休日の過ごし方リスト!もう暇だなんて言わせない!


「しんどかった1週間の仕事を終え、今日は心待ちにしていた土曜日……だけど、特にやることもないなぁ。」こんなことありませんか。ちなみに僕はしょっちゅうでした。リア充羨ましいです。

そうは言っても、本当は心待ちにしていたはずの休日に何をするか、毎週1から考え始めていたら時間がもったいないですよね。なんといっても「心待ちにしていた」んですから。そんなわけで、大切な休日に時間のロスがなくなるよう、あらかじめやることの候補を考えておきましょう。

一例として、僕が土日に何するか決まっていないときの検討リストをご紹介します。とりあえず①アクティブ系、②インドア・家で粛々と系、③写真・カメラに費やす、の3つにカテゴライズしてみました。

 ①アクティブ系

  1. 友人と遊ぶ
  2. スポーツなどの運動
  3. 温泉に行く
  4. 旅行に行ってみる
  5. カフェ巡り、近くの商店街へ、図書館などの公共施設へ
  6. イベントに行ってみる
  1. 友人と遊ぶ

休日にやることがなければ「あいつでも誘って遊ぼうかなぁ」と一度は考えるでしょう。そうは言っても、急に声をかけているので、誘いに応じてくれるかどうかわかりません。

また、遊ぶといっても、何をして遊ぶのか、どこに行くのか、といった問題が依然として残ります。結局のところ、自分が何がしたいのかを決める必要があります。何がしたいのか、という点については、これから以下に書いていく項目を参考にしてみてください。友人と一緒でも楽しめるものばかりです。

「今日・明日」で遊びたいということでなければ、友人と遊ぶためのアポ取りをしても良いでしょう。

2. スポーツなどの運動

平日は朝から深夜まで仕事、という生活をしていると、十分に運動できていないのではないでしょうか。運動が大切であることは言うまでもないですし、やらなければ血行が悪くなったり、肩こりや腰痛の原因にもなってしまいます。

軽いジョギングを30分程度でも良いでしょうし、学生時代に取り組んでいたスポーツの練習をしても良いでしょう。また、働き始めてからクライミングやスカッシュなどの新しいスポーツを始める人も少なくはありません。自分に合ったスタイルで、運動を楽しみましょう。

3. 温泉に行く

休日のリフレッシュに温泉は最適です。昔は温泉なんて若い人が行くものではないと思っていましたが、実際に行ってみると本当に良いものです。特に疲れがひどかったり、体のどこかが不調をきたしているときには、その回復のためにも試してみるでしょう。

僕はスポーツに取り組んでいて怪我の治療をする際には、治療院への通院と併せて、温泉通いも行っていました。血行が良くなりますし、筋肉がほぐれるので、大抵の怪我が早く治るようになります(※)。友人と行っても楽しいですよ。

※急性期は除きます。

4. 旅行に行ってみる

土・日の2日間だけでも、近郊への小旅行は可能です。これが3連休になれば、なおさら選択肢は広がります。旅行は、普段とは違う、いわゆる非日常を味わうことができるものです。

肉体的な疲れに関しては、家でゆっくりと休んだり、温泉や銭湯に行ったりすればある程度癒すことができるでしょう。難しいのは、精神的な疲労を癒し、回復させることです。この精神疲労を回復させるためにも、旅行は非常に有効だと思います。

東京に住んでいれば、たとえば諏訪や日光、鎌倉など、名の知れた観光地にも簡単にアクセスできます。観光地巡りをして普通に楽しむのもよし、カメラを持って撮影旅行に行くもよし、あるいは本を持参して宿でのんびり過ごすのも人によっては有意義な過ごし方になるでしょう。

僕が今考えている新しい趣味は、ゲストハウス巡りです。海外を旅するようになり、たくさんの宿にお世話になりましたが、電気を消すと南京虫が出てくるというびっくりな宿がある一方、宿のオーナーや旅仲間と楽しく語らうことができた思い出深い宿もありました。こうした経験を積み重ねるうちに、「日本の宿はどうなってるんだろう?」という素朴な疑問が湧いてきたんです。人によって旅の目的は様々ですが、こんな旅の楽しみ方もあるんですよ、というご参考です。

