ふるさと納税って知ってる?絶対お得っすよ


ふるさと納税って名前くらいは聞いたことありますよね?でも意外と仕組みのことまでは知らなかったり、半分くらい知っていて「面倒臭そう」と思ったりしていませんか?

実はこの制度とっても簡単!そしてかなりお得な制度です。ぼくも去年、今年と2年連続で制度を使っています。使わにゃ損なこの制度、今更ですが紹介します。

どんな制度?20代でもできる?

ふるさと納税という制度、これは地方自治体にふるさと納税として寄付をするとお礼の品がもらえる、しかも寄付金額のほとんどが後で戻ってくるという制度です。もう少し正確に言うと、2000円を除いて、寄付金分が住民税から控除されるんです。つまり実質的な負担は2000円。

 

もちろん、行政の制度ですから無制限にということではなく、それぞれの所得に応じてふるさと納税制度を使える上限は決まっています。それでも、何も高収入の人だけが使える制度というわけではなくて、ぼくたちのような若者でも十分に使える制度だと思っています。20代で収入がそれほど多くなくたって大丈夫です。

ぼくも今年、3つの自治体に寄付をし、日本酒とお米をもらうことができます。日本酒が1升瓶2本、それにお米25キロです。1万円の寄付でお米10キロなんていうのはザラで、頑張っている自治体は素晴らしいお礼を用意してくれています。大体3万円寄付したとしたら、2000円の負担で米30キロはもらえる計算になります。お米30キロを買おうとしたら、1万円くらいはする計算になりますから、だいぶお得です。

 

よく勘違いしている人がいるんですが、この制度で寄付ができるのは、別に自分の出身自治体に限りません。全国どこの自治体だって良いのです。ですから、世の知っている人たちは、自分が欲しいお礼の品を提供してくれる自治体に積極的に寄付をしています。

ぼくはお酒やお米をもらいましたが、お礼の品は自治体によって様々です。肉や野菜、魚といった食料品はもちろんのこと、お菓子や特産の工芸品それに旅行券や宿泊チケットまで。珍しいところでは、パソコンやディスプレイ、登山グッズの商品券なんかを提供している自治体もあります。

 どうやって寄付するの?

さて、寄付したらお礼がもらえて、大体の寄付分は返ってくる制度だということは理解していただけたかと思います。では、どうやって寄付するんでしょう。

簡単なのはふるさと納税のポータルサイトを利用することです。ここでは、自治体がどんなお礼の品を用意しているか簡単にわかります。そして、その場で寄付することが可能です。とっても簡単。

 

寄付をするときに「ワンストップ特例を希望」みたいなところにチェックを入れるのが重要です。これをやらないと自分で確定申告する羽目になります。

このチェックを入れて寄付をすると、ワンストップ特例の申請書類が自治体から届きます。これに必要事項を記入し、マイナンバーと身元確認書類を入れて提出するだけ。必要事項の記入だって1分もかかりません。あとは勝手に寄付した自治体の方で処理してくれます。

とっても簡単でしょう?これは間違いなくやらなきゃ損な制度です。お金の節約にもなりますし、お礼選びもとっても楽しいです。

 


 

ここではぼくたちが得するメリットばかりを紹介しましたが、寄付したお金の使い道を指定して、その町の支援をすることが本来的な目的。教育目的やインフラ整備、スポーツや文化のためにお金を使ってもらうこともできます。複数の自治体に寄付するのであれば、一つか二つは自分にゆかりのある自治体や応援したいと思っている自治体に寄付するのも良いでしょう。

雨のち晴れ。ふるさと納税万歳!


谷根千で雑貨めぐりと古民家ビアホール!昭和にタイムスリップ!


谷根千って知ってますか?結論から言うとめちゃオススメの場所です。見所は多いし飲み食いで遊べるところもたくさん。歩いているだけでワクワクします。

そんなわけで、珍しく今回は日本の記事。ぼくは日本も大好きなんですが、なにぶん何をするにもすごくお金がかかるので、そこまで積極的にあちこちに行くことがありません。でも今回はたまたま知った仕事の関係で存在を知った谷根千が素晴らしかったので、プライベートでも訪れてみることにしました。

 谷中銀座で買い食いと雑貨めぐり

日暮里駅北口を出て直進すると、何やら出店がたくさん。その様子はフリーマーケットというか海外の道端で物を売っている感じというか。そして大きめの階段と絵を描く人々。ここが「夕やけだんだん」なんでしょう。この階段あたりを境に、一気にレトロな感じが増していきます。

海外雑貨もたくさんで、ぼくはトルコのクッションとかランプとか欲しくなりました。あとはバングラやネパールで生産したカバンやストール。こちらは日本人が監修しているということで非常に質が高い感じでした。もちろんお値段もそれなりでしたが。海外さんということに関係なく物が素晴らしかったので、少しお金に余裕ができたら買いに行きたいですね。

