新入社員諸君!自分の身は自分で守ろう!!


新入社員の皆さん、新しい門出ということで緊張していることでしょう。ぼくのところにも新規採用の部下がつけられ、すごく緊張していました。

この時期、いろいろな人生の先輩がいかにすれば仕事をうまく回せるか、効率よく仕事ができるかなんてノウハウをまとめた記事を書いてくれます。こういう記事に書いていあることって、当たり前のようでいてなかなかできないことでもあるので、ぼくは結構参考になると思っています。

 

でも今日は、暗いかもしれませんが本音ベースで伝えたいことを書いていきます。それは、「自分の身を守れるのは自分だけだと思え」「死ぬほど辛くなったら迷わず逃げろ」ということです。ぼくは今日、新人の方にこの2つを伝えさせてもらいました。何よりも、どんなことよりも大切なことだと思うからです。

自分の身は自分で守ろう

まず一つ目は、「自分の身は自分で守るということ」です。

 

採用されるまでも説明会やいろいろな場でバラ色の話を聞かされたでしょうし、入社してからも諸先輩がたから様々なありがたいお話を聞くことができるでしょう。否定しがたい社会正義をあたかも当然のように語る先輩方に囲まれると、何かあったらきっと助けてもらえるように思うかもしれません。

もちろん、小さなミスを犯したときなんかは助けてくれることが多いです。でも大きなミスをしたときに助けてくれるかというと微妙です。もっとえげつないことを言うと、ミスを押し付けている人だっています。これが現実だと思った方が良いです。そうでなかったら、それはラッキーだと思った方が精神衛生上良いでしょう。期待が裏切られたときの失望感って大きいですからね。

 

もしもあなたが体を壊しても、会社はあなたを守ってくれません。所詮は使い捨てのコマです。それが組織です。組織の中にあなたを気にかけてくれるような心優しい人がいることと、組織という総体がどういう性格のものなのかは別次元の話です。

ついこの間まではうまくいっていたとしても、あなたが体を壊した瞬間に迷惑そうな顔をする人もいます。組織の中では人事記録にしっかりと記録され、言うなら「壊れ物」扱いされるわけです。

 

いざとなったとき、誰か心優しい人が助けてくれて、組織もバックアップしてくれるだなんていうのは幻想だと思った方が良いです。これまで両親が手塩にかけて育ててくれたあなたの体を守れるのは、最終的にはあなただけです。

 

ちなみにぼくは、内定をもらってすぐに先輩から「ようこそ懲役30年の世界へ」と言われました。うひゃー。

死ぬほど辛くなったら迷わず逃げろ

そう、自分を守れるのは自分だけです。2つ目は、死ぬほど辛くなったら迷わず逃げること。

 

それがわかっていたとしても、様々な外的な圧力によって追い詰められることもあるでしょう。ぼく自身、帯状疱疹になったり肺が劇的に老化したり、おまけに倒れたりしました。その後も体調は良くなってきません。あの頃の自分に対して言いたいことは、逃げろということだけです。

追い込まれているときっていうのは、なかなか逃げ出したくても逃げ出せないものです。精神的にも追い詰められているし、肉体的な疲労によって「逃げ出す」という積極的なアクションを取りづらい状況になっているからです。

しかしだからこそ、あらかじめ決めておくことに意味があります。できれば具体的に決めておいた方が良いでしょう。あらかじめ決めておくことにより、その場で悩むことが少なくなるからです(実際には追い詰められているから悩むのでしょうが、あらかじめ決めておいた通りにするのが良いのだ、と思いやすくなります)。

本当に追い込まれてしまうと、人生に様々な選択肢があることすらわからなくなってしまいがちです。そうなる前に、本当にやばい一歩手前で決断することが極めて重要です。言い古された言葉ですが、命より大切なものなんてそうそうありません。仕事と体のどちらが大切か、よくよく考えてみましょう。

 


そうこう言いながら、ぼくもまだ仕事を続けています。おそらく大切なのは、いざというときに自分を守れるのは自分だけだと認識しておくこと、そして自分の人生が壊れる前に逃げると決めておくことです。それだけでも気持ちの準備になります。