5. カフェ・商店街・公共施設などへ

勉強をするにしても本を読むにしても、はたまた現実から離れてただただのんびりぼーっとするにも、カフェは非常に使える場所です。僕はコーヒーが好きで、最近は高くてもこだわりのコーヒーを入れているお店に行くことが多いのですが、コーヒーの味自体にこだわりがなければ、チェーン店でもそれなり以上に美味しいコーヒーを飲みながら、自分なりの時間を過ごすことができます。

近くに商店街があれば、そこに行ってみるのも良いでしょう。日用品を買い揃えられるだけではなく、普段入らないようなお店にも足を運んでみることで、新しい発見があるかもしれません。僕は下町の雰囲気がすごく好きなので、時間があれば八百屋さんや魚屋さんで買いものをしますし、通りをウィンドウショッピングするのも好きです。思いの外、リフレッシュできますよ。

図書館もオススメです。写真集はタダでいろいろ見れますし、インターネットが繋がる場所では、その場でネットを使いながら集中して作業することができます。人気の図書館ではなかなか場所をとれないのが残念ですが、それでも開館時間と同時に入館する気持ちでいけば、たいていの場合は問題なく席を確保できます。

このほか、美術館や博物館に足を運んでみても面白いでしょうね。今であれば東京国立博物館で行われている「黄金のシルクロード」なんか行ってみたいです。あと上野の「幸せの国ブータン」も。自分は文化的素養に乏しい方だと自認していますが、旅をするようになって、分からないなりにも海外の文化財を見て楽しいと思えるようになりました。シルクロードのやつなんてなかなか見れませんから、特に東京に住んでいて興味があるようなら行ってみるべきでしょう。

6. イベントに行ってみる

非日常の代表格といえばイベントでしょう。アーティストのライブやコミケなど、人によって関心のあるイベントは様々です。旅好きの僕がオススメするのは、タイフェスなど特定の国に関するイベントです。去年はラオスフェスティバルとベトナムフェスティバルに行ってきました。

例えば、ラオスフェスティバルではラオスで有名なパパイヤサラダやラープ、それに定番のビアラオ(ラオスビール)といった食事はもちろん、ルアンパパーンで有名な織物をはじめとする民芸品もたくさん。行ったことがある国であれば懐かしさを、行ったことがない国であれば新鮮な興奮を味わうことができるでしょう。

 インドア・家で粛々と系 

  1. 旅行先の研究・計画
  2. 読書、映画・DVD鑑賞
  3. 勉強
  1. 旅行先の研究・計画

旅こそが人生、と考えている僕たちにとって、いかに旅を充実させるかは非常に重要な問題ですよね。行ってみて現地で情報を集め、その都度気が向くままに旅するのもとても楽しいですが、仮にそうするにしても、事前に情報を集めておいた方が、行動の選択肢は広がります。

例えば、僕が次に行きたい東チベット(アチェンガル、ラルンガル)などは、非常に情報が少なく、ネット上に散らばる経験者の体験談を収集していくことが必要になります。長期休みと言っても、とれるのはせいぜい1〜2週間。飛行機や現地での移動を考えると、実質的に楽しめる時間は必ずしも多くありません。現地で「こんなはずではなかった」とならないように、普段から計画的に情報収集したいものです。

2. 読書、映画・DVD鑑賞

インターネットが発達した今、無料で読める読み物はたくさんありますし、読書以外の娯楽も充実しています。実際、本の売り上げは落ちているそうです。でも、そんな無料のものがあふれている時代だからこそ、本には一定以上の質が求められ、実際に担保されているのではないでしょうか。