 

谷中銀座といえば、昭和のレトロな感じが残っている場所として有名ということ。コロッケの買い食いなんかもできて、観光客がたくさんです。でもまだものすごく多いというところまで入っていなくて、押し合いへし合いで疲れ切ってしまうということはありません。買い食いのお店も何人かお客さんが列を作っていますが、1分2分待てば購入できます。こんな手軽さもこの辺の魅力なんだと思います。

カフェやオリジナルグッズを売る店もたくさんあって、それほど広いエリアではないはずなのに、ゆったりと過ごせてしまいます。

ここで見つけたのがトルコランプのお店。小さめの物であれば5000円程度から売っています。この価格は非常に良心的ではないかと思います。また、実際に自分でトルコランプを作れるワークショップも。日本唯一とかで、もう中は満席。女性同士やカップルで賑わっていました。ぼくもランプが欲しいと思っているので、こちらはそう遠くないうちに訪れることになると思っています。こうしてどんどん部屋が海外風になっていくんですね……笑

 谷中銀座を抜けて、根津方面へ

この辺の見所は谷中銀座だけではありません。ここから今度は上野・根津方面へ。こちらにもカフェがたくさん。このあたりからお寺もたくさん見えてきます。これは確かに外国人受けしそうです。観光地としてのポテンシャルは高いでしょう。

どうやらロンリープラネットやトリップアドバイザーといった海外の旅行本やサイトではすでに紹介されているらしく、昔ながらの日本を味わえる場所として人気を集めているよう。

 

今回、ぼくは友人と一緒に古民家ビアホールを目指していたので、ここから上野霊園方面へ歩きます。リアル指人形のお店や銭湯など、みどころいっぱい。谷中銀座で遊んで銭湯に行くとか最高ですね。温泉大好きなぼくは、銭湯も大好きなのです。

ここで立ち寄ったのが海外雑貨店、青泉。物が大好きなおばちゃんが切り盛りしています。中は所狭しと雑貨が並んでいて、10万円のランプから数百円の物まで。ぼくがかつて訪れたパキスタンやチベット圏のものもありました。とっても面白いおばちゃんなので、中で一緒に話をしているだけでもすごく楽しいです。結局ぼくはインドのカードホルダー1000円をゲット。なぜかおまけで数千円分の雑貨をプレゼントしてくれました。ペルーの絵がキュート!

 

それともう1軒。こちらは瑜伽庵(ゆかあん)という骨董喫茶と茶席のあるお店。1000円で和室の中でお茶とお菓子を味わえるほか、珈琲屋さんもやっています。ここは2階にあるので、一見すると入りにくいですが、いただいた珈琲も美味しい物でしたし、素敵な陶器に入って出てきます。

ランチもキーマカレーと珈琲のセットで980円とリーズナブル。珈琲がたぶんとても良い物を使っているので、かなり実際はかなりお得だと思います。ここはまた必ず使います。

お店の人曰く、こだわって異空間を2階につくったら、喫茶店だということがほかの人から分からなくなってお客さんが来ないんだとか。隠れ家的な使い方をするのも良さそうです。そしてぼくは、ここで約1万円もするアンティークのティーカップを買ってしまいました……。素敵だから後悔はしていないんですけどね!

 

 いざ、ビアホール「あたり」へ。

さてさて、そんなわけで当初の目的地ビアホールへ。ここは「あたり」という複合施設になっていて、オリーブと塩の店やパン屋さんも一緒になっています。非常に古い古民家をリノベーションした建物で、雰囲気はバッチリ。

 

ビールはここ限定の谷中ビールから、ホワイト、ペール、ipaと4種類あります。サイズはLサイズからSサイズまで3種類と、飲み比べセットがあります。ぼくと友人は初めての来店ということもあり、飲み比べセットを注文。地ビールらしい香りが素敵。

そしてフードはと言うと、ソーセージや燻製など、どちらかというと軽めの物ばかりですが、そのどれも味がしっかりしていてすごく美味しい。燻製とかもうこれでもかっていうくらい燻製っぽさが出ています。しかも全て土鍋でつくっているという代物。

 

単に昭和風のお店であれば世の中にたくさんあると思いますが、このお店は変に演歌を流すわけでもなく、あくまでも自然体です。それでいて古民家のしっとりと落ち着いた感じがゆったりとした気分にさせてくれます。美味しいビールと食べ物、そして落ち着ける木のぬくもり空間は最高の組み合わせです。

 


 

素晴らしきかな、谷根千。ぼくが外国人を案内する機会があれば、きっとここに連れてくることでしょう。また、別に外国人向けに作られた観光地というわけではないので、ぼくのような日本人が普通に訪れても十分に楽しめます。見どころ、食べどころがいっぱいです。

雨のち晴れ。明日はきっと晴れますように。