貢献できるのではないでしょうか。

ぼくには直感的ひらめきもなければ経験もなかったので、とにかく探索くらいはできるように頑張りました。ぼくのように素人丸出しの人でも、ちゃんと仕事ができるようになっているんですね。

 

また、今回のように脱出できないにしても、小さなクリアを積み重ねてクリアに向かうので、随所で達成感があります。言うなら、中ボスを倒しながらラスボスに向けて進んでいく感じです。

だから、失敗したからといってつまらないということにはなりません。迫り来るタイムリミットを意識しながら謎を解き、そこで少しでも前に進めると、全く見ず知らずの人同士でも連帯感のようなものが生まれてくるから不思議なものです。途中からみんな興奮しだして、キャーキャー言いながらゲームに取り組みます 笑

 

ちなみに、最後にはタネ明かしもしてくれるので、すっきりした状態で帰ることができます。

 

 別の脱出ゲーム会場にも行ってみた!

 

先日、また同じ友達と別会場の脱出ゲームにも行ってみました。浅草にある「隠れ鬼の家からの脱出」です。このゲームは制限時間30分。前回が60分でしたから、半分の時間でクリアする必要があります。また、メンバーは6人。これも前回が10人でしたから、だいぶ少ないことになります。会場も結構広くて、知らない人同士のメンバー間でコミュニケーションを取る機会も多かったです。

基本的には前回行った会場と同様、閉じ込められた密室の中でなぞなぞの鍵になるアイテムを探し出し、謎を解き、そして一つずつミッションをクリアしていくものでした。結構お化け屋敷みたいな雰囲気が出ていて、臨場感たっぷりです。

しかし今回も30分でクリアすることはできず無念の終了……と思いきや、なんと追加料金を支払うと10分延長できるらしいw 悔しかったのでみんなで10分延長しました。その甲斐あって、最終的に今回はクリア!クリアできなくても解説してもらえますが、やっぱりクリアした時の気持ち良さは格別!また参加したいと思ってしまいました。

 

また、さらにさらに別の会場にも行ってみました。今度はホール型と呼ばれる、みんなで一同に会する中で、数人のグループが一つのテーブルを囲み、与えられたり探し出した謎を解いていくパターン。

臨場感は、実際に物理的な脱出を目指す常設型の方が上ですが、このホール型でも脱出ゲームの醍醐味であるワクワク感は十分に味わうことができます。ぼくが参加したのは横浜で再演された企画だったのですが、脱出率は非常に高く、半数以上のチームが脱出できる状況でした。

友人は脱出ゲームの難易度はそれなりに高くないとつまらないと言っていましたが、ぼくは多少簡単と感じるようでもちゃんと脱出したいなぁ、と思ったり。

 


参加費は会場によって若干異なるようですが、だいたい前売りで3000円程度、体験時間は1時間。前後の説明なんかも合わせると1時間30分程度のイベントです。3000円と聞いて最初は少し高いと思いましたが、実際に参加してみると、これくらい楽しいなら払っても良いと思えます。

1時間30分くらいで終わるという時間設定も良い感じで、このくらいの時間しか取られないのであれば、イベントに参加してから飲みに行ったり買い物に行ったりできますよね。

ぼくのように友達と一緒の参加であれば、1日に複数の遊びができるはずです。実際、ぼくはイベントに参加してからジェットコースターに乗りに行き、さらに温泉、ラーメン、宅飲みとフルコースの1日を過ごせました。

そんなわけで、なかなかオススメのゲームでした。ぼくはまた誘われたら参加しようと思ってます。

 

雨のち晴れ。たまにはこんな遊びも良いですよ。