三段跳のコツは?特にステップで潰れてしまう人は必読です。


三段跳と言えば、ホップ・ステップ・ジャンプの3つのジャンプで構成される陸上競技の一種目ですね。日本人がオリンピックで初めて金メダルを獲得した種目であり、初の獲得から3大会連続で日本が金を獲得したお家芸だったって知ってますか?

三段跳は他の種目以上に初級者と中級者以上の実力差が大きく現れる種目です。特にステップとジャンプをバランスよく跳ぶのが初級者にとって非常に難しいわけです。高いスピードを保ったまま、空中で自分から地面を捉えにいくという積極的な動きをするためには、長く地道な反復練習が必要となります。

 

1年前、初心者が走幅跳に取り組む際に最初に気をつけるべきことを書きました。三段跳でも助走部分は走幅跳と同じだと思って大丈夫です。もちろん、本来差はあるわけですが、それは基礎がきちんとできるようになりつつあることから考えれば良いです。

1年が経過したということもあり、ちょうど良いタイミングです。今回は、三段跳の初心者が最初に気をつけるべき「コツ」的なものについても書いてみようと思います。

初心者がホップで陥りやすい「ワナ」

三段跳を始めたばかりの人がやりがちなのが、ホップの踏切を走幅跳と同じ感覚で行ってしまうこと。つまり、走幅跳と同じ角度で飛び出してしまうということです。こうするとホップの高さが出て1歩目の距離は出るわけですが、高く飛びすぎてステップにつなげられません。

 

上級者の三段跳を考えてみれば良いと思いますが、できる人の多くは「ターン、ターン、ターン!」とバランスの良いリズムで跳躍しています。

他方、ホップを高く大きく跳ぼうとする初級者の場合、「ターーン、タターン」とステップがジャンプのための踏切準備のようになってしまいます。

これは、ホップで高く飛びすぎたがために、ステップで前に進むための踏切動作をとれないことが原因です。

 

では、どうやってホップを跳べば良いのでしょう?

ぼくは、「前に駆け抜ける」感覚が重要だと考えています。特に「上に」ではなく「前に」を強く意識することが重要です。前方に並行移動してあげるくらいのイメージで良いです。

どうにも力強くステップ・ジャンプができない人の原因

ぼくが大学生に指導やアドバイスを求められていた時期に感じた特に大きな問題点は3つです。1つは、自分から積極的なステップができていないこと、2つ目はつま先が落ちていること、最後の3つ目は接地で体をうまく乗せられていないこと、です。

 

・自分から積極的にステップに移行できない(ホップで体が浮いてから、自分の体が落ちてくるのを待っている)

自分からステップに移行できないというのは、何も初級者だけに限ったことではありません。高校生であれば、県大会入賞レベルでもできていないのがザラです。

これに関しては、流しの跳躍練習で意識しているくらいでは改善されません。基本でありながら高度な技術だと言えるかもしれません。

 

ぼくが自分自身で試し、あるいは指導してみて効果が高かったと思うのが、幅跳びの踏切でホップを跳んで、砂場の上でステップを踏む練習です。

だいたい8から10歩程度の助走で軽くホップし、砂場の上でステップするだけです。自分からうまくステップに移行できている人は、綺麗に体が前に抜けていきます。うまくできていない人は、砂に埋もれたり体が前に突っ込んだりします。

このステップの重要な部分だけを取り出した練習を繰り返すことにより、体がステップのイメージを覚えていきます。ちなみに練習するときには「軽く」の気持ちが大切です。全力でやろうと思うと疲れてしまいますし、十分にステップの意識ができなくなるからです。

 

・つま先が落ちている

もう一つの大きな問題である「つま先が落ちている」は陸上競技の基本中の基本と言われることでもなかなかできていない場合が多いことを意味しています。

走りでも跳躍でも、ほとんどすべての場面で足首はL字に固定しておく必要があります。知識としては知っていても、他の華やかな技術の習得を目指して練習しているうちにおろそかになってしまうこともあるようです。

