タシュクルガンでパミールの息吹を。タジク族が住む国境の町。


【重要】5月4日より、カシュガルからタシュクルガンへの個人旅行が禁止されました。ツアー会社に登録すれば行けるようです。

→7月末日現在、パスポートのチェックはしっかりと行われるわけではなく、特段問題なくタシュクルガンまで行けたという話が出ております(ただしパキスタンビザ保有者)。詳しくはコメント欄をご覧ください。

 

カラコルムへの入り口、タシュクルガン(塔什库尔干)。中国でもウイグルでもなく、パキスタンでもない。パミール高原に生きるタジク族の小さな町。山と草原、馬を繰る男と刺繍する女、ロバを引く老人。観光名所はほとんどないけど、こんなに暖かくて面白い土地はありません。

そして、中国からパキスタンのフンザに抜けるためには、このタシュクルガンのバスターミナルからバスで峠越えすることになります。この国境の町は、カラコルムハイウェーの入り口でもあります。

タシュクルガンってどこ?どう行く?

中国側からパキスタン・フンザを目指すなら、まずは中国最西端、新疆ウイグル自治区のカシュガルに行く必要があります。そして、カシュガルからフンザへ向かい途中、国境越えの際に前泊する町がタシュクルガンです。つまり、フンザに行く順序としては、カシュガルからタシュクルガンへ(1泊)、そしてカラコルム峠越え、ということになります。

 

カシュガルからタシュクルガンに向かう途中には、カシュガル郊外の見所として名高いカラクリ湖があります。高所にある湖なので、水は青く、後方に山々を望む清々しい景観を楽しむことができます。

自分の場合、カシュガル郊外からシェアタクシーでこの町に行くことにしました。現地の漢民族やウイグル族、タジク族と相乗りで、料金は一人120元(ウイグル族の車の方が安かった。漢民族の車は少し高い)、4人揃うと出発という形式です。所要時間ははっきりとは言えません。運転手の気分次第だからです。6時間くらいは目安としてみておくと良いと思います。運が良ければ4時間くらいです。3度シェアタクシーを使いましたが、2時間程度は差が出ました。

このシェアタクシー、街の中心部からは少し離れた場所で待機しています。「 塔什库尔干亦事处」とメモを書いて見せれば大抵の人がわかってくれます。エイティガール寺院の近くからタクシーに乗って10元もかかりません。ただし、2017年5月現在、タシュクルガンへの個人旅行ができなくなっていますので、シェアタクシーで向かうこの方法は使えなくなっています。喀什老城青年旅舎でツアーを使うなりカラクリ湖でリリースしてもらうなりの手段を相談してください。

 

また、カシュガルのバスターミナルからタシュクルガン行きのバスも出ているそうです。パキスタンのスストに行くバスも出ていると聞いていますが、自分では確認していません。

タジク族とともに

 小さな小さな国境の町。先に書いた通り、ここは単に国境の町というだけではなく、暖かく素敵な町です。

顔立ちも出で立ちも独特のタジクスタイルの子ども達が、陽が昇ったばかりの肌寒い通りを学校に向かいます。秋になると、街全体にピンク色のコスモスが咲き乱れ、女性たちのタジク帽子と鮮やかなコントラストを見せます。パミールの山々や湿原もとても美しいです。冬は冬で、荒涼とした大地と雪が美しい風景を見せてくれます。

 

この町、素晴らしいところはいろいろありますが、やっぱり一番は人です。気さくで優しくて、ゲストをもてなそうという気持ちが伝わってきます。植村直己(超有名な登山家)さんの本にも書いてありますが、いわゆる僻地っぽいところの人々の特徴なのか、「うちに来い」と言ってくれますし、行くとナンやチャイでもてなしてくれます。

ただの外国人旅行者に対して、ためらいなくもてなす心意気は、ぼくらも見習う必要があると思いました。ぼくは3度訪れたわけですが、どの訪問時も1度は民家にお邪魔しています。

村の少年たち
村の少年たち

女性のタジク帽子は、ものすごくきれいです。刺繍のみのものとビーズを貼り付けたものがありますが、特にビーズを貼り付けたものは、太陽の光に照らされるとキラキラ光ります!