小説や評論、あるいは雑誌でもよいかもしれません。紙媒体の書籍に目を通し、普段とは違った驚きを感じたり、新しい知識を得たりすることも、有意義で楽しい休日の過ごし方になるでしょう。旅が好きなら、定番の「深夜特急」なんていかがでしょう。ちなみに、僕のオススメ旅本は「青春を山に賭けて(植村直己著)」です。

読書と並んでインドア定番の映画・DVD鑑賞。インドはラダック地域にある天空の湖「パンゴン・ツォ」が舞台になっている邦題「きっとうまくいく」は近々見てみたいと思っています。あとは宮本輝の「草原の椅子」も、フンザに行く物語ということで一度見てみたいです。小説もなかなか良かったです。

3. 勉強 (英語、資格、生きていくための、生活快適化)

休みの日だからこそ勉強を、と考える人も少なくはないでしょう。特に20代でしっかり勉強しておけば、その後の長い人生でずっと役に立つはずです。

勉強の定番といえば英語。僕も今現在勉強中です。なかなかまとまった時間が取れず悪戦苦闘していますが、継続は力なり。毎日単語を3つずつでも覚えられれば、1年で約1000語彙を増やすことができます。情報収集の面でも、今後の人生の保険を作る意味でも英語の勉強はしておいて損がないものです。一番のメリットは、海外旅行でより楽しめることですけどね!

自分の生活を豊かにするための勉強も面白いです。例えば家事について。今は定職について仕事をしているけど、いつどうなるかわかりません。仮に収入が少なくなったとしても、生活の質はできる限り落とさないようにしたいと考えています。もし収入が減ったとしても、自炊で美味しい料理を手軽に作れるスキルがあれば、収入が十分ではない生活も、それほどストレスなく我慢することができますね。僕が今はまっているのは、美味しい調味料探しです。とりあえずAmazonで人気の調味料を揃えてみようかな、と考えているところです。

仕事の効率化について、いろいろな記事を漁って自分にできそうなことを考えてみるのも面白いです。たとえばこんな記事が参考になります!(http://udai.wpblog.jp/?p=358)僕自身、いろいろな人のブログを読んだり、いろいろな業界で働いている友人から話を聞いてみました。仕事の効率化を図ることができれば、その分余暇も多くなります。仕事の効率化に費やす時間を先行投資と捉えられれば、時間をかけて惜しいものではありません。

このほか、たとえばコーヒーに関する勉強や、転職についての勉強、ブログを運営する際のコツなどなど、勉強すべきこと、やっておいて役立つことはたくさんあります。自分の中で優先順位をつけて、あるいは同時並行的に勉強しましょう。世の中勉強した人ほど得してると思います。

 写真・カメラに費やす

写真好き・カメラ好きにとって、撮影は最重要です。ポートレート、風景、ご飯などなど、好きな被写体は人によって違うと思いますが、まとまった時間が取れる休みの日には、早起きして朝日や朝日を浴びる風景を撮影してみたり、夜景や星空を撮影してみるのもよいでしょう。

撮影したものを整理するのは大変です。整理するだけではなく、RAWから現像したり、それをさらに印刷したり……。細切れの時間で行うこともできなくはありませんが、休みの日に集中的の取り組んだ方が効率はよいでしょう。僕の場合、撮影は主に海外で行っていますので、日本での土日は撮影よりも写真の整理や現像、印刷などに使うことが多くなります。こうした整理と同時に、写真コンテストの応募に取り組んでみるのもよいでしょう。

あとは写真集を見てみたり、写真展に行ってみるのも上達の秘訣と言われます。以前書いたエントリでも紹介しましたが、(http://udai.wpblog.jp/?p=335)やはり過去の色あせない名作から学ぶことは多いです。また、先日初めて趣味で写真をやっている方々の写真展に足を運んでみました。同じく海外を撮るにしても、それぞれ視点が異なっていて、興味深いものでした。写真集で言えば、最近はマッカリーのポートレートを何度も見返しています。最近の方では竹沢うるまさん(「Walk about」)がお気に入り。


いかがでしたか?

