文化的景観と伝統的建造物群。選定と保存・活用についてザクッと学ぼう!


さて、重要伝統的建造物群保存地区(通称:伝建)と重要文化的景観の制度についてです。

伝建は宿場町や城下町などの「街並み」を文化財として選定するもので、文化的景観は「人々の生活や生業を理解する上で不可欠な景観地」です。

あまり聞きなれないかもしれませんが、この2つもれっきとした文化財です。ここからは、伝建と文化的景観が他の類型とどのように違うのか、そしてどのように保存と活用が図られているのかについてみていくこととします。j

他の文化財類型とは異なる2類型。

この2つの制度は、他の文化財と多少毛色が異なります。まず面的な文化財であること。

有形文化財や無形文化財は、「これ・この人を指定します!」と基本的に単体に対して行うものです。これに対し、伝建と重要文化的景観は、特定地域一帯の保護を目的に選定されるものです。「地域一帯が文化財です」と言われてもピンと来ないかもしれませんが、地域一帯ということがこの2つの類型にとって大きな特徴になります。

 

また、伝建と重要文化的景観以外の文化財については、地方からの推薦を受け付けず、あくまで国が調査を行い、全国的な見地から見て重要なものを一方的に指定する形を取っています。

これに対し、伝建と文化的景観は自治体の意思が重要になります。文化的景観であれば、都道府県や市町村の申出に基づいて国が選定することで「重要文化的景観」になります。伝建であれば、市町村が「伝統的建造物群保存地区」に関する条例を作って保存の方針などを定めた後、国に対して申出を行うことで「重要伝統的建造物群保存地区」に選定される道が開けます。

重要伝統的建造物群の保存と活用

まずはざっと重伝建地区になるためのプロセスについて説明させていただき、次いで重伝建地区の保存・活用がどのように図られているのかを説明する流れにします。

 

重要伝統的建造物群保存地区になるには?

まず、重伝建地区になるためにはどうすれば良いのか解説します。

他の文化財と同様に、まずは調査が必要です。文化財としての価値を見極める必要があるからです。そして地域をどのように保存していくのかなどを定める保存条例を自治体が制定することが必要です。制定した保存条例に従って、今度は保存の計画を定めます。何が中心的な建造物なのか(伝統的建造物)、整備をどうするのか等々、様々な観点から持続的に保存していくための計画を作るわけです。

こうして市町村で伝建地区を定め、さらに市町村が国に申し出を行って国として価値が高いと認められた場合に、やっと重伝建地区になります。この部分については、他の類型との違いで触れた通りです。

 

重伝建地区の保存と活用

伝建地域内には、特にその伝建のシンボルとなるような中心的な建物があります。これを伝統的建造物と言います。この伝統的建造物については、文化財建造物としての価値を維持するように、修理の際の補助が行われます。

また、伝統的建造物以外の新築や修理についても、周囲の伝統的建造物と調和するように工事をしなければなりません。景観を重視する文化財類型ですので、街並みを綺麗にしておく必要があるんですね。これを「修景」と言います。

 

また、文化財建造物全体でも同様のことが言える場合が多いのですが、古い建物の多くは木造です。そのため、火に弱いという弱点があります。特に伝建は木造建造物の集合体。もし火事や地震が起きれば、他の地域以上に甚大な被害が出る恐れがあります。

こうしたことから、伝建地区内では、防災施設の整備も行われます。例えば防火水槽や自動火災報知器の整備です。

さらに、伝統的建造物を資料の展示館にしたり、住民や観光客との交流スペースにするなど、管理施設の整備も行われています。

 

伝建地区はまちそのものが文化財ということで、住民の生活空間でもあります。こうしたことから、住民の理解と協力がなければ良好な状態を維持していくことはなかなか難しいです。建築関係者や観光関係者、住民などが協力しあっているからこそ続いている制度であると言えるでしょう。

なお、伝建地区では建物の内装を変えるなどして観光向けの施設も作りやすいです。重要文化財建造物に比べて自由度が高い制度ですね。

重要文化的景観の保存と活用

次は重要文化的景観です。これは文化財類型の中で最も新しく、平成16年の文化財保護法改正によって誕生しました。ですからまだその歴史は13年。この間、50以上が選定されています。

この文化的景観は、人間の営みと景観がセットになっている点で、他の類型とは大きく異なります。

 

重要文化的景観になるには?

重要文化的景観は、様々な景観地のうち日本国民の基盤的生活や生業の特色を示すもので典型的なもの又は独特なものが選定されます。棚田や里山などがわかりやすいですね。選定されたものの一例としては、四万十川の景観や姨捨の棚田などが挙げられます。

基本的には伝建と同様で、保存の計画策定や条例制定を経た上で文化的景観として決定され、市町村の国への申出により重要文化的景観としてふさわしいかどうかの審査が行われます。

 

重要文化的景観の保存と活用

文化的景観の現状を変更するような場合には、原則として国に届け出ることになっています。この点、重要文化財の許可制とは異なります。

重要文化的景観への選定を目指すにあたって、調査や保存計画の策定が必要となりますが、これらを行うにあたり国から経費が補助されることになります。

また、重要文化的景観に選定されると、国からの補助によって修理・修景を行ったり、案内板の作成などの整備を行うことが可能です。さらに、パンフレットの作成や普及啓発のためのワークショップを行う際にも補助がなされます。

なお、固定資産税の優遇など税制上の措置も講じられています。

 


 

伝建と文化的景観は、世間一般には文化財として知られていないように思います。

他方で、昨今のインバウンド加速などにより、観光資源としての活用にも適した類型であると言われているように思います。特に伝建については、日本昔ながらの建造物でショッピングを楽しんだり、宿泊やレストランとしての活用もやりやすいものです。

文化財の観光拠点としての整備の必要性について指摘されることも少なくありませんが、伝建と文化的景観はもともと面的な文化財ですので、いわゆる拠点的なイメージにも合致しやすいものと考えています。

 

雨のち晴れ、きっと明日は晴れるよね!