ぼくの印象では、おばあちゃんは刺繍のみのもの、若い子はビーズ付きのものをかぶっている感じでした。帽子の高さもものによって微妙に違い、「こういう微妙な差でおしゃれするんだろうなー」とか思って感心。

 

そんなわけでお土産に是非とも買って帰りたいと思ったのですが、この女性用タジク帽子、意外と高いです。1000円くらいで買えると思っていたので、面食らいました。質がいまいちなものだと150元くらいで買えますが、良いものだと300元もします。日本円にしたら5000円以上。想定していた金額の5倍です。男性用の帽子も同様で、羊をきちんと使った上質のものだと、450元。値切っても380までしか下がりませんでした。

数件店を周りましたが、どこもそれ以上は下がりません。ゲストハウスのオーナーに聞いても、やはりそれくらいはするとの答え。ウイグル帽子の場合、安いものなら30元とかで買えるので、その10倍です。

結局「どうしても欲しい!」と思って買ってしまいましたけどね。これだけ高いとなると、相当物好きな旅行者でなければ買わないでしょうし、その分レアなはずです。

 山・平原・空の全てが美しい町

この土地に来て、美しい風景を語らないわけにはいきません。「ため息の出るような美しさとはこのことか……」朝日を見ながらそう思いました。

ずっと続く平原にポツポツと立つゲル、裾野からすっとそびえ立つ山々、そこから徐々に顔を出す太陽。平原の水路に太陽の光が眩しげに反射し、山肌はオレンジに染まります。たった30分程度で全てが色を変え、まるで全く違う景色を見ているかのよう。もちろん、どの景色もそれぞれ美しいです。

タシュクルガンが本で紹介されることはあまりないのですが(長倉洋海さんの写真集には出てきます)、この地域はぼくの中で世界の絶景といえるものでした。おそらくアフガンのワハーン回廊などもにたような雰囲気なのだろう、と想像しています。

 

タシュクルガンの中心部からカシュガル側に少しもどると、ひたすら平原が広がっています。もちろん遠くに山が見えます。羊が放牧され、本当にのどかです(たまに警察がいて緊張しますが)。細い道には数十分に1台程度しか車が通りません。何もありませんが、風が気持ち良いです。それほど長期な旅行なわけでもないのに、観光地ではないところで「風に吹かれて気持ち良いなー」って言えるだなんて、ものすごい贅沢ですね!

最近は漢民族向けの観光地化が進んでいるようですので、素朴な雰囲気を味わうのであれば、可能な限り早く訪れた方が良いと思います。

 

タシュクルガン唯一の観光地といえば石斗城。ぼくは遺跡にはそれほど惹かれないのですが、ここから見る朝日もなかなか良いです。遺跡と山をいれて広角の写真を撮ると、いかにもな感じでニンマリできます。

朝日に照らされる石斗城
朝日に照らされる石斗城
町の後方に広がる湿原。朝は馬に乗って走る男の姿も。
町の後方に広がる湿原。朝は馬に乗って走る男の姿も。

 宿泊事情について

自分は交通賓館と功徳賓館、そして北緯38度青年旅舎の3か所に泊まったことがあります。

ひとりなら青年旅舎のドミに止まれば安上がりですが、2人以上なら他でも別に高くありません。カシュガルから同じタクシーに乗ってきたパキスタン人(住んでるのはウルムチ)と一緒に交通賓館に泊まったこともあります。ちなみに、交通賓館から50mほどの距離にパキスタンのカレー屋さんがあって、とても美味しいです。

 

交通賓館はチェーン展開しているホテルですから、ありがちなビジネスホテルです。中国国内を旅行した人であれば、一度は目にしたことがあるでしょう。

功徳賓館も同じです。受付の人とかの感じがとてもよく、近くの食堂を教えてくれたり、祭りを見てからカシュガルに帰るにはどうしたらよいか一緒に考えてあれこれ案を提示してくれたりしました。タクシーのおっちゃんに頼んで、祭りを十分に見てからカシュガルに向かうように言ってくれたのもここの人です。暖房、WiFi、ホットシャワー完備。冬であれば1泊80元で個室に泊まれます。全く不満はありませんでした。

