いざタシュクルガンへ!?最悪の事態が発生。


成都での1日ロスを乗り越え、ついにタシュクルガンへ。今回は写真を撮るべくきた旅ですから、ここからが本番です。いざ出発!

快適な空の旅でカシュガルへ

5時30分、ホテルのフロントからのモーニングコールで目覚め、シャワーを浴びて空港へ。2日前にあれほど念押しして、ウイグルへのフライトにちゃんと登録するように言っておいたのに、どうやら上手くいっていなかったようでした。それでもチェックインカウンターの女性がなんとかチケットを入手。時間通りに出発できました。

ここからは、今回の旅から導入したKindleの出番です。3idiot(きっと、うまくいく)というインド映画を事前にダウンロードしていたので、それを見ながらの空旅です。この映画、ラストシーンがラダックのパンゴン・ツォという湖ということで、ラダックファンからも好評なようです。

そんな自分は前回、西へ西へ進んでザンスカールに行ってしまったので、次回は湖のある東にも行ってみたいものです。映画そのものも非常に素晴らしく、久々に良いものを見たと思えました。

いざタシュクルガンへ!?最悪の事態発生

そんなわけで空の旅も快適に過ごし、無事カシュガルに到着。前回カシュガルを訪れた際は、空港に両替所がなくてヒヤヒヤしましたが、今回は成都でお金をおろしてあるので安心して行動できます。

いつもであればカシュガルで1泊してからタシュクルガンに向かうのですが、今回は成都で1日ロスしていることもあり、無理やりタシュクルガン行きのシェアタクシー乗り場に向かいます。カシュガルへの到着時間がだいたい3時でしたが、それでもなんとかなるものです。

まあカシュガルの場合、中国とは言っても西の果てですから、実際は北京と比べて相当に時差があります。なんといってもキルギスやパキスタンと隣り合わせの位置ですからね。

ウイグルには新疆時間というローカル時間があり、これが北京と2時間差。カシュガルとウルムチの距離も相当なものですから、現実には3時間程度の違いがあるとみて良いでしょう。つまりカシュガルの到着時間が3時と言っても、現地の感覚的にはそれほど遅い時間ではないんですね。

タシュクルガン行きのシェアタクシー乗り場に15時40分頃到着。あいにく人が集まっていなかったので、荷物を預けてご飯を食べに。実はこのタシュクルガンタクシー乗り場付近にあるラグメン屋さんが美味しいのです。麺もシシカバブも。ご飯も食べて16時30分頃に出発。順調に検問を越え、ついにタシュクルガンへ……。

と思いきや、ここでありえない問題が発生。最後の検問で「行くな」と言うのです。なんとタシュクルガンへの個人旅行が禁止されたとのこと(後にカシュガルの宿で聞いたら、なんと昨日から!!)。粘りましたが、決まりだとの一点張り。

もう怒りと悲しみとで放心状態。なんのためにここまで来たのか、今回の旅はなんのためのものだったのかわからないと言っても良いくらいです。

怒りと悲しみを抱えカシュガルに帰還

放心状態のまま帰路へ。たまたまカシュガルに行く予定のドライバーに連れられカシュガルへ。パミール青年旅舎とカシュガル老城青年旅舎のどちらに行くか迷いましたが、夏は多くの人が集まりそうな老城へ。

同室の日本人とおしゃべりをして、悲しみを抱えたまま眠りにつきました。


ひたすら悲しみにくれた1日。これから先、もう全くと言って良いほど計画していません。さて、どうやって旅を続けましょうか。

雨のち晴れ。明日こそは、きっと晴れますように。


ウイグル・タシュクルガンを再訪!組写真作成のために撮影すべきものをリストアップ。


ゴールデンウィークは、またまたウイグル自治区に行くことにしました。前回は年末年始にウイグル・タシュクルガン・キルギスと盛りだくさんの旅行となりましたが、今回はウイグル・タシュクルガンと自治区内をじっくりと回る予定です。

