バクタプル:煉瓦造りの家々がセピア色に染まる中世のまち。


ネパールの古都の1つ、バクタプル。世界遺産のこのまちには、まるで中世のような雰囲気が漂っています。立ち並ぶ煉瓦造りの家々が醸し出しているのでしょう。ダルバール広場やニャタポラ寺院をはじめとする有名な寺院等も数多く残されていますが、この町の何よりの魅力は、街全体がノスタルジック空間になっていることと言えます。

 

バクタプルの今 〜震災後の姿〜

 

十分に観光できます。行ってみましょう。

自分は、震災によって約9割が倒壊してしまったという情報を得ていたので、バクタプルには行かないことも検討していました。でもどうしても諦められず、空港でたまたま会った日本の方に「パタンとかバクタプルってもう見ましたか……?どちらかに行きたいと思っているんですけど……。」とおそるおそる聞いてみたところ、「両方見ましたよー。」との答え。しかも、バクタプルは十分に見れる状態で、街全体の雰囲気が素敵、と言うではありませんか。

実際に自分で行ってみても、同じことを感じました。確かに重要な建築物の幾つかは崩れてしまっていますし、崩れないように補強されているものも多かったですが、それほど気にせずに見れる状態です。「震災で崩れているらしい……」と考えて行かないのはもったいないです。

 

異世界空間のまちを歩こう

 

ダルバール広場を含め、大きな広場が4つあります。このまちは小さいので、自由にみて回れます。観光地としてのバクタプルと、人々の日常生活が営まれているまちとしてのバクタプルが、ちょうど良い感じに両立されていて、気持ち良く見て回れます。

世界の絶景の一つとして取り上げられることもあるバクタプルですが、それも納得。確かに美しいです。まちの雰囲気が中世で、その中をきらびやかなサリーを着た女性が歩いているので、すごく映えるんです。

 

ネパールへの旅行者の多くがカトマンドゥを起点に日帰りで訪れるため、日中は観光地としての側面が強く押し出されますが、彼らが帰った後には、静かな日常生活を営むまちに一変します。バクタプルの遺跡を見たい人にとっては日中でも良いかもしれませんが、このまちの自然な姿に期待する人は、絶対に1泊すべきです。

特に朝夕が素敵です。陽が傾き始めると、セピア色の光がまちを横から照らし、いたるところで美しい光と影のコントラストが生まれます。そんな光の中を、鳩が大きな音を立てて飛び立ちます。まるで映画のワンシーンです。客引きや観光業を営む人たちも家に帰って、まちは静かになり、いたる所で焚き火が行われます。完全に日が沈むとあたりは真っ暗。

朝は朝で、まだ薄暗いまちの中をぽつりぽつりと行き交う人々。この静けさこそ、古都のイメージにぴったりです。繰り返しになりますが、バクタプルの素晴らしさはその雰囲気にあります。そしてその雰囲気を味わうためには、朝夕の滞在が欠かせません。

 

また、ところどころで名物ヨーグルトのズーズーダウや、モモを売るお店があります。モモは一皿50ルピー前後で、安くて美味しいです。店によって味が違うので、食べ比べるのも楽しいです。

 

絶品ヨーグルト、ズーズーダウ

 

雰囲気押しのバクタプルですが、自分はここの名物ズーズーダウに感動しました。バクタプルからカトマンドゥに帰る途中のバスでも食べ続けていたほどです……。

このズーズーダウ、ダルバート広場を西に出ると(カトマンズから来る場合にここを通るはず)何軒かお店があります。ダルバート広場の中にも帰るお店があるらしいのですが、観光地価格とのこと。広場を出て西に向かう途中にあるお店では、カップサイズで50ルピー、小さなタッパー(500mlはある!?)で85ルピーです。

ヨーグルトの爽やかな酸味と、レアチーズケーキのような濃厚さがたまりません。最初はカップサイズを頼んでいたのですが、そのあとタッパーサイズのものを買って宿で食べてしまいました。

自分もいろいろと旅してきましたが、少なくともデザート部門では1位です。バクタプルに来てこのズーズーダウを食べないという選択肢はあり得ません。それくらい美味いです。

 


世界遺産ルアンパパーン。托鉢、メコンの夕陽、ナイトマーケットの灯でまち全体がオレンジに染まります。


今、世界の旅行者が最も行きたい場所にも選ばれた、ラオスの古都ルアンパパーン。観光客の増加や中国の進出によって、町の雰囲気も変わりつつありますが、それでもやっぱり良いとこでした!

