ふるさと納税って知ってる?絶対お得っすよ


ふるさと納税って名前くらいは聞いたことありますよね?でも意外と仕組みのことまでは知らなかったり、半分くらい知っていて「面倒臭そう」と思ったりしていませんか?

実はこの制度とっても簡単!そしてかなりお得な制度です。ぼくも去年、今年と2年連続で制度を使っています。使わにゃ損なこの制度、今更ですが紹介します。

どんな制度?20代でもできる?

ふるさと納税という制度、これは地方自治体にふるさと納税として寄付をするとお礼の品がもらえる、しかも寄付金額のほとんどが後で戻ってくるという制度です。もう少し正確に言うと、2000円を除いて、寄付金分が住民税から控除されるんです。つまり実質的な負担は2000円。

 

もちろん、行政の制度ですから無制限にということではなく、それぞれの所得に応じてふるさと納税制度を使える上限は決まっています。それでも、何も高収入の人だけが使える制度というわけではなくて、ぼくたちのような若者でも十分に使える制度だと思っています。20代で収入がそれほど多くなくたって大丈夫です。

ぼくも今年、3つの自治体に寄付をし、日本酒とお米をもらうことができます。日本酒が1升瓶2本、それにお米25キロです。1万円の寄付でお米10キロなんていうのはザラで、頑張っている自治体は素晴らしいお礼を用意してくれています。大体3万円寄付したとしたら、2000円の負担で米30キロはもらえる計算になります。お米30キロを買おうとしたら、1万円くらいはする計算になりますから、だいぶお得です。

 

よく勘違いしている人がいるんですが、この制度で寄付ができるのは、別に自分の出身自治体に限りません。全国どこの自治体だって良いのです。ですから、世の知っている人たちは、自分が欲しいお礼の品を提供してくれる自治体に積極的に寄付をしています。

ぼくはお酒やお米をもらいましたが、お礼の品は自治体によって様々です。肉や野菜、魚といった食料品はもちろんのこと、お菓子や特産の工芸品それに旅行券や宿泊チケットまで。珍しいところでは、パソコンやディスプレイ、登山グッズの商品券なんかを提供している自治体もあります。

 どうやって寄付するの?

さて、寄付したらお礼がもらえて、大体の寄付分は返ってくる制度だということは理解していただけたかと思います。では、どうやって寄付するんでしょう。

簡単なのはふるさと納税のポータルサイトを利用することです。ここでは、自治体がどんなお礼の品を用意しているか簡単にわかります。そして、その場で寄付することが可能です。とっても簡単。

 

寄付をするときに「ワンストップ特例を希望」みたいなところにチェックを入れるのが重要です。これをやらないと自分で確定申告する羽目になります。

このチェックを入れて寄付をすると、ワンストップ特例の申請書類が自治体から届きます。これに必要事項を記入し、マイナンバーと身元確認書類を入れて提出するだけ。必要事項の記入だって1分もかかりません。あとは勝手に寄付した自治体の方で処理してくれます。

とっても簡単でしょう?これは間違いなくやらなきゃ損な制度です。お金の節約にもなりますし、お礼選びもとっても楽しいです。

 


 

ここではぼくたちが得するメリットばかりを紹介しましたが、寄付したお金の使い道を指定して、その町の支援をすることが本来的な目的。教育目的やインフラ整備、スポーツや文化のためにお金を使ってもらうこともできます。複数の自治体に寄付するのであれば、一つか二つは自分にゆかりのある自治体や応援したいと思っている自治体に寄付するのも良いでしょう。

雨のち晴れ。ふるさと納税万歳!


海外旅行の持ち物とおすすめアイテムをまとめてご紹介!


初めてのバックパッカーとなると、とにかく心配事が多いですよね。特に持ち物については、何をどうすれば良いか手探りになるかと思います。

ぼく自身、何をどうしたら良いのかよく分からず、ネットやら本やらで情報を集めていました。それが今や数分で持ち物を準備できるようになり、単身ウイグルやパキスタン、東チベット等にまで行けるようになりました。

今日は、そんな私が旅に出るときに準備している持ち物をご紹介します。特におすすめ5選についてはぜひご参考に。備えあれば憂いなしとはよく言ったものですが、特に慣れない海外に行く際には、事前の準備をしっかりして旅先での不安を取り除きましょう。

 おすすめ7選!