雨のち晴れ。できることなら、良い職業人生を。


納豆ご飯をアレンジ!?納豆パスタ風がめちゃ美味しいのでご紹介。


朝、納豆ご飯を食べていてふと思ったのですが、ぼくの納豆ご飯は特殊らしい。「こうしたら絶対おいしいじゃん?」と思って作った納豆ご飯で、別に新しい発想があったわけでもないのだけど、どうやら他の人はこんな納豆ご飯は作らないということです。でも、すごくおいしい。

 

納豆ご飯といえばネギとかからしとか卵なんかが定番で、それはそれですごく好きなんですけど、やっぱり3つくらいしかバリエーションがないと、1週間毎日朝納豆を食べるような人であれば飽きが来るんじゃないでしょうか?

 

そんなそこのあなた!にご紹介したいのが、納豆パスタ風納豆ご飯。そう、なんのひねりもないこの納豆ご飯が、すごく美味しいのに周りの人はやっていないみたいだったので、ここで紹介させていただきます。

納豆パスタ風納豆ご飯のための準備。

納豆パスタ風納豆ご飯を作るために用意するものは↓の通り。少ないです。

  1. ご飯
  2. 納豆(たれも)
  3. 鰹節
  4. 昆布茶
  5. ごま油

s_DSC_4048のコピー

これだけです。卵があったほうが納豆パスタっぽいまろやかな味に仕上がりますし、栄養価的にもグレードアップしますが、なくてもそれなりに美味しいです。より和風に近づきます。

納豆パスタ風納豆ご飯の作り方。

作り方も簡単です。ご飯を炊いて、納豆を準備して、合体!納豆ご飯の基本からぶれることなく、それでいて新しい風を吹き込みます(?)。そんなわけで、作り方はこちら。

①ご飯を炊く

まずはご飯を炊きます。炊きたてが美味しいのは当然のこと。納豆ご飯といえば炊きたて熱々ご飯にさっと納豆をかけてハムハムするのが一番ですね。ということで、炊いておきましょう。

②納豆の準備

納豆に鰹節と昆布茶とごま油と付属のタレ、そしてマヨネーズを入れてまぜまぜします。調味料の分量は適当です。ただし、納豆のタレは全部入れるので、他のものを入れなくても味が付いているということに注意しましょう。卵の分だけマヨを入れて味を整えてあげる感じです。鰹節や昆布茶、ごま油は「少々」という表現が適切です。

卵は黄身だけ使いたいので、白身は別にします(ぼくは白身を丸呑みにします。男ならタンパク質は大事です!笑)。で、卵は別にしてその辺に置いておきます。

③合体!

ご飯と納豆がそれぞれ完成しました。ご飯をお茶碗によそい、ついに合体!熱々ご飯の上に納豆をぶっかけます。ついでに鰹節を上からさらにひらひらかけると見た目も良いです。ジャーン!完成!!

あ、卵については、準備段階で納豆に混ぜ込んでも良いですね。でも、このタイミングで上から落としてあげた方が見た目的には美しいと思います。卵を崩していただきましょう。いただきまーす!

卵なしver
卵なしver

 で、どんな味?

口に入れた瞬間にふわっと広がるまろやかな……とか言うと気持ち悪いですね。食レポって難しいです。

そんなわけで極めて普通に解説すると、ずばり納豆パスタの味です。なんせ納豆パスタに使っている納豆の材料をそのままご飯にかけていますから。

 

ちょっと想像していただくとわかるかと思うのですが、卵が入っているので味はまろやか。マヨネーズとごま油がアクセントになっています。卵が入るとカルボナーラっぽい感じですが、鰹節が入っているので和風な感じも。と言いつつ、ごま油も入っているのでなんとなく中華のエッセンスもあるかもしれません。

そんなわけで、和洋中の良いところを掛け合わせた感じです。納豆好きなら嫌いということはないと思います。いつもの納豆ご飯に飽きてきたら、たまにでも食べてみたら良いでしょう。ぼくはこのなっとうご飯が一番好きなのでしょっちゅう食べています。

 


 

いかがでしたでしょうか。普段の旅記事以上に筆が進み、あっという間に書き上げてしまった本記事。勢いよく書き上げられたということが、ぼくがこの納豆ご飯を心から愛している証明です。

雨のち晴れ。納豆ご飯を食べて今日も頑張りましょう。