 

ナイトマーケット

真っ暗闇の中に、露店のオレンジの明かりだけが浮かび上がる、ナイトマーケット。 これを見るためだけに、この町を訪れても良いくらいです。ラオス最大、世界的にも有名なルアンパパーンの、夜の象徴です。織物、絵画、Tシャツ、コーヒーにお茶、手作りアクセサリーなどなど、鮮やかな商品が所狭し。

 

特におすすめはやはり織物天然のコットンを紡ぎ、草木で染めたそれは、お土産にもピッタリ。普通サイズのストールなら、品質にもよりますが、25,000kip程度で買えます。 自分は家族へのお土産に30000kip程度のストールを、自分用に100,000kipのでかでかストールを買いました。

大きなストールは手縫いの刺繍が施されています。縦1m50cmもあるでしょうか?幾何学模様の民族柄は、部屋に飾っておくのにも最適です。もちろん身につけても格好良い!なんと1ヶ月もかけて作るのだとか。これで日本円にして1,000円は安すぎます……。 お金に余裕があるなら、シルクのものを買っても良いかもしれませんね!

ラオスの織物といえば、サムヌア織が有名です。これは数百ドルするものもあるくらいの高級品ですから、ショップで買ったほうが良いでしょう。また、インディゴの非常に手触りが良いストールも売っています。

こちらはものにもよりますが、200,000kip程度(日本円にして2000円くらい)を見込んでおくと良いです。ラオスも発展しつつありますから、今後これらの織物の値段も上がっていくはず。もし欲しければ、今のうちに買っておきましょう。

 

ちなみに、お店の人は、人の顔を見て値段をつけているので、あまり金持ちオーラを出しちゃダメです。安く買い叩く必要はありませんが、必要以上に払う必要もないですしね。自分が行った時は500円程度で売ってくれたものを、次に来た初老の白人男性には1500円くらいで売ろうとしていました。。。

 

小さな町を徒歩でぐるり

ここはとっても小さな町。ほとんどの場所を徒歩で回れます。ちょっと遠くのお寺も見てみたいなら、自転車を借りてサイクリングが良いですね。

 

まず、朝はもちろん托鉢から。ワットシェントーン近くのメインストリートで見ることができるのですが、ここは観光客がめちゃくちゃ多くて雰囲気を壊しています……(サングラスかけて、ハデハデのシャツとか着てるんですよね……)。

ということで、托鉢はメコン川とメインストリートのあいだにある道で見学することをおすすめします。こちらは観光客も少なく、(たぶん)昔ながらの形で托鉢が行われています。ちょっと離れたところから、伝統を壊さないように見学させてもらいましょう。

ツーリストセンター近くの広場では、フランスパンのサンドイッチやラオスコーヒーがいただけます。朝食に一度は利用してみましょう。シェントーンに行く途中にあるカオピャックの店も安くて美味しかったです。あっさりうどんは、日本人好みの味です。

 

小さな町は、小高い丘プーシーから一望できます。メコンと町を一緒に撮影できる定番スポットです。プーシーで町を眺めて、ひとつかふたつお寺を見て、夕方に夕日を眺めながらビールを飲んで、というのがベストな過ごし方でしょう。 同じ夕日とビールでも、ルアンパパーンでやると特別な感じがします。メコンに浮かぶ小舟から少年が網を投げ、魚を捕るのを見ていると、なんとも言えない優しい気持ちになれます。

 

夜はマーケット&屋台飯。香草入の手作りウインナーをいただきながらビアラオは最高です。あ、よほどお寺好きでもない限り、すべてのお寺を回る必要はないと思います。どれも似たりよったりですので……。

 

郊外に出てみよう!

ルアンパパーンの郊外には、タートクアンシーの滝というちょっとした綺麗な滝や、織物や紙漉きの村があります。前者はちょっとしたハイキングを、後者は田舎巡りができます。どちらもマストな場所ではないですが、時間があれば行って後悔はしません。のんびりとした時間が流れています。

 

タートクアンシーの滝は、周囲を鬱蒼とした森に囲まれています。歩道が整備されているので、滝までの道のりは簡単です。滝から流れ出た水は渓流となり、美しい水を湛えています。渓流と緑のコントラストも見事で、「単に滝だけがあります」という観光地より上質な体験ができます。

森林浴のつもりで訪れてみても良いでしょう。滝の上に登る道もありますので、体力がある人は是非行ってみてください。人が歩けるようにほんの少しだけ整備された道は、より自然に近い状態です。また、滝の上ということもあり、眺めも良好です。

 

織物の村や紙すきの村は、ナイトマーケットで売られているものが実際にどのように作られているか、その様子を見学することができます。特に紙の方は、非常に安い値段で買うことができますので、日本へのお土産として、ここでまとめて購入するのもありかと。

この辺の村は、もちろん観光を視野に入れた作りになっているのですが、ルアンパパーン中心部に比べるとより素朴で、「ラオスの村」といった雰囲気を味わいやすいように思えます。

 

なお、自分は申込みませんでしたが、象使いの免許を取れるツアーもやっているようです。履歴書に「資格:象使い」とか書けたら面白いですね。

 

↓ルアンパパーンは、自分が行った東南アジアの観光地の中でも特におすすめ!

東南アジアへの旅行で外せないおすすめの町6選!