海外旅行の必需品は数あれど、「めちゃ便利!」というものの中には、口コミでしか伝わらないものがあります。ここでは、ぼくが個人的にとても便利だと思うもので、あまり他のページで薦められていないものを紹介します。

 

①ハンガー

バックパッカーの定番といえば、洗濯バサミとロープ。これでどこでも洗濯物を干せます!ということで、確かにそれでもよう果たせないことはないのですが、僕はハンガーを1本持っていくととても便利だと思います。

できればプラスチックの先が尖っていないものを準備しましょう。針金ハンガーだとバックパックに穴を開けてしまう可能性があるからです。プラスチックの安いハンガーであれば、旅先で部屋に忘れてもなんら惜しくはないと思います。

ハンガーがあれば、襟付きのシャツ(お寺に行くときは、一応手持ちでも良いので持って行ったほうが良いです。入れないと悔しいですしね。)を干すときなんかに便利ですし、紐付き洗濯バサミと併せて使うことで、省スペースで下着類をまとめて干すことも可能です。

ドミトリーでは自分一人で生活するわけではないので、この省スペースで済むということは大きなメリットになります。紐で干す場所を確保しようとすると、得てしてかなりスペースをとってしまいがちです。しかも、部屋によっては紐を結ぶ場所が見つからないなんてことも。

軽くてかさばらず、しかも旅先では非常に重宝するハンガーをぜひ、旅のお供に。

②紐付き洗濯バサミ

バックパッカーにとって洗濯バサミは必需品です。この洗濯バサミ、100均で売ってる小さな紐(輪っか)付きのものにしてみてはいかがでしょう?

それぞれの洗濯バサミに小さな輪が付いていることにより、引っ掛けれそうなところがあればどこでも洗濯物が干せます。もちろんロープ不要です。当然ながらとってもお手軽。「下着だけ洗いたい!」なんてときは、ささっと手洗い→紐付き洗濯バサミを使ってちゃちゃっと干す、で完了です。旅先で出会う人からも「それ、いいね!」とよく言われます。

③箱ティッシュ

トイレットペーパーの代わりです。もうバックパッカーといえばトイレットペーパーの芯を抜いて潰して持ち歩くのが当然、といった雰囲気がありますが、箱ティッシュに入っているティッシュのほうが肌触りが良く、しかも一枚一枚に分かれているので使いやすいです。

かさばったり箱がぐしゃぐしゃになるのが嫌ということであれば、詰め替え用のティッシュにすれば良いです。貧乏旅行で大変になりがちなバックパッカーな旅を少しでも快適にしたいと思うなら、箱ティッシュを持ち歩きましょう。

これも旅先で日本人にあげると喜びます。最初から箱ティッシュにすれば良いのに。

④洗濯用の網

私のバックパックの中は、大きく3つに分かれます。一つは着替え系、一つは薬やアダプタ・充電器、そしてお土産。これをわかりやすく分けるのが洗濯用の網です。

もともとバックパッカーな旅に適したバックパックもありますが、とにかく広いスペースを確保しているだけのバックパックをお持ちの方もいるでしょう。大きな洗濯網に入れて分けることによって、ものを探す手間がほとんど無くなります。整理整頓が簡単だと旅先での時間も増えますし、ストレスも軽減されます。これも100均で売っているので、買って準備しておきましょう。

ゲストハウスに泊まる機会が多いバックパッカーにとって、ゴソゴソと荷造りするときに音が出にくい点でも評価に値するものでしょう。

⑤ストール

防寒対策&旅気分アップのためです。そして首筋の日焼けを避ける効果もあります。特に高地に旅行する際には、1日の中で寒暖の差が激しく、日差しが強い場合が多いです。こうした環境の中で体温調節などをする際に、ストールはとても重宝です。

あとは単調になりがちな旅先での格好・服装に変化を出すためにも使えます。1本あると、「旅人っぽい感じ」になって良い感じです。旅に出て旅気分になるのも気持ちが良いものですよ。

ちなみに僕は、ラオスのルアンパパーンで買った手織りのストールを愛用しています。カシミールに行ったとき、日本人旅行者から「あ、それラオスのでしょ!」と言われた事もあったり。