 

今回の目的は、ずばり撮影です。これまでウイグル自治区で撮ってきた写真を一つの作品としてまとめたいと思っています。特にぼくが本格的に旅するようになったきっかけであるタシュクルガンについて、しっかりと撮影してみたいと思っています。

そこで今回は、30枚組の組写真を作るために、実際にどんな写真を撮ってくるべきかあらかじめ計画してみようと思います。

どんな写真を撮ってくるべきか

これまでの自分が意識できていなかったことを簡単にまとめると、周辺情報の少なさ、イメージカットや連続写真の不在、生活を感じさせるような静物の少なさ、ブレによる動きのなさ、構図やアングルの単調さなどがあげられそうです。構図で言えば集中線や額縁、アングルで言えば見上げる構図や見下ろす構図が足りません。

これは30枚組の写真をどうやって作っていくべきか考えた際に一度まとめたものです。今回のウイグル旅行では、こういったものを確実に収めてきたいと思います。

 

また、時間帯にもこだわりたいです。朝や夕方の時間帯が光の加減が美しく、もっとも画になりやすいわけですから、その時間帯は毎日頑張ります。特に朝は眠くて寒くてきついですけどね。

この辺は写真を頑張るなら当然と言えば当然です。日中は地元の方々のお家にお邪魔しながら、撮らせていただける範囲で撮影します。

 

さらに、撮影する場所も、あらかじめ考えてみたいと思っています。

タシュクルガンには、温泉や鉱山があるはずです。温泉が有名というのはネット情報で一部流れているだけで、どうも実際に行ってみた日本人はいなさそうですので、行ってすぐに人に尋ねてみる必要があります。

鉱山は勘です。タシュクルガンの名産がラピスラズリなどの鉱物ですから、近くに採掘しているところや精製しているところがあると思うんですね。そういった地元の生活に密着できる場所、そして他の人がまだ訪れていないところを発掘してみます。

 

ま、そんなこと言っても旅の出会いとか楽しさも捨てきれないので、最後は運次第くらいの気持ちでいようとは思います。あまりガツガツしてもかえって写真が取れなそうですし、甘っちょろいかもしれませんが、やはり自分は旅での出会いを一つ一つ大切にしながら写真を撮りたいと思っているので。

たぶん、まだまだ研究が必要

こうして書き出してみると、ある程度頭が整理されますし、現地で毎日自分の成果やこれから必要な写真を整理できます。

でもきっと、まだまだリストアップできていないものがたくさんあります。それはきっと写真集などを見て勉強していく中で、自分なりに考え、素晴らしい作品からヒントを得ていくべきものなのでしょう。

 

リストアップした写真をどうやったら撮れるのか・撮りやすくなるのかということも、あらかじめ考えておいたほうが良いと考えています。例えば、現地でコミュニケーションを取りやすくするために、自分は現地の帽子をいつも買っていますし、次回の旅行でも以前に買った帽子を持参しようと思っています。

また、これまでにウイグルやタシュクルガンで撮影した写真を印刷してミニアルバムの形にしたり、日本の状況や家族の写真もコミュニケーションの切り口になるはずです。

さらに、簡単に自己紹介や挨拶ができるとより一層良さそうです。現地では英語もほぼ通じず、通じるとしたら中国語かウイグル語、タジク語などです。そのいずれもできないぼくはコミュニケーションを言語的にとることができないわけですが、埋められるハンデは少しでも埋めることは必要でしょう。

 

そんなわけで、何を撮るべきか、どうやったら撮ることができるかを考え、研究し、頭の中を整理していきます。


すでに4月も半ば。うかうかしているとあっという間にゴールデンウィークが来てしまいます。準備は早め早めが肝心ということで、コツコツと、それでいてスピーディーに対応していきます。

雨のち晴れ。素晴らしい作品を目指して!