成都で話題の熊猫夫人青年旅舎!ミセスパンダは超快適。


東チベットを目指す日本人がまず最初に降り立つのが成都。

これまではSIMSという日本人経営のゲストハウスが圧倒的に有名だったと思うのですが、ハローチェンドゥゲストハウスという名で経営者も変わってしまいました。変わってもなかなか快適なんですけどね。

一方、最近は熊猫夫人青年旅舎(ミセスパンダユースホステル)が話題に上ることが多くなっていて、ぼくも気にしていました。そんなわけで、カシュガルからの帰りに立ち寄っていました。また、このウイグル旅行を行った同じ年の夏にももう一度成都を訪れ、再度こちらの宿にお世話になりました。

ちなみに呼び方はミセスパンダが一般的ですので、以下ではミセスパンダと書きます。

交通飯店の隣にあるミセスパンダ。というか一体化しています。

東チベット旅行に最適な立地!

夜に成都に到着し、空港からタクシーで迷いつつでも60元。今回の旅では同じ宿に泊まる日本人と偶然知り合ったため、移動費は半額の30元で済みました。

 

歩いて5分以内にローカルな食堂がたくさんありますし、10分も歩かないところに24時間営業のセブンイレブンもあります。

中国に来たことがない人であれば、その辺を歩くだけでも楽しめそうですし、慣れた人にとっては、たまに食べたくなる日本製品を手軽に入手できるセブンイレブンが近くにあることが大きなメリットになります。

 

何より、新南門の駅の近くに立地しているということで、各地に向かう長距離バスが発着するバスターミナルにも近いことが素晴らしいです。東チベット旅行を計画している人にとって最高の立地と言えるでしょう。

だって宿の隣が東チベット方面のバスターミナルですよ?徒歩で2分程度です。

 

ちなみに、交通飯店というチェーンのホテルに併設されています。ゲストハウスとホテルが合体していて、ぼくのドミトリーもホテルの中にありました。

 

また、成都から日本に帰る際も安く空港まで移動できます。ユースホステルから徒歩10分程度の場所に空港行きのバス乗り場があり、10元で空港まで行くことができます。2人以上でしたらタクシーで行ってもさほど変わらないと思いますが、1人ならちょっぴり安いですね!

ミセスパンダは格安。そして快適。

まず基本的なところで言えば、宿泊費はもっとも安いドミトリーで35元。おそらくアゴダ経由で申し込んだ方が安いですが、宿で直接申し込んでも大した額ではありません。インターネットはサクサク進み、シャワーはすぐに熱いお湯が出ます。ホテルに併設ということもあり、少なくともぼくが泊まった感想としてはかなり清潔な感じを受けました。

 

ぼくにとって旅の重要な要素の一つである、だらだらビールを飲む環境も整っています。大瓶の青島ビールが8元(150円くらい)。

最近は日本人が数多く集まっていますので、話し相手にも困りません。旅好きが集まっているので、話を聞いているだけもすごく楽しいです。事実、ぼくが訪れたときも世界一周中の人、仕事を辞めた人、写真を撮り歩いている人など多様な方々に出会うことができました。人との出会いは旅の醍醐味です。

 

ぼくは使いませんでしたが、カフェや食事を取るスペースもしっかり確保されていて、これはこれで便利そうでした。土曜には火鍋パーティーも行うようです。

 

また、東チベット旅行において難敵となる高山病。この高山病に対策の漢方薬も置いていました。確か35元。値段ははっきり覚えていませんが、ぼくは次に行くときは日本で病院に行って薬をもらうなんてことは必要ないと判断する程度の価格でした。

まあ、自分は高地に強い方なので高山病の薬をもらいに病院に行ったことはないのですが。そうは言っても、いざという時のことを考えると持っていた方が安心ですよね。

スタッフに心から感謝

2017年の夏にあらためて成都を訪れ、その際もこのゲストハウスを利用させてもらいました。この夏は友人と一緒。アチェンガルまでの旅路をなんとかかんとか終えて成都につき、夜店で買い食い。そして友人のアレルギー反応。
完全に私たちの注意不足だったのですが、本当に焦りました。中国の病院なんて知らないですし、でも自分の隣では友人が苦しんでいるし。

そんな時、ここのスタッフが助けてくれました。病院の位置を教えてくれるだけではなく、なんと中国語が分からない私たちのために、21時から0時くらいまで付きっ切りです。「申し訳ないから」と何度か申し上げたのですが、それでも心配して付き添ってくれました。感謝しても仕切れないほどです。


今回使ってみて、「次に成都に来たらまた使いたい」思いました(実際に2回目も使いました)。価格、立地、快適さのどれをとっても非常に高いレベルでバランスが取れているゲストハウスです。自分の友達に良い宿を教えて欲しいと言われたら、迷わずこの宿を勧めることができます。