⑥家族や日本の写真

見せるとすごく興味を持って見てくれます。日本の生活ぶりや風景は、海外の特に秘境と呼ばれる地域の人たちにとって、全く想像できないもののようです。ぼくはこれまで携帯で写真を見せていましたが、今後は印刷して持っていこうと思います。なんならそのままプレゼントしても良いですしね。

これは特に言葉が通じない人たちとのコミュニケーションに適しています。海外に行くには英語さえ覚えていれば……と思いがちですが、英語が全く通じない地域だってたくさんあります。そんな人たちとは基本的にジェスチャーでコミュニケーションをとるわけですが、より親しくなりたい時にはプラスアルファの工夫が必要です。

その点、写真は言葉がいらないですし、見てそれだけで感じてもらうことができますから、非常に優れたコミュニケーションツールになります。

⑦綺麗な折り紙

こちらもコミュニケーションツールです。海外の辺境ではよく家に招かれますが、お礼としてお金を渡そうとしても受け取ってもらえないことも多いです。感謝の気持ちを表すために鶴を折ってあげるとすごくよろこばれます。小さな子供がいる家庭だと、子供が他の家の子供に自慢しに行ったりすることも 笑

 その他の持ち物リスト!

<必須のもの>

これがないとそもそも旅ができません。他の何を忘れても、これだけは忘れないようにしましょう。

  • パスポート・ビザ・航空券(コピーも)

  • お金、クレジットカード、キャッシュカード

  • 携帯電話・充電器

  • カメラ(三脚・レンズ・SDカード含む)

  • 変圧・変電器

  • リップクリーム、ニベアクリーム

 

<通常準備しておくべきもの>

海外旅行に行くなら、普通の人は用意しておくよね?というものです。どれも日本から持っていくとその品質の良さに驚くようです。欧米人が、ロンプラより歩き方のほうが写真が載っていて好きと言われた事があります。

  • ガイドブック

  • バックパック、普段歩き用バック、ポシェット

  • 時計(標高とか分かるやつだと面白い)

  • ボールペン(入国証とかもらうためにも使います)

  • 電卓(携帯電話で代用可。ただし盗難に注意。)

  • 南京錠

  • コンタクトレンズ

  • 簡単な防寒着 ウルトラライトダウンとか

  • 服 パンツ・靴下・シャツ・襟シャツ

  • サンダル

  • 薬(風邪薬、胃薬、正露丸、解熱鎮痛剤)

  • パソコンかタブレット(スマートホンで代用可)

  • 爪切り・綿棒・歯ブラシ・石鹸・速乾タオル・髭剃り

  • タオル(特に水泳用のセームが吸水性・速乾性の点で素晴らしい)

 

<あると便利なもの>

最後にあると便利なもの。旅行の計画次第では置いていっても良いものだったりします。特に乾燥地帯や日差しが強いところに行く際はリップクリームと日焼け止めをお忘れなく(忘れていくと後悔します)。

  • 水着

  • リップクリーム、日焼け止め、保湿クリーム(割と大事)

  • クリアファイル

  • メモ帳

  • ゴミ袋

  • お土産用小さいカバン

  • 日本のお菓子(現地の人へのお土産にもなる)、折り紙などのプレゼント用

  • S字フック

  • 懐中電灯

  • 音楽プレイヤー

  • チェキ(現地で写真を撮ってプレゼント)

  • ウエットティッシュ(特にシャワーがない場所では必須)
  • ホッカイロ(冬・手がかじかまないようにするため)
  • コーヒーのパック(どうしても飲みたくなりますよね)
  • 栓抜き
  • 高山病の薬

 


 

いかがでしょうか。極論を言えば、必須のものさえあればあとは現地で調達可能かもしれません。そうはいっても、慣れないうちは不安ですし、余計な事に時間を使いたくないですよね?できる限り日本にいる間に揃えてしまいましょう。

なお、カメラ関係の道具のうち、ピンセットや三脚は飛行機の機内持ち込みができない場合があります。あらかじめ預けるようにしましょう。

雨のち晴れ。準備万端で晴れやかな旅立ちを!

 

※ 旅の服装についてはこちらをどうぞ。

海外旅行の服装まとめ:快適さとファッション性を両立させよう!

(2016.11.13、2017.1.14リライト)