 

友達などに見てもらえればすぐわかると思いますが、バウンディングをしてみてつま先が落ちているようでしたら、すぐに修正しましょう。つま先が落ちていると、ステップなどで脚が体の前に出て来にくくなり、結果として余裕を持ってステップに移行できなくなります。

また、体の後方にある脚が流れてしまい、ステップ・ジャンプの際にタイミングよく接地することができなくなります。ステップ・ジャンプでは接地に向かう脚と後方から振り込む脚が体の真下で交差し、頭から膝までが一直線になることが理想なわけですが、つま先が落ちて脚が流れてしまうと、この理想の体制が取れなくなってしまうのです。

 

このつま先問題ですが、ちゃんとできていれば、脚を前に差し出しやすくなり、余裕を持った跳躍を行いやすくなります。また、跳躍中に過度に脚が流れにくくなることでしょう。

これは、ホップからステップ、あるいはステップからジャンプにかけての移行動作を余裕を持って行いやすくなるということを意味していますから、結果としてステップ・ジャンプで潰れにくくなります。

つま先問題は、普段バウンディングの練習などで注意することで改善されていきます。根気強く取り組みましょう。

 

・接地で体がのっていない

先に書いた2つと密接に関係する話ですが、よく「体がのりこめていない」と言われるものです。一度分かってしまうとその感覚は当たり前のようにわかるのですが、初級者にとっては「そもそものってるってどういうこと??」と思うことも多いでしょう。

これを言葉で説明することは非常に難しいのですが、体重ないし力がまっすぐ真下に落ちている状態とイメージしてもらって良いと思います。くるぶし・腰・頭が地面と垂直に並んでいる状態と言っても良いでしょう。もしこれがずれていると、地面にしっかりと力を伝えることができません。

 

まっすぐに立ってみてください。少し体を前後に揺らしてみると、足の裏で体重がかかっている位置が変わりますよね。そうした時にくるぶしの真下に最も力がかかっている位置がのっている状態です。目をつぶって、体の各パーツの位置を確認してください。一直線に並んでいるでしょうか?

このくるぶしの真下というのが極めて重要です。三段跳の接地は「かかと」からと言われますが、意外とかかとの幅って広いですよね。このかかとの中でも特にくるぶしの真下あたりで接地するようなイメージを持ってください。

 

これを普段歩くときから意識しましょう。歩きでできるようになってきたら、軽いバウンディングでも。もちろんつま先が落ちないように気をつけてくださいね。繰り返しの練習で徐々に分かってくるはずです。

 


いかがでしたか。三段跳は他の種目よりも中級者になるのが難しい種目です。繰り返し練習することが必要不可欠です。でも逆に言えば、繰り返し練習することによって基礎的な技術を身につければ、ライバルに大きな差をつけることができます。

雨のち晴れ、きっと跳べるよ!

 

※ 初級者のうちは、ダブルアームアクションには挑戦しないほうが良いです。上半身の強靭な筋力と、バランス感覚、タイミングをとる必要など色々と難しいことが多いです。他にやることはいっぱいあるはずですから、ある程度跳べるようになってから挑戦するのが良いと思います。


フォトコン入選のコツは?初めての応募でもしっかり準備しよう


実は先日、大きなフォトコンテストで入賞しました(やったー!)。ぼくにとって初の大きなコンテストへの応募でしたし、しかも旅の写真での入賞だったので、喜びもひとしおです。

フォトコンテスト……いわゆるフォトコンって、なんとなく敷居が高くないですか?そして何をどうすればよいかわからない。もちろん、ただ出すだけなら簡単ですが、せっかくフォトコンに出すなら、入賞を目指したいですよね。

 

でもネットを探しても断片的にしかコツとかノウハウは載っていません。みんな自分で探し出した方法は隠しているということでしょうか??そんなわけで、自分なりにフォトコンで入賞するために準備すべきことをまとめてみました!