雨のち晴れ。東チベットで最高の体験を。

 

2017.0519投稿, 0730リライト


甘孜(ガンゼ)を満喫!ゴンパにピクニックに温泉!【東チベット再訪その2】


康定から甘孜へのバスは、何と6時出発。

事前にバスのチケットを買ってなかったのですが、とにかく朝一でバスターミナルに行ってみることにしました。日曜だったということもあるのかもしれませんが、すでにバスターミナルの入り口には長蛇の列が。幸い、ほとんど荷物検査の列に並んでいる人で、バスチケットは買うことができました。116元だったかな。

 

甘孜行きがなかったので、その先の行き先(徳格行き)のチケットを買って途中下車というオペレーションでした。普段なら「メイヨー」で終わりのところ、融通の聞いたオペレーションに驚きました。ほんと、奥が深い国ですねー。それとも、時代とともにサービス面も向上しつつあるのでしょうか。

ガンゼゴンパへ!まずは定番から。

朝6時出発だったこともあり、甘孜にも早く着きました。去年泊まった宿が悪くはなかったので、手っ取り早く同じ宿に決めてチェックイン。3,300mの高地に来ているということで、ゆっくりのんびり散歩しながらガンゼゴンパに行ってみることにしました。

 

アチェンガルという大僧院が近くにあることもあって、ガンゼゴンパの知名度は決して高くはありません。中には甘孜をアチェンガルへの中継地として使うだけで、街を巡らない人もいます。

しかし実際に訪れてみると、なかなか規模の大きな僧院ですし、お坊さんも温かく迎えてくれます。甘孜の街が一望できる場所にあり、眺めも良いです。

また、前回訪れた時には問答風景を見ることができました。行って後悔する場所ではありません。今回は雨が降り出したタイミングで小坊主達が本堂に連れて行ってくれました。

甘孜で高原ピクニック!

甘孜は標高3,300m。前回は甘孜までは平気で、アチェンガルに行ったら高山病できつくて死にかけました(まるでインフルエンザのように寒気と節々の痛みでのたうち回り、さらに顔がむくんでパンパンに)。

こうした経験から、今回は同じ轍を踏まないように気をつけようと、旅開始前から考えていました。そのため、甘孜に到着したその日と翌日の計2泊することにして、体調を整えることにしました。

 

到着初日はガンゼゴンパを巡ったので、2日目は別のことを。もともと仏像工場を撮影したいと考えていたので、午前中は友人に付き合ってもらい集中して撮影へ。そして午後は甘孜の街から離れたところを歩いて見ることに。

ガンゼの地図。地図の右のほうに行ってみました。

中心街からバスターミナル方面に歩いてさらに進むと、完全に街から外れます。街から外れたところで左手の民家が立ち並ぶ区域に入って行きました。甘孜の街は北側がだだっ広い草原になっていますが、その草原に入って見たわけです。

どこまでも続くかに思える草原とところどころに植えられた麦や菜の花。草原の真ん中にポツンと設置されたタルチョ。ピクニックには最適です。

街の外れにある小高い丘、そこにある小さなゴンパらしきものを目指してひたすら歩きます。途中途中で美しい草原や移り変わる空模様を撮影しているので、歩くだけでも清々しい気分です。丘に登ると、美しい景色と充足感。ゆっくり寄り道しながら歩いても3時間くらいだったので、ちょうど良いピクニックとなりました。

丘の上からはガンゼの街を一望できます。すごく綺麗です。

まちの外れにある小高い丘より。

ピクニックの後は温泉へ

長時間暑い中歩いて汗もかいたわけで、そんな時は温泉へ。甘孜は温泉が有名な地域ですので、一度行ってみると良いと思います。硫黄の匂いが漂うエリアで、個室のお風呂でのんびりできます。

友達と小一時間ものんびりと温泉に浸かり、だらだらしました。成都に到着してからというもの、移動ばかりでのんびりする時間があまりとれていなかったので、久々ののんびりです。

1年前に来た時は感じなかったのですが、今年はいかにも「再開発中」といった雰囲気で、あちこちが工事中。中国の開発スピードはものすごく速いので、次に訪れる時はきっと浦島太郎状態でしょう。

 


 

甘孜は「これぞ!」という見所はないですが、東チベットの雰囲気が残ったまま人々の生活が営まれている素敵な町です。ガンゼゴンパと温泉に行くだけでも満足度は高いはずです。

さてさて、甘孜で一休みして、次は大トリ、アチェンガルゴンパへ。

雨のち晴れ、きっと明日は晴れるはず!