アチェンガルゴンパ:祈りに人生を捧げる天空の街


チベット圏最大級の寺院の一つ、アチェンガルゴンパ。亜青寺と書き、地元の人は「ヤチン!」と言っています。このアチェンガルゴンパの訪問が今回の東チベット旅行の大きな目的の一つでした。カム地方に来たら、ラルンガルとアチェンガル、それにリタンなんかが定番ですね。

 

今回の旅ではラルンガルが立ち入り禁止になっていたので、このアチェンガルが最大の見所となりました。このアチェンガルはラルンガルに比べて知名度で劣ることもあり、今のところ外国人立ち入り禁止になっていませんが、今後いつそうなってしまうとも限りません。現に、常に公安は監視しているようでした。

行けるところには行けるうちに行っておくのが正解です。実際にラルンガルも5月までは入れたのですから……。

s_dsc_9125

 いざ、アチェンガルゴンパへ

ガンゼからは乗り合いバンで約3時間。ガンゼのデンゴンパ入り口付近から乗り合いバンが出ています。料金は45元。地元の人たちと同じ料金で乗れます。

ガンゼからアチェンガルゴンパまで行くのにかかる時間ですが、ガイドブックには4時間とか書いてあります。でも、きっと道が良くなったからでしょう、3時間で着きました。あっという間です。尼さんたちと一緒にアチェンまでぶっ飛ばしてもらいましょう。

アチェンまでの道中も絶景の連続。見晴らし台が何箇所もあることからもわかるように、単にぼくたち日本人だけでなく、中国人にとっても美しい景色ということでしょう。お金があれば1台チャーターして所々停まりながら写真を撮りたかったくらいです。

 

アチェンガルゴンパといえば、巨大な島に尼さんだけが集まってすんでいることで有名です。しかもその規模はチベット圏最大級。さらに、その島の対岸には男性だけが住む僧坊群が。男女比は1:3くらいということで、女性の方が圧倒的に多いお寺です。

また、以前は野犬が多いことでも有名だったようです。その数なんと2000匹。しかしぼくが訪れた2016年9月の時点ではほとんど駆除されているようで、たまに野犬を見かけるくらいという程度でした。アチェンガルゴンパ入り口の小屋みたいな場所にも「野犬駆除!」みたいな横断幕が掲げられていました。

 

乗り合いバンから降りると、すぐそばに大きなストゥーパとコルラする人々、そしてその横に亜青賓館というホテルが。一部屋1泊100元〜です。ちょっと高いくせに、WiFiもシャワーもありません……。英語も通じず、トイレはニーハオ式(ウエットティッシュとか持っていくと良いかも)。こればっかりは、自ら秘境ちっくなところを訪れている以上、仕方がないと言えますね。ただし、このホテルに併設されたレストランは安くて美味しかったです。特に野菜スープが疲れた体にしみました。

ちなみに、ぼくが訪れた時はこのホテルしかないと思っていたのですが、どうやらバンが到着するところからだいぶ離れた場所に2件ほど宿があるそうです。そちらはドミトリーもあるようでだいぶ安いとのこと。ご参考まで。

 

 島にひしめく僧坊群。これが宗教都市か!

アチェンガルゴンパといえば、何と言ってもその壮大で美しい風景。亜青賓館や巨大ストゥーパから巨大キラキラ仏像が立つ丘の上に登っていくと、島の全貌を拝むことができます。

いわゆる絶景はかなり多く見ているぼくですが、アチェンの景色は格別でした。単なる風景ではなくて、宗教性を帯びているというか、雰囲気が一種独特なんですね。これは時間をかけ辛い思いをしてまで来る意味があると思えました。また、この場所は夜になると夜景が素晴らしい場所でもあります。せっかく辛い思いをしてくるんですから、是非とも撮影して帰りたい風景です。

s_rdsc_9119

さて、そんな景色が素晴らしいアチェンガルゴンパですが、原則として島の中心部に男性は入れません。島の外周には男性もいますが、中心部は女性だけの空間なんです。

まあ絶対にダメというより、原則としてダメという感じなので、入ろうと思えば入れるようですが。ぼくはいまいちよくわからないままに島の真ん中に迷い込みましたが、「ここは男はダメよー」と言われ(チベット語だからたぶんとしか言えないけど)、そのあとは島の外周をうろついたりしていました。