ぼくも経験・技術ともにまだまだなので、書くかどうか迷いましたが、始めたばかりの人の参考になれば嬉しく思います。

 フォトコンの情報ってどこで手に入る?

フォトコンの準備の前に、そもそもフォトコンの情報ってどこで手に入るでしょうか。ぼくがいつも見るのは、まとめサイトです。いろいろな検索ワードでまとめサイトを見つけ、定期的にチェックしてみましょう。

 

あとは基本的にカメラメーカー、プリンタメーカー、それにフォトペーパーのメーカーなんかは、各社でフォトコンテストを開催しています。毎年どの時期にやっているのかを確認しておきましょう。また、カメラ関係のお店に行くと、フォトコンの応募要項を置いてあることが多いです。

 

ちなみに、本当かどうかわかりませんが、ニコンのフォトコンテストであればニコンで撮った写真の方が有利だし、キャノンのフォトコンテストならキャノンのカメラで撮った方が有利だなんて言われています。それにフォトペーパーの会社のコンテストなら、開催している会社のペーパーを使った方が良いとも。もちろん、よい写真であることが大前提だとは思いますが。

 審査員と過去の入賞作品をチェック!

フォトコンへの応募を決めたら、まずは審査員と過去の入賞作品をチェックしてみましょう。受験と一緒で、傾向と対策を掴むことは大切だと思います。いくら頑張って撮影・応募しても、見当はずれの作品を応募したら入賞なんてできないですよね?

 

そんなわけで、まずは誰が審査員で、その人自身の作品はどんなものなのか見てみましょう。審査員の感性について大まかに掴むことができるはずです。ぼくは、審査員が海外写真を撮っているか、風景だけではなく人も撮影しているかといった点について確認しています。自分とあまりにも感性がかけ離れた人が審査員だと、なかなか高い評価を得るのは難しいと考えられます。

 

また、コンテストにおける過去の入賞作品もチェックしましょう。なんとなくそのフォトコンテストがどういった作品を評価しているのかつかめます。ここでもチェックポイントは審査員に関するものと同じです。ただし、開催年度によって審査員が変わり、入賞作品の傾向が変わっている場合もありますので、その点には注意が必要です。

もちろん、本当に素晴らしい作品は誰が見ても素晴らしいもの。審査員だって自分が好む作品ばかりを選ぶ訳ではないでしょう。審査員の傾向とは違うものでも、本当に自分が自信を持って出せる作品があるのなら、思い切って応募してみても良いと思います。

 レタッチで作品を磨いておこう!

作品応募にあたって、レタッチはしていますか?写真を始めた頃、ぼくはレタッチのやり方もよくわからなくて、とにかくシャープネスと彩度をあげていましたが、レタッチにもいろいろなやり方があります。自分の撮影した作品のイメージが際立つように調整しましょう。

ちなみに、そもそもレタッチをすべきか?というのがよく議論になりますよね。アートじゃないんだから、撮った時のままで良いじゃないか!というのがレタッチ否定派の考え方です。それに対し、レタッチしても良い派は、そもそもメーカーやフィルターによって色合いから何から変わるんだし、撮影後のレタッチも含めてイメージに近づけるのが写真だと応えるような気がします。

 

そんなわけで、いろいろな意見がありますが、少なくともぼくは、フォトコンに応募するならレタッチは必須だと考えます。だってフォトコンって他人の作品との比較ですからね。どちらが見てより美しいか、印象的か、素晴らしいかを競うのがフォトコンです。コンテストですから、競争な訳ですよ。

撮ってだしのものと、それを少しでもよくしようとしたものだったら、どちらが良く見えるかは自明ですよね!もちろん、やりすぎると実物からかけ離れてしまいますし、それを良くは思わない人も少なくはないということは覚えておきましょう。

 プリントはケチらず良い紙で!