想像以上に長文になってしまいました。よく考えてみればやりたいことがたくさんあるってことですね。あらかじめ自分がやりたいことを書き出しておくことで、時間のロスは大幅に削減できますし、頭の中でやりたいことの優先順位をつけることもできるはずです。もしよろしければ、同じようにリストを作ってみてください。

雨のち晴れ。明日も頑張りましょう。

(2016.5.23執筆、11.20リライト)


日本人宿はお嫌い? 〜海外で日本人と付き合うこと〜


日本人宿って泊まったことありますか?好きですか?嫌いですか?

先日、海外で日本食を食べることの是非についてぼくの考えを書きました。

海外旅行で日本食を食べるのはアリかナシか?

 

海外で日本食問題以上に議論となるのが、日本人宿に泊まることの是非、ひいては海外で日本人と付き合うのはアリかナシかという問題。付き合うとか言って、海外で彼女ができたら万々歳じゃないか!議論の余地とかないだろ!ていうかなんで俺にはできないんだよ……。

根っこのところは海外で日本食問題と同じで、せっかく海外に来ているんだからどっぷりと海外の雰囲気に浸かるべきではないのか?日本人と付き合うなら日本で付き合えば良いじゃないか?派と、いやいやそんなことないっしょ!派の争いです。

 

そもそも日本人宿とは、バックパッカーをやっている日本人が多く集う宿のことです。日本人が経営している場合も多く、日本食を食べられたり、日本の書籍が置いてあったりします。日本人向けのツアーなどを開催していることもあり、特に英語が苦手な人にとって重宝する宿です。

このような宿に泊まる場合、必然的に日本人と接触する可能性は高くなり、宿のあちこちから日本語が聞こえてきます。便利ですが海外っぽさは薄いと言えるかもしれません(ぼくはそう思わないけど)。

 

ぼくの場合、海外で日本人と会ったら積極的に声をかけ、そのまま一緒に行動することもあります。秘境の村を自分ひとりで訪問して現地の人と交流したい時などは別ですが、基本的に観光地では誰かと一緒に歩く方を好みます。

 

 ぼくと日本人宿の出会い

ぼくが初めて泊まった日本人宿は、バンコクの某ゲストハウス。日本の象徴とも言える花の名前を冠しています。ナット2やカンボジアのヤマトゲストハウスにも泊まったことがあります。ミャンマーのピンサルパも大きくくくれば日本人宿に入れても良いでしょう。

バンコクとカンボジアのゲストハウスに泊まったのは、友人とインドシナ一周をしている途中です。大学院を修了した後、就職が決まってそろそろニート期間も終わろうとしている頃でした。

 

バンコクの某ゲストハウスは、地球の歩き方で知りました。初めてのバックパッカーだったので、とりあえず本に載っているところに行った方が安全だと考えて決めました。

この日本人宿は昔日本人が経営していたそうですが、今はタイ人の手に渡っており、お世辞にも居心地が良いとは言えませんでした。宿の中をネズミがダッシュしていますし、ベッドとは名ばかりでものすごく硬かったです。そこまでは許せるとしても、夜も電気を消せないというのは非常に辛かった。電気を消すとなんと南京虫が出てくるのだとか。

 

そんな事情があるとは露知らず、ぼくのような若者が何人か集まっていました。ぼくはここで出会ったフジ君(仮名)と仲良くなり、一緒に夜のカオサンを楽しみました。ぼくとフジ君は同じように春の就職が決まっていました。そういう境遇の近さもあって、余計に話が弾んだのかもしれません。

一緒にシンハービールを買って宿で飲み語らった訳です。バンコクでどこに行ったか、どこから来てこれからどうするのか等、話はつきません。海外で日本人と話をすることの新鮮さもあったのかもしれません。帰国後に一緒に飲みに行ったこともあります。今でも良い思い出です。

 

 日本人となら日本で会ったら良い?いえいえ、会えないですから。

フジ君との出会いを皮切りに、その後もたくさんの人と知り合いました。最近は秘境と呼ばれるところばかり行くので日本人宿はないことが多いのですが、それでも数少ない宿では自然と日本人と会う機会が多くなります。