北緯は今までにぼくが泊まった中では変わった雰囲気のところで、ドミの他に雑魚寝用の部屋もありました。もちろんぼくは雑魚寝部屋に宿泊。街の中心から少し外れているからか、あまり人はいませんでしたが、なかなか快適に過ごせます。個人的にはどこも同じようなビジネスホテルより、いろんな旅行者の旅の跡が見えるゲストハウスの方が好きです。

ここも例に漏れず、いろんな人が旅行を楽しんでいった跡でいっぱい。ちなみに、ここでは自転車が借りられます(有料だけど安い)。ちょっと遠出してみたいときには便利です。

 


雨のち晴れ、明日はきっと晴れるよね。

 

※ カレー屋のオーナーがめちゃ格好良い!英語はペラペラ、その他にも数ヶ国語を話せるらしく、知性があふれる!「お前、学生なんだから腹減ってるだろ?好きなだけ食ってけよ。俺も昔は腹すかせてたもんさ……。」なんて言うあたり、男気ありすぎです。冬はやってませんでした。

※2 バスターミナルの近くにも青年旅舎があります(K2)が、そっちはイマイチらしいです。冬は閉鎖しています。途中一緒に旅をしていた中国人が言ってました。

 

フンザへの行き方もまとめています。詳しくはこちら↓

フンザへの行き方【まとめ】〜中国・ウイグルからパミールを越えて〜

2016の年末年始もタシュクルガンで過ごしました。その時の一部始終はこちら↓

3度目の新疆!タシュクルガンで写真を撮りまくる。

個人でのタシュクルガン訪問はツアー以外難しくなりました。

いざタシュクルガンへ!?最悪の事態が発生。

(2016.11.13、2017.1.14、5.14、6.13リライト)


ヤルカンド(莎车)には昔ながらのウイグルが残っていた


タシュクルガンに行けなかったという悪夢のような一日が終わり、さてどうしようかと考える一日。カシュガルでは今までに何度も撮影していたので、光線状態がイマイチな日中は宿で休養をとりつつ、翌日以降の予定を考え直しました。

宿のボスにどこへいくのが良いか聞き、結局ヤルカンドという南の町に行くことに。夕方から散歩と郊外の村での撮影を行い、宿でビールを飲んで就寝。

いざヤルカンド!現地の人と列車の旅を。

前日、青年旅舎のボスからヤルカンドを勧められ、他に当てもないのでその勧めに従うことにしました。ボスからは、30分に1本くらいは出てるからバスで行けば良いと言われていて、その通りにするつもりでしたが、朝になってスタッフに聞いたら「電車にしたら?」とのこと。
理由は、あちこちに警察のチェックポイントがあって煩わしいから、とのこと。田シュクルガンに行くときにチェックポイントで追い返されていたので、同じ轍は踏みたくないとの思いから、電車を利用することに。駅の撮影もしたかったこともあり、ちょうど良いと考えました。電車を利用しないとプラットホームに入れないので、駅と列車内の撮影も兼ねておけば、移動そのものが撮影になるというわけです。

新疆カシュガル老城青年旅舎から駅までは15元。前日の疲れもあって朝は比較的ゆっくりと寝ていたため、朝ごはんを食べていませんでした。そんなわけで、中国恒例の公共施設でカップ麺です。

ちょっとレトロで、ちょっと無骨な列車が到着すると、他のお客さんと一緒に硬座席へ。初めてシルクロードを旅したときは、硬卧と軟卧の夜行列車を利用しましたが、今回はたった2時間の旅程ということで、硬座でもまったく問題ないのではないかと思ったわけです。乗ってみて驚いたのは、硬座といってもちゃんとシートが柔らかいということ。
ベトナムで硬座を使ってハノイからフエまで南下したときには、本当に木製の硬い座席だったので、てっきり硬座とはそういうものかと思っていました。ちなみに料金は25.5元でした。安い。
さすが、カシュガルからウイグル自治区の南部に向かう列車だけあって、乗客はウイグル人が多く、ウイグルを旅していることが濃厚に感じられます。
大きなカメラが珍しいのか、子供たちが駆け寄ってきては写真を撮ってくれとせがんできます。列車内の風景を撮影しているうちに、あっという間にヤルカンドに到着です。