 


三段跳の助走距離と助走のスタートはどうやって決めれば良いの?


みなさん、三段跳の助走のスタートで悩んだことがありませんか?

跳躍競技をはじめてまもない人が悩むのが助走。助走距離しかり、助走のスタートしかりです。そんな悩みを解決するため、三段跳の助走についてまとめてみます(断りがない限り、走幅跳も同様だと思ってください)。

助走距離はどうやって決めれば良いの?

三段跳の助走距離ってどうやって決めれば良いんでしょうか?

はじめてまもない人を見ていると、「距離」ありきで決めているようです。学校の先輩と同じ距離にしてみるという場合も多いでしょう。でも、一流アスリートは皆「歩数」で決めているって知っていましたか?歩数を基準にその日の状態を見て微調整するんです。

 

なぜ歩数で決めるんでしょうか。それは、人によって最高疾走速度が異なるからに他なりません。

足が速い人は助走の距離を伸ばすことでより高いスピードでの踏切が可能になります。他方、足が遅い人が助走距離を伸ばしても、疲れるだけです。うまく助走した場合、踏切2歩くらい前に最高スピードに達するものですが、足が遅い人が無駄に助走を伸ばすと踏切からだいぶ前に最高スピードに到達してしまいます。

そもそも助走の目的に立ち返ると、より速いスピードでより適切な踏切を行うためにするものですよね?その目的を達成するために必要十分な助走距離を探すのがもっとも重要です。

 

「では具体的に自分は何歩にすれば良いの?」という疑問を解決しましょう。

大まかな目安として、100mを12秒きれない場合は、16歩で十分です。11秒後半で走れるなら、18歩を試しましょう。11秒前半もしくはそれより速いなら20歩を目安にするのが良いと思います。(走幅跳のトップ選手だと22歩を使ってもおかしくありません)

歩数で助走距離を決める場合、助走の最後2歩が間延びしていないかチェックしましょう。体感的に多少つまり気味と感じるくらいがちょうど良いです。間延びしてしまうとホップで大きく助走スピードを殺してしまうことになりますので、ご注意ください。

 

ちなみに、ぼくの場合は100mで11秒後半。助走にすると11秒中盤の選手と同じくらいの助走スピードでした。そのため、調子が良い時で20歩、悪い時だと16歩程度にしていました。あとは向かい風が強い日はいつもより2歩くらい体を起こすのを遅くするみたいな微調整もします。

助走のスタートはどうすれば良い?

助走には大きく2パターンあります。セットスタートとローリングスタートです。セットスタートの場合、静止した状態(セット)から「ヨーイドン」の形で走り出します。これに対し、ローリングスタートの場合は「補助走」と言われる数歩の歩行や小さなステップを入れてから走り出します。

ではどちらが良いのか?結論から言うと、どちらでも良いです。助走のスタートによって跳躍距離が変わるなんて事実があるなら、世界中の選手が同じスタートになります。自分でやりやすい方を取り入れましょう。

 

助走のスタートで大切なのは、セットにするかローリングにするかと言うよりも、以下のポイントになります。

 

【ポイント】

・リズムよくスタートできているか

・最初の6〜8歩を前傾させ、スピードに乗れるようにしているか

・毎回最初の6歩が同じ距離になっているか(ずれやすいため)

 

助走のスタートは、助走から跳躍に至るまでの一連の流れを作る場所です。助走のスタートがうまくいかないと、どうしても全体として無理やりな助走、無理やりな跳躍になってしまいます。

 

まず、助走スタートのリズムと力感ですが、8割から9割の力感で流しを行うくらいのイメージが良いと考えています。最初から100パーセントのイメージだと、どうしても後半に疲れが出てしまい、もっとも跳躍に影響する助走の最終局面で体をうまくコントロールできなくなってしまいます。

8割〜9割の力感でスタートして、踏切直前で100パーセントに近い力感になるようにしましょう(あくまで100パーセントに「近い」ことが大切。完全に全力になってしまうと踏み切れません。)。

 

助走の最初できちんと前傾していることも大切です。

前傾と言うと上半身だけ前に倒してしまう人がいますが、あくまで重心を前に押し出す・転がしてあげるイメージです。体の軸が曲がってしまっては元も子もないですからね。100m走でもスタートからしばらくは前傾を保ちますが、あれと同じです。最初の6〜8歩でしっかりと地面を押し、加速するように心がけましょう。

また、向かい風の試合では、体を早く起こせば早く起こすほど向かい風に煽られてしまうので、助走スピードをあげにくくなります。それに疲れます。

 

最後に、助走のスタート数歩の助走距離が一定になるように、何度も繰り返し練習しましょう。その日の調子とか気分によってだいぶズレが生じてしまう選手もいますので、要注意です。

大学生だと、助走の6歩目のところに目印を置いて、常に一定になっているかチェックをしながら試合に臨んでいる人も少なくありません。

 


今回は特に「助走のスタート局面」に着目して記事にしてみました。助走のスタートは、跳躍全体の流れに大きく影響する局面です。助走スタートがうまくなれば跳べるようになるわけではありませんが、スタートがダメだと全部ダメになってしまうのは確かです。

あまりこだわりすぎず、でもポイントだけは押さえた助走スタートができるようにしてくださいね。

雨のち晴れ、きっと跳べるよ!。

 

関連記事:三段跳のコツは?特にステップで潰れてしまう人は必読です。

↑初心者用と言いつつ、かなり詳しいです。上級者の方はぜひご一読を。