そして、遠くから見ると素晴らしい風景なのですが、近づいてみるとバラックの集合であることがわかります。川はゴミで汚れていますし、正直美しいとは言い難いです。チベット僧と響く読経、すぐ近くに浮かぶ雲、散らばるゴミと工事現場、積み上がる土砂。なんともアンバランスで不思議な感じ。今の中国や世界を象徴しているようでした。

s_dsc_9109

島の周辺を散策したら、今度は男性僧坊群へ。こちらはもちろん男が入っていって問題ありません。坂のあちこちにお坊さんの家が立ち並び、上まで登っていくと20歳にならないくらいのお坊さんたちが洗濯をしている風景なんかが見られます。ラルンガルゴンパに行けない現在、こういった風景を見られるのはここアチェンガルゴンパくらいではないでしょうか。

 

 高山病に要注意!めちゃ辛いです。

実は、ぼくはこのアチェンガルで高山病にかかってしまいました。アチェンガルゴンパが位置する場所の標高は約3800m。このとき風邪をひいていてもともと体調が優れなかったことも原因でしょう、あっという間に頭痛と筋肉痛、それに顔の猛烈なむくみに襲われました。

本当は3日間滞在して精力的に回ろうと思っていたのですが、右目が潰れるくらいまでに腫れてきたので、やむなくガンゼに退散したほどです。

 

どうしてもくまなく見たいという思いと体の辛さの狭間で、100m歩いては座り込むということを繰り返しながらお坊さんとコミュニケーションをとったり写真を撮ったりしていました。

高山病にならないためには水を飲みまくることが重要と聞いていたので、相当頑張りましたが、それでもダメでした。最後は命の方が大切です。アチェンガルゴンパは本当に素晴らしい場所ですが、無理しすぎないように気をつけましょう。ぼくはガンゼに戻ったらすぐに顔のむくみもなくなり、普通の状態に戻りました。たった500mしか違わないのに、これだけ体に与える影響は違うものなんですね。

 

 実はある、とっておきのお土産

旅行者向けのものはお土産も何も無いと書きましたが、ここは巡礼地。巡礼者のためのものなら存在します。その一つがこのバッグ。確か15元だったと思います。お坊さんたちってみんな似たような格好をしていますよね。当然のようにみんな臙脂の僧衣をまとっています。

でもみんな同じなんてつまら無い、ファッションにだって興味があるのが人間の心情です。そしてこの心情についてはお坊さんだって同じ。そんなわけで、ぼくたちが観光地に行ってお土産にお守りを買うように、お坊さんたちも「俺は亜青寺に行ったんだ!」というグッズが欲しいんでしょう。そんなわけでおそらくお坊さんが買うためのバッグがこれ。

s_image1-3

まさにアチェンガルゴンパに行った人しか買えないオリジナルグッズ。乗り合いバンが到着する場所の近くにあるショップの一つで発見しました。アチェンのお土産に、是非。

 


 

現代に残された秘境ってすごく少なくなっています。パキスタンのフンザも秘境と呼ばれますが、こちらは外国人観光客向けのゲストハウスやホテルが立ち並んでいます。それに比べても、ここアチェンガルゴンパは本当に秘境と言えるでしょう。外国人向けのホテルは存在せず、お土産なんてものもありません。あくまでもチベット仏教とのための巡礼地なんです。

 

雨のち晴れ。いつかきっと晴れますように。

アチェンガル2017はこちら


敦煌の旅人の家。隋さんに連れられ真のシルクロードへ。


隋さんを知っているでしょうか。敦煌といえば莫高窟や鳴沙山……ではありません。敦煌といえば隋さんです。行ったことがある人なら異論はないはずです。

 

敦煌は中国北部の町。西安からウイグル自治区、果てはトルコまで続いていくシルクロードの町です。日本でも世界史で出てきますし、井上靖の小説でも有名です。

そんな敦煌の町を訪れる日本人の間で密かに有名なのが、この町で「旅人の家」というツアー会社とレストランを営む隋小礼さん。隋さんが有名なのは、単に怪しい日本語を操る飲んべえだからではありません。この人のオリジナルツアーが面白いんです。

隋さんのお店「旅人の家」
↑隋さんのお店「旅人の家」

 