青年旅舎はどこ?迷う→とりあえず観光

ヤルカンドに着くと、ゲストハウスまで直行するべくタクシーへ。青年旅舎の文字が写るポスターの写真を見せたのですが、ウイグル人が漢字を読めなかったらしく、ポスターに掲載されている観光名所に連れて行かれてしまいました。
その後再度タクシーで向かおうとするも結局場所がわからず。1時間と心身の体力をロスしてしまいました。
仕方がないので、まずは連れてこられた観光地を見てみることに。どうやら昔のスルタンや有名な詩人(王妃)のお墓が名所になっているようです。たいていの場合、こういった場所は一瞥して終わりくらいのことが多いですが、この場所に関しては、想像以上に良かったです。
昔からのお墓がかなり良好な状態で保存されていて、レリーフも非常に綺麗です。古の王国に想いを馳せるには素晴らしい場所だと思います。料金は詩人のお墓と合わせて15元。
この2つの観光地を見たら、気を取り直して宿探しです。写真が変な印象を与えてもいけないので、住所だけを別の紙に書き写し、警察等に道を聞いてみます。正直なところあまり期待してはいなかったのですが、丁寧に教えてくれました。
このヤルカンドでの2日間で気づいたのですが、南の警察は中国の他の地域のものとは違います。警官のほとんどがウイグル人で、できる限り協力してくれようとします。中国で警察を頼れるとは思っていなかったので、意外な気持ちを抱くと同時に、すごく嬉しくなりました。
結局、観光名所であるアルトゥンから2キロほど離れている場所に探していたゲストハウスがありました。すごく驚いたのが、警察署と一体型になっているということ!今までいろいろなゲストハウスにお邪魔しましたが、さすがにこの形態は初めてでした。
しかも、そこで働く警察は非常にフレンドリー。自分から写真を撮ってくれと言ってくるほどでした。この2つの例をみても分かるように、警察が威圧的なことは全くなく、カシュガルとは大きく雰囲気が異なると感じました。

やっと思いで撮影へ。

荷物を降ろし、いざ撮影です。大通りから一歩入った通りには小さな商店が並んでおり、地元の人たちの生活を伺うことができます。

新城路から老城路の方面に向かって進んでいくと、バザールが開かれている一角があります。ご飯屋さんが集まったエリアもあれば、男たちが集まってトランプに興じているエリアもあります。また、大きなサムサ屋さんもあり、イケメン君が一生懸命作業していましたので、お願いしてたくさん写真を撮らせてもらいました(ウイグルではおじいさん・おばあさんや子供はよく見かけますが、10代後半から20代前半くらいの若者を見かけることが少ないです)。

ヤルカンドは地球の歩き方にも町の紹介が載っていないような町ですが、カシュガルに比べてもウイグル本来の雰囲気が更に色濃く残っていて、元々のウイグルの雰囲気を味わうには非常に良いと思われます。

バザールでウイグルの雰囲気を十分に味わって、ゲストハウスに戻り長い一日が終わります。

実質旅行最終日は写真を撮りまくる。

旅6日目。この日ヤルカンドからカシュガルに帰れば、もう次の日には帰国です。

やはり1週間程度の旅行でカシュガルまで来ると時間が足りないですね。とにかくできる限りのことをやっておこうと、この日も前日と同じバザールへ。

バザールから更に郊外に向けて歩いていくと、昔ながらのウイグルの町が残っています。歩いていると呼び止められ、家に招いてもらえました。若い男性が家にいて珍しいと思ったら、日本の某メーカー製のバイクに乗っている際に事故にあったということで、療養中のようでした。

途上国と言われる地域全般に言えることですが、ここウイグルでもバイクが非常に多いです。きらびやかな民族衣装と現代的なバイクとの組み合わせは興味深いものです。

撮影を終え、カシュガルへ帰還。時間があればホータンまで行ってみたいと思いましたが、こればかりはどうしようもありません。

帰りは長距離バスで、タクラマカン砂漠を爆走です。途中、検問が4つもあり、やはりチェックが厳しいと感じました。通れるかどうかわからないという心配をするくらいなら、電車で移動した方が良いのかもしれないと思います。(バスは車両によって値段が違い、自分が乗ったのは高い40元のものでした)


こうして1泊2日の短いウイグル南部旅行は終了しました。時間さえあれば、もっとじっくり回って見たい地域です。タシュクルガンには行けなかったですが、こうして他の場所でがんばれたので良かったです。

雨のち晴れ。明日はきっと晴れますように。