最近はSNSやウェブ応募もたくさんありますが、プリントしたものを郵送するフォトコンテストもいまだ健在です。

そして、プリントしたものを郵送する方が工夫の余地があります。安いプリンターで印刷したり、格安業者に依頼してプリントしたものと、じっくり最高のプリンタで印刷したものでは違いが出て当然です。

 

また、紙についてもこだわるべきでしょう。ぼくはプリントを始めた頃、富士フィルムさんの最高級ペーパーを使っていました。その当時はそれですごく満足できましたが、最近はさらに紙にお金を使うようになりつつあります。

たとえばピクトリコさんなんかは様々な高級写真用紙を販売していて、ぼくはプロフォトペーパーという光沢紙やキャンバスフォトペーパーを使います。また、三菱製紙さんが出している月光のブルーラベルは半光沢紙で表面が上品な鈍い光が出るのでお気に入りです。

世の中には様々な紙がありますので、それぞれの紙の特性を覚え、自分の作品にどれがマッチするのかを考えることも大切ですね。

 

最近はインターネットでの応募とプリントでの応募のどちらでも可能っていうコンテストがありますよね。ああいうのってどうやって両者を比べてるんだろう?と思っていたんです。

フォトコンの授賞式で聞いた話ですが、どうやらネットのものをディスプレイで見て良さそうなものを印刷し、それをプリントされて送られてきた良さげなものと比較しているとのこと。もしそうだとしたら、どんな感じでどんな紙に印刷されているかわからないものよりも、自分でしっかりと作り込んで印刷したものの方が有利な気がせんか?ぼくは今後、できる限り自分で印刷して応募しようと思っています。

 単写真?それとも組写真??

コンテストによっては、1枚で一つの作品とする単写真と、複数枚を合わせることで一つの作品とする組写真のどちらで応募しても良い場合があります。

これに関しては、単写真だとダメ、組写真だと良いといったことはないと思っています。組むことで魅力が増す写真もたくさんありますし、1枚だからこそインパクトが最大限に伝わるものだってあるからです。

 

ただ、組で応募できるフォトコンテストの結果を見る限りでは、組写真の方が多く入賞しているように思えます。組写真で一つの世界観を構成できたときは、組んだ写真同士がお互いを引き立てるので、作品として他者に訴えやすくなります。ぼくが先日入選させてもらった作品も組写真でした。

 フォトコンまとめ。

フォトコンに出すときに何をするかは以上になります。

今回は、あくまでもフォトコンでの入賞を狙うために何をすべきか?という点に絞って書いてみました。写真の楽しみはフォトコンだけではないですし、あまりにこだわりすぎると疲れてしまいます。また、マネや迎合みたいになってしまうのも面白くありません。せっかく写真を撮るなら、自分の感性を大切にしたいのは当然のことです。

 

他方、フォトコンテストで入賞を目指すことによって、結果として自分の技術が上がったり、他人の作品を見て研究する場が増えたりするのも事実。「やればできる」けど自分の感性で撮るのと「やろうと思ってもできない」から感性だけを頼りにするのとでは、作品の深みも違ってくるのではないでしょうか?ぼくは積極的にフォトコンテストを活用し、自分の技能をあげていきたいと思います。

雨のち晴れ。明日もきっと晴れますように。

 

《フォトコン応募のためにすること!》

  • フォトコンを探す
  • 審査員と過去の入賞傾向を研究
  • レタッチで自分の作品を磨く
  • プリントはケチらず!良いプリンタと良い紙で

 

どうやったら良い写真がとれるかはこちらから↓

一眼レフ初心者に告ぐ。単に「きれいな写真」から抜け出すために必要なこと

 

上位入賞作品には共通点ってあるのでしょうか?↓
フォトコン上位入賞作品の特徴をまとめてみた

 

フォトコン挑戦のまとめはこちら↓

フォトコン入賞大作戦!コツを全部まとめてみた!!