 いざ隋さんのオリジナルツアーへ。



ゴビ砂漠ツアー、天の川ツアー、特別砂漠ツアー、夜の敦煌ツアー、農家見学ツアー、探索・発見ツアーがオリジナル。ちなみに、一般的な観光地に行くツアーもやっています。

一番のオススメは探索・発見ツアーだそう。これは1泊2日で山を越え、誰もいない秘境に連れて行ってくれるというもの。野生動物がたくさんいるし、まさに絶景だよ……というのが隋さんの弁。本当はこれに参加してみたかったのですが、時間がとれずに泣く泣く断念しました。

天の川ツアーは真っ暗闇の中で星を見に行こうというツアーで、まさに名前通りです。農家見学ツアーもしかり。特別砂漠ツアーはよくわかりませんが、ゴビ砂漠の方が面白いと言われたので、ぼくはゴビ砂漠ツアーへ。夜の敦煌ツアーは男のむふふなツアーですね。

 

ぼくが参加したゴビ砂漠ツアー、これは日帰りで4〜5時間程度でゴビ砂漠の中のシルクロードを観に行くツアーです。

ゴビ砂漠の途中で車を降り、遠くに見える山にずんずん入っていきます。ここでは隋さんとぼくの2人きり。ところどころに落ちている動物の糞や足跡を見つけては、「これはウサギだね」「ラクダも通ったみたいだよ、でもだいぶ古そうだな」なんて説明をしてくれます。人のいない奥地に入っていくので、まさに冒険気分が味わえます。

 

このツアーの中でも、山の中に点々と灯火台が残っているのをみたときが一番興奮しました。山と一口に言いましたが、実際には大地のようになっていて、山の上の部分平らな部分も多いです。昔シルクロードを歩いていた人は、この平らな部分を行き来していたそう。そして旅人が迷うことがないように、数十メートル感覚で灯火台が立ててあるんです。

また、そこかしこに陶器の破片も落ちています。「これは元の時代のものだね、それは明だね。」という具合にちゃんと解説してくれます。特段文字が書いているなどがない限り価値はないそうで、それらを集めて持って帰っても問題ないとのこと。宝探しみたいで楽しいです。

 

ぼくが訪れたのは3月。まだまだ寒い時期です。一面まさに砂と岩石の世界でした。これが春になって雨が降ると、草が生え、一面がキラキラと輝くそうです。季節を変えて何回も訪れる人もいるんだとか。なお、隋さんのお店は、日本で敦煌研究をしている研究者の方も御用達だそうです。

 

 町に帰ってもお付き合いしてくれます



ツアーから帰ってきてお仕事終了。でもぼくは図々しくも「夜光杯探すの手伝ってよ!」とお願いしてみました。するとあっさりOK。他の人から、買うならここでと聞いていたお店に連れて行ってくれ、良いものの見分け方を教えてくれました。

最近では夜光杯の偽物ばかりが格安で売っていますが、ぼくは本物のちゃんとしたやつが欲しかったんですね。小さなおちょこくらいのサイズで180元もしましたが、きちんとしたものを買えて大満足でした。

 

最後は隋さんの店でご飯まで一緒に。隋さんはビールを飲むだけでしたが、話をしながらの楽しい夕食になりました。冷たいビールももちろん美味しい。

 

ご飯ももちろん隋さんの店で。ビールもうまい。
↑ご飯ももちろん隋さんの店で。ビールもうまい。

 

そしてきになるお値段、これは2年ほど前で340元。日本円にしたら6000円程度でしょうか。決して安いとは言えませんが、隋さんが日本語でガイドしてくれ、タクシーなども半日チャーターしているなどの事情を考えれば、高いとも言えないと思います。何より、こんなツアーは他でなかなかありません。貴重な体験はプライスレスです。

最近は日中関係が微妙ということもあって、昔に比べれば日本人の観光客はかなり少なくなってしまったそうです。そんななかでも、きっと今日も隋さんは道端でみかける日本人に声をかけているのでしょう。

なかなか見かけない不思議な敦煌ツアー。今度は探索・発見ツアーに参加してみたいです。敦煌全体も、観光地化されていますがなかなか面白いです。是非。

シルクロードの象徴、敦煌。本当のシルクロードを見に行こう。

 

雨のち晴れ。いつかきっと晴れるよね。

 

※ ぼくが敦煌に行ったのは2014年です。少し古いサイトでは、隋さんの店の位置を飛天賓館に隣接と書いているようでしたが、少なくともぼくが行ったときは、沙州市場のなかに移転していました。「あー、引っ越したばっかりなんだよね」とのこと。