 

学生だけでなく、働いて数年経ったお兄さんや仕事を辞めてきたというおじちゃん、青年海外協力隊に参加していたことがあるお姉さん等々、いろいろなバックグラウンドを持つ人たち。中には沈没(特に目的もなく一つの場所でのんびりしている、もしくは動く気力を無くしてしまっている)している人や、世捨て人のような方もいました。こうして出会った人から様々な話を聞くたびに刺激を受け、それ自体が海外旅行の素敵な思い出の一つになっています。

 

自分自身が海外で日本人と会うようになって気づいたのは、海外で出会う日本人は、やっぱりぼくが普段会うような日本人とは違うということです。

ぼくが海外でも日本の人と会いたい理由は大きく2つ。①趣味が同じなので、気が合う場合が多いこと、②普段会えないようなバックグラウンドの人が多く話が面白いこと、です。

 

まず第一に、お互いが海外に興味を持っているので趣味が共通しています。海外を旅行している最中に出会う訳ですから、出会いの時点で「海外に来ようと思った人」というフィルターがかかってます。海外に興味がなければ海外旅行にはこないですからね。

この趣味が共通という話は、秘境に行けば行くほど顕著になります。カシミールに関心がある人なんて、普段の生活ではまず見つけられません。同じ趣味のある人を探すのが大変なぼくにとって、最も趣味を共有できる人と出会えるのは旅行中です。

 

第二に、学校で勉強したり会社で働いていても会えないような、ちょっと変わった経験を持っている人がたくさんいます。

カオサンでは日本の生活に疲れて沈没している人や怪しいお店にひたすら通っている人がいました。カンボジアではタイで働いているという人に、カシュガルではウイグル自治区を馬で旅してみたという学生に会いました。

こういった方々と普段の生活で出会う可能性はほぼ無いと言っても良いです。彼らの人生経験や話の引き出しは一風変わっていて、それでいて聞いているとワクワクするものです。同じ日本人でありながらこんなに価値観や経験が違うのか!と驚き興奮します。自分の生き方を見つめ直すこともしばしばです。

 

というか、そもそも日本国内で見ず知らずの人と会話をすることってありますか?少なくともぼくはありません。

普段の生活では、自分が選んだテリトリーの中で、限られた人としか付き合わないのが通常ではないでしょうか。普段から気の合う人と一緒にいれば心が休まりますし、楽しく毎日を送ることができます。その一方で、新しい考え方と出会うことはありませんから、自分の価値観が変化するほどの驚きに出会うような可能性は限りなく低くなっていきます。

ぼくは一度きりの人生でよりたくさんのことを知りたいし、自分以外の人がどのような人生を送っているかにも興味があります。海外であれば見ず知らずの人同士でも「同じ日本人」ということだけで親しくなれる可能性がぐっと高まります。普段会えないような人と仲良くなれるだなんて、またとないチャンスだと思います。

 


 

「海外に行ってまで日本人とつるむだなんて……。」

このように言われることも少なくありません。ですがぼくは海外で日本人と会って話をしたり行動を共にすることは、日本ではできない経験だと思っていますし、そこにしかない価値を見出します。

 

もちろん、いつもいつもそうするべきだと言いたいわけではありません。あくまで一人を貫くのも良いですし、宿で出会った外国人と仲良くなるのだって楽しいものです。ただ、日本人とは付き合わないと頑なになるのはちょっともったいないな、と思います。

どこで会えるのか分からないという方は、まず日本人宿を探してみてください。ゲストハウスで交流することができるでしょう。人と話すことが嫌いでなければ、きっと素敵な思い出になります。

一度やってみて、嫌ならやめれば良いだけの話です。食わず嫌いにならず、まずは一度チャレンジしてみてください。

 

雨のち晴れ。いつかきっと晴れるよね。

(2016.